リンク



さらに、注意して地面を見ると、こういった布切れがちらほら目に付くのです。これはどうやらミイラを包んでいたリネンのようです。だからこれを引っ張ると、ミイラがずるずる出てくるのかもしれません。もっともかなり荒れているようなので、完全なミイラなんてのは少ないでしょうけど。
髪の毛の残った頭蓋骨と太ももの骨。これは一ヶ所にまとめられていたので、最近の人が、目立つ骨をここに集めたのでしょう。
腕や脚の骨が多かったのですが、これは頭蓋骨の一部。
大き目の骨がある度に拾って、これは腕のここの骨、これは脚のここの骨だよ〜んてな感じでガイド氏に逆に説明したら、ガイド氏に大ウケ。
いや〜、昔勉強した骨学が初めて役に立ったよ。

                     「これがラビリンスの跡地だ」と警察官ガイド氏。
                        
ハワラのピラミッドのすぐ近く。見た目、ただの砂漠。ただ、地面が妙に凹凸しているのが目に付きます。恥ずかしながら、この時私はハワラのラビリンスについて何も知りませんでした。


           
凸凹の砂の上を歩いて先ず目に付いたのが、大量の土器の破片。こういったカケラが辺り一面に散乱してます。こんなカケラでも、3800年も前の物かぁ・・・と思うと感慨深い物があります。何か妙に感動!こんな古い物が無造作に散らばっているという状況自体に感激!いや〜来て良かったなぁ〜♪ でっかいワニも発見!気分は考古学者である。いや〜来て良かった!

それでですよ、ブラブラ歩いてたら骨を発見!近くのオアシスからやって来てここで行き倒れた動物がいたんだなぁ・・・。でも・・・結構デカイ骨があるねぇ・・・。こんな砂漠に住む大型の動物って何だろう・・・?地面に骨が落ちてたら、動物の骨と思うじゃないですか、フツウは。しかぁ〜し!こりゃ、どう見ても人間の骨だろ!ってのが次々見つかる。警察官ガイド氏に「これってもしかして・・・?」と聞くと、「マミー!」。そう、ミイラなのですよ。この辺り、土器の破片と一緒に人骨が散乱してるのです!いや〜、う〜ん、この状況は何と言ったら良いのか・・・


 


 





      


う゛〜ん、何て言ったら良いんだろう。結果として、今回の旅で一番感激した場所が、何気なくやって来たこのハワラでした。エジプトにはこんな場所がたくさんあるんでしょうね・・・。


      

                     


      Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。


 
 Home
  -エジプト・トップ
  -ペルー・トップ


6日目 (ハワラ)

人 骨 散 乱 !

個人旅行で
エジプトに行ってみよう!
 (旅の後半に進む

0日目
 ・チケットと宿

1日目
 ・福岡→シンガポール

2日目
 ・着陸できない!?
 ・マスカット?
 ・離陸できない!?
 ・やっと飛んだ!
 ・なんとかカイロ着
 *後日談

3日目
 ・ピラミッドへ!
 ・クフ王のピラミッド
 ・カフラー王のピラミッド
 ・メンカウラー王の
  ピラミッド

 ・ピラミッド周辺
 ・太陽の船
 ・雑記
 ・国内線チケット買う

4日目
 ・階段ピラミッド
 ・ガイド
 ・ペピ二世のピラミッド
 ・ウナス王のピラミッド
 ・テティ王のピラミッド
 ・マスタバ
 ・ラムセス2世像
 ・屈折ピラミッド
 ・赤のピラミッド
 ・黒のピラミッド
 ・カーペット買う
 ・再びギザ
 ・夕食
 *後日談

5日目
 ・ハイテクおにぎり
 ・馬車に乗る
 ・カイロ考古学博物館
 ・ツタンカーメン王
 ・エジプト航空事務所
 ・買い物
 ・ジャガーのタクシー
 ・夕食

6日目
 ・リムジンに乗る
 ・崩れピラミッド
 ・崩れピラミッド内部
 ・17号マスタバ
 ・ハワラのピラミッド
人骨散乱!
 ・ラビリンス?
 ・スペシャルな物
 ・砂漠の直線道路
   ・・・後半に続く!

 (旅の後半に進む