世界遺産   スライドショー

クライストチャーチからバスにてマウントクック(331km)へ向かう
アオラキ/マウント・クック国立公園は約700km2の広さをもち、総面積の40%が氷河に覆われている。
中でもクック山の東側に位置するタスマン氷河は温帯地方で最大の氷河として有名。




ニュージーランドの最高峰のマウント・クック(3,754m)を擁するこの国立公園は南島にある国立公園の一つ。
最寄の町は65km離れたトワイゼル。公園内にあるアオラキ・マウント・クック村は、従業員やガイドなどが暮らすことを許可されている。この地域は1953年10月に保護地域として登録されていたエリアを合わせ、国立公園として正式に制定され、1996年には近隣の国立公園らと共にテ・ワヒポウナムの名称でユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。



セスナにてマウントクックのタスマン氷河に着陸→

マウント・クック・スキー・プレーンでは、世界で最も景観に優れた高山地帯で遊覧飛行を行っています。飛行機はアオラキ/マウント・クック空港、または、フランツ・ジョセフ空港を離陸し、ニュージーランド最高峰であるアオラキ/マウント・クック(3,750メートル)とタスマン氷河を含むサザンアルプス周辺を飛行します。
少々怖かったですが、最高の経験でした



↑セスナから見たニュージランド サザンアルプス
と氷河




朝日を浴びたマウントクック
その美しさは例えようが有りませんでした。→






←マウントクックで一泊するハーミテージホテル

此処では登山は勿論のこと、スキー、マウントクックを眺めながら気楽に出来るトレッキングコースも有りますし、夜は南十字星を眺めるコースも有ります。因みに氷河コースと南十字星コースは別途料金です。

全室からマウントクックを観る事が出来ます。





まるでTVの大型画面を観る様に、ベットに寝ながらマウントクックを観る事が出来、最高の幸せでした。→



『マウントクック・リリー』
マウントクックを始め南島の高地で見られる、キンポウゲ科の花です。花の直径は10c前後と大きくふわりとした感じの花です。
葉が蓮の葉に似ています。↓


アオラキ村の全貌