DNA鑑定とは

DNA鑑定とは、DNAの多型部位を検査することで、個人識別を行う鑑定である。DNA型鑑定Wikipediaを参考にしました。 (高校の理科)

DNAの多型部位

多型とは、同じ生物種の集団のうちに、DNAの塩基配列の異なる個体が存在する事、またはその異なるDNAの塩基配列の事をいう。

DNAの4つの塩基

ヒトのDNAには4つの塩基AGCTが、ゲノムあたり約30億塩基対並んでいる。

DNA鑑定は繰り返し回数を調べる

ヒトの30億塩基対のうち、同じ塩基配列が繰り返して存在する「縦列反復配列」と呼ばれる部分を検査し、その繰り返し回数が人によって異なる事を利用して個人識別を行う手法がDNA鑑定である。

DNA鑑定は完璧ではない

ヒトゲノムの全ての塩基配列を調べるわけではないので、4兆7000億分の1の確率でDNA型が他人と一致する事がある。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑DNA鑑定の一番上へ↑