秋吉台、石灰鉱山とセメントの道の旅(2014.11.10〜11)
NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」に続いて、新年からは萩藩の吉田松陰など幕末の志士の
活躍をテーマにした「花も萌ゆ」がはじまります。

今回で10回目の旅は、初日は秋吉台から萩、角島をドライブ、火ノ山からの下関の夜景を満喫しました。
翌日は、地元観光協会主催の産業観光バスツアー、セメントの道「石灰石鉱山と宇部興産専用道路」
に参加。そして
産業観光エスコーターの藤重さんから、山口県の歴史を数々教えて頂きました。
幕末に山口から、松田松陰など多くの維新の志士を輩出した遠因として、
1600年の関ヶ原の戦いで毛利輝元が徳川家康から領土安堵の密約をホゴにされ、毛利藩
は中国・九州の120.5万石から36.9万石、周防、長門の2国に縮小されて長州藩になった。
お話を聞きながら、関ヶ原の戦いで敗れて藩主は八丈島に流流され、歴史までも抹殺された
備前岡山藩のことを考えていました。

 

11月10日

草ケ部 6:00出発→秋芳洞周辺10:00

 →11:20萩市 松陰神社、松下村塾、東光寺、木戸孝允旧宅、屋敷街

 →13:30〜15:00 角島(つのしま)大橋

 →15:00〜16:30 下関からの夜景(火の山公園)

 →19:00〜20:00 宿舎の秋吉台芸術村

 

11月11日

 秋吉台芸術村 芸術村見学

 →9:45〜10:15 美禰市役所駐車場

 →10:30より 観光バスにて宇部興産のセメントの道見学

    石灰岩鉱山4か所より28kmの専用道路を運搬専用の30mある

    ダブルストレーラーで運搬してセメント工場に運ぶ状態を見学

11:00〜11:50 秋吉台科学博物館→12:10〜13:00昼食(安富屋)

13:20〜14:10宇部興産伊佐セメント工場→14:15〜14:30専用道路→

14:35〜14:50楠こもれびの郷(休憩・買い物)→14:55〜15:15専用道路→

15:15〜15:35トレーラー整備場→15;45〜16:25UBE plaza→空港→新幹線口→

  美祢市役所(18:10)

 →18:10〜21:50 草ケ部到着


枯れ野の秋吉台


天候に恵まれて



鮮やかな赤い屋根瓦に黄色のガードレール
 

松蔭記念館・道の駅でで勤王の志士が迎えてくれる


毛利氏菩提寺の黄檗宗東光寺の山門


毛利氏廟所


秋空に映えるイチョウ


松下村塾


角島大橋@


角島大橋A


本州最西端の角島灯台


光る海、対岸は?


海岸の神社とハマナス


火ノ山公園かに観た関門大橋


展望台で記念撮影

火ノ山の回転展望台


関門大橋と門司の夜景


宿泊した秋吉台芸術村


芸術村のモニュメント


ツアーバスで再び秋吉台へ


秋吉台科学博物館の展望台


セメント工場の巨大なキルン


巾が1.2キロもある巨大な露天掘りの鉱山


鉱山専用の50tダンプ


巨大なダンプのタイヤ


ダブルストレーラーの女性運転手?


専用道路を走る巨大なダブルストレーラー


暮れゆく沖の山の石炭ヤード


勾配6%の宇部鉱山専用大橋


夕闇迫る宇部興産大橋

(お疲れ様でした)


戻る