草加市長・共産党 エアコン設置1億円のムダ

草加市長と共産党の公約に小中学校エアコン設置というのが、ありました。
草加市長ほっとコラムで市内の全小中学校の教室にエアコンを設置する事に触れていますが、年間1億円のリース代には触れていません。成果と税金のバランスを同時に報告する事が、市長の責務だと思います。

小・中学校へのエアコン設置は、2010年の市長選挙での公約でした。それから4年、市長選挙にグッドタイミングで間に合いました。

  1. 草加市議会が小中学校エアコン設置事業に関する平成25年度草加市一般会計補正予算(第3号)可決、25年12月17日。
  2. 小学校エアコン設置整備事業、NTTファイナンスが9億円、日立キャピタルが5億円で落札。平成25年12月18日
  1. 草加市議会で小中学校エアコン設置に関する25年度補正予算

    エアコン設置事業(小学校)平成25年度〜38年度限度額1,345,247千円
    エアコン設置事業(中学校)平成25年度〜38年度限度額 627,658千円
    合計20億円の予算が可決された。
    外部リンク草加市議会平成25年12月、25年度一般会計補正予算2頁目

  2. 草加市小・中学校エアコン設置整備事業落札

    小・中学校エアコン設置整備事業(電気式)新田小学校他18校。NTTファイナンスが9億円で落札。草加小学校外10校は、日立キャピタルが5億円で落札。合計14億円。年間1億円の税金が使われている。
    14億÷小中学校の学級数600÷14年間=16万円。
    16万円÷30人=5千円。夏の1,2か月に5千円の自己負担では高いかな。税金ならタダだけど。
    エアコンなので、暖房にも使えるが、暖房は既存のものがある。冷房専用の設備にすれば、税金を節約できたかもしれない。
    ↓図をクリックすると拡大した画像で見る事ができます。
    エアコン落札結果 外部リンク電気式エアコンの落札結果 外部リンクガス式エアコンの落札結果

エアコン設置事業を推進した団体

外部リンク草加市PTA連合会と市長との懇談会
外部リンク日本共産党草加市議団の公約はエアコン設置
原発推進派ならいざしらず。エアコン設置を推進して、夏場の電力ピークを増大させるのは、矛盾ではないか。脱原発には節電が必要だと思うが。
公明党草加市議団も、外部リンク草加市長への平成25年度予算要望書の教育費の項目で、エアコンの設置に言及している。公明党も原発推進派なのだろうか。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑エアコン設置事業のいちばん上へ↑