2013年9月の言葉


 み仏を よぶわが声は

   み仏の われをよびます み声なりけり      (甲斐和里子)


甲斐和里子さんは、1868年(慶応4年)広島県の勝願寺で、父・足利義山、母・早苗の五女と

して誕生されました。義山氏は明治時代、本願寺を代表する学者(勧学)さんでした。

このようなお念仏の薫る恵まれた環境で育った和里子さんは、生涯をお念仏を中心とした

生き方をされました。若き日の和里子さんに次のようなエピソートが伝えられています。

1893(明治26)年、同志社女子校に入学した時のことです。

 

 周囲の人たちの中に「浄土真宗のエライ学者さんの娘さんが、キリスト教の学校に入学するとは

・・・・」と心配された人がいたそうです。その時、父・義山氏は「もし娘がキリスト教に改宗して信者に

なったら、これまでのお念仏はニセモノであったであろう。しかし、私は和里子を信じている」と

語ったと伝えられています。この話は単なる親子関係ではなく、阿弥陀如来のみ教えに基づいてた

確固たる信頼関係が伺えます。

 

 和里子さんの95年のご生涯は女性の教育向上に捧げたご一生です。特筆すべきは今日の

京都女子学園を夫・駒蔵(虎山と名のる)氏と共にご苦労して創設されたことです。

 1924(大正13)年、貞明皇后が同学園を行啓訪問された折、学園の教育内容の説明を聞かれて。

「心の学園である」という言葉をいただきました。「心」とは通常の意味の心ではなく、仏様の

大きなお慈悲の心だったのです。学力優秀な生徒だけが阿弥陀如来のおメガネにかなうことでは

なく、また成績が不十分の生徒を見捨てることでもありません。すべての存在をそのまま認め、

平等に摂め取ってくれるあたたかい「阿弥陀如来のお慈悲の心」です。和里子さんが幼いときから

父・義山氏より育まれた浄土真宗のみ教えの根幹を教育現場で実践されたのです。

以来、今日まで同学園の教育のバックボーンが「心の学園」となっています。

 

 また、歌人としても多くの和歌を詠まれています。花鳥風月をテーマにしたものもあります。

しかし、真骨頂は阿弥陀如来のご本願を聞いたお念仏の喜びの和歌です。今月の言葉もまさに

その一首であります。最後に父娘ともどもお念仏のみ教えをよろこばれ、讃えられた歌をご紹介

いたします。

   

   阿弥陀仏たすけたまへる嬉しさを

           声にいたしてとなへこそすれ(義山)


   み仏の御名をどなふるわが声は

           わが声ながら尊かりけり(和里子)