ケニアでサファリに出てみよう!

            ― ハイラックス (ナイロビ国立公園) ―

 
       何やら4匹がわらわらと出てきたので、「写真撮るよ!」と声をかけたら・・・
                                ↓
 
             
ちゃんとポーズをとってくれました(←ウソです)。

ケープハイラックス(Cape hyrax, Procavia capensis)。これも日本ではなじみの無い動物かも知れません。正式和名ではイワダヌキなどと呼ばれていますが、日本のタヌキとは全く縁もゆかりも無い動物です。大昔にはネズミの仲間と思われていたこの動物、一生歯が伸び続けるという点ではネズミに似ていますが、驚くべきは足の蹄。この小さな動物が、ツメではなくゾウに良く似た蹄を持っているんです! その他、カバに似ている部分もあれば、サイに似ている部分もあり・・・要は良く分からんのです。

分類学的には、ゾウに最も近いとされる動物ですが、それは、「クジラとウシは近縁」と言うのと同じようなレベルの話です。ともかく、極めて古い時代から独自の進化をしてきた動物には間違いありません。誰か遺伝子をもっと詳しく調べてくれ!と言いたくなる今日この頃。単に可愛いだけじゃなくて、分類学的には極めて興味深い動物なのですよ。

ちなみにこのハイラックス、英名hyraxだと思うんだけど、南アフリカ共和国のサファリではガイド氏に、「あっ!hyrax!」と叫んだら、ガイド氏「何だそれ?」。どうやら南アではhyraxが通じない。彼らはダシー(dassie)と呼んでました。

あっ、日本語の発音は同じだけど、これはHyraxで、トヨタのはHiluxだからぜんぜん別物ね。

     



               
     Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。

リンク





ナイロビ
国立公園
ナイロビの街
ライオン
ハーテビースト
シマウマ
インパラ
キリン
ハイラックス
イボイノシシ
シロサイ
ジャッカル


ナクル湖
国立公園
大地溝帯
フラミンゴ
シマウマ
インパラ
バッファロー
キリン
イボイノシシ
シロサイ


今回の○○
今回の非常口
今回の時計
 (





ケニアトップ ペルートップ エジプトトップ