竹林整備(手入れ)の豆知識

       間伐で残す竹と切る竹
        間伐で残す竹 

 *根元に竹の子の皮があり、最下枝
   が2本で、節が白く竹稈につやが
   ある竹を残す
 
       間伐で切る竹

 *竹稈が茶褐色になり節が黒くつやが
   ない竹
   又最下枝が1本の竹を切る

    2  竹(孟宗竹林)の密集度

  竹の子栽培の孟宗竹林は10アール(10m×100m)当り200本程度とする
  明るく風通しの良い竹林にする
  「通常番傘をさして竹林内を自由に歩ける程度が目安と言われている」

    3  竹の間伐時期

  (1)整備された竹林 ・・・・・・・・・・・・・秋から冬(11月前後)
  (2)荒果てた竹林 ・・・・・・・・・・・・・・作業しやすい次期(いつでも良い)
  (3)間伐竹を竹炭材とする場合・・・・・秋から冬(11月前後)
     11月頃の竹は水分が少なく、かたく、材質がしまり竹炭材や竹細工
     用の竹として適している

    4  間伐した竹の処分
竹チッパ−でチップ化 散布前の竹チップ 土砂の流出防止 竹炭の材料

  (1)間伐で切った竹を「竹チッパ−」でチップ化し竹林に散布肥料化する
  (2)傾斜地では土砂流出防止のための土留め等に利用しても良い
  (3)竹炭、竹工芸品の材料として利用する

  (4)その他

    5  親竹を残す時期

   翌年以降の竹の子栽培の為に親竹を残す必要があります
   親竹は竹の子最盛期の少し前(1週間程度)に生えた先が黄色で開き
   気味の竹を1アール(10m×10m)当り5本程度残す

     6  竹林の肥料(施肥について)

  (1)良い竹の子を沢山収穫するには施肥が大切である
    肥料の量は1アール(10m×10m)当り10kg程度を2回に分けて施肥する
    肥料の成分例 (窒素5: りん酸2: カリ3: ケイ素4)
  (2)施肥の時期
     竹の子収穫が終わった6月頃と9、10月頃が適している

    7   竹林の除草と手入れ 

    竹の子収穫が終わると雑草や細い余分な竹の子が生えてきます
    通称「蹴飛ばし」という
    除草と同時に余分な竹の子を柔らかいうちに蹴り倒す
    京都方面ではこれを「ムシャクシャ刈り」と呼び10月頃まで定期的に
    行われるという