リンク



  


左の展望ポイントを上から見るとこんな感じ。お土産やさんの車が見えますね。ちょっと遠いのですが、眺めがいいので、時間があったらぜひ足をのばしてみてください。クフ王のピラミッドから1.5〜2kmくらいだと思います。








今日はカイロのエジプト考古学博物館に行く予定です。朝の開館時間を調べた所、ちょっと時間があるので出発までピラミッドの周辺をブラブラしてみます。今日は馬車に乗って、ギザ台地の裏側まで行ってみましょうか。
                       
馬車から見たクフ王のピラミッド。結構朝早いのですが、入り口にはもう行列ができてますね。ピラミッド内部への入場が含まれているツアーのお客さんが団体で来た時に込み合うようです。一昨日は人が少なくて良かった!
                       
『ここが写真ポイントだ!降りて写真撮れよ!』と言われて、クフ王のピラミッドをバックに写真を撮ります。馬車ものおじさんもしっかり写ります。

            
ギザ台地の裏側、ピラミッド展望ポイントに着きました。ここからは3つのピラミッドが一望に見渡せます。朝早かったので、附近のおみやげ物やさんは、まだ出店準備中でした。で、下の写真がこのポイントから撮った物。
          
確かに良いポイントで、かつこの日は雲ひとつ無い快晴だったのですが、朝の時間は強烈な逆光。1km角くらいの巨大レフ板が欲しい所です。この日の午後は、この場所から良い写真が撮れた事でしょう。

ここからは、ピラミッドコンプレックスの入り口まで、またてくてく歩いて戻りました。


      


                     
てくてくしながら再度ピラミッドを眺めます。ここはカフラー王のピラミッド脇。この辺りって、地下にも何らかの構造物があるんですよね・・・。今では巨大なピラミッドとスフィンクスばかりが目に付くのですが、全ての構造物が残っていた頃のギザ台地ってかなりにぎやかな場所だったんでしょうね・・・

         エジプトに来たのは初めてですが、ピラミッドにはもう3回も通いました^_^;)


      

                     


      Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。

 
 Home
  -エジプト・トップ
  -ペルー・トップ


5日目 (ギザ)

馬車に乗る

個人旅行で
エジプトに行ってみよう!
 (旅の後半に進む

0日目
 ・チケットと宿

1日目
 ・福岡→シンガポール

2日目
 ・着陸できない!?
 ・マスカット?
 ・離陸できない!?
 ・やっと飛んだ!
 ・なんとかカイロ着
 *後日談

3日目
 ・ピラミッドへ!
 ・クフ王のピラミッド
 ・カフラー王のピラミッド
 ・メンカウラー王の
  ピラミッド

 ・ピラミッド周辺
 ・太陽の船
 ・雑記
 ・国内線チケット買う

4日目
 ・階段ピラミッド
 ・ガイド
 ・ペピ二世のピラミッド
 ・ウナス王のピラミッド
 ・テティ王のピラミッド
 ・マスタバ
 ・ラムセス2世像
 ・屈折ピラミッド
 ・赤のピラミッド
 ・黒のピラミッド
 ・カーペット買う
 ・再びギザ
 ・夕食
 *後日談

5日目
 ・ハイテクおにぎり
馬車に乗る
 ・カイロ考古学博物館
 ・ツタンカーメン王
 ・エジプト航空事務所
 ・買い物
 ・ジャガーのタクシー
 ・夕食

6日目
 ・リムジンに乗る
 ・崩れピラミッド
 ・崩れピラミッド内部
 ・17号マスタバ
 ・ハワラのピラミッド
 ・人骨散乱!
 ・ラビリンス?
 ・スペシャルな物
 ・砂漠の直線道路
   ・・・後半に続く!

 (旅の後半に進む