ケニアでサファリに出てみよう!

             ― バッファロー (ナクル湖国立公園) ―

 
        アフリカバッファロー(African Buffalo、Syncerus caffer)、大きなオスは迫力があります。

バッファロー、要するに野生のウシなんですが、紛らわしい言葉なのでちょっと整理しておきましょう。今回見たのは、アフリカバッファローといってアフリカに住む野生のウシ。アジアにはウォーターバッファローという種がいます、これはいわゆる水牛。そしてアメリカにいるのがアメリカバッファロー、これはバイソンと呼ばれることも多いですね。これらは全て別の種になります。以上、豆知識。

かつてアフリカで盛んに狩猟が行われていた時代、俗に“ビッグ5”と言われる5種の動物がいました。つまりこれらの動物を撃ち殺せば、ハンターとしてかなり自慢できるって事ですね。で、その5種とは、ライオン・アフリカゾウ・ヒョウ・サイ、そしてこのバッファローなんです。ちょっと意外じゃないですか?その他の4種は肉食だったり、巨大だったりするわけですが、バッファローはしょせん牛です。

でもね、アフリカバッファローってかなり気性が荒いんです。半矢になったバッファローは、ハンターに向かって反撃してくるとか、仲間を殺されたバッファローがハンターを待ち伏せして襲うとか・・・そんな逸話が残っています。まぁ、これらは話半分としても、身の危険を感じた際には、容易に人をも襲うという点では、ライオンよりも獰猛といえるかもしれません。

今回のサファリでは、このバッファロー、それからライオン、シロサイをシュートする事ができました。いつかまたケニアを訪れて、残りのゾウとヒョウもシュートしてみたいですね。

     



               
     Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。

リンク





ナイロビ
国立公園
ナイロビの街
ライオン
ハーテビースト
シマウマ
インパラ
キリン
ハイラックス
イボイノシシ
シロサイ
ジャッカル


ナクル湖
国立公園
大地溝帯
フラミンゴ
シマウマ
インパラ
バッファロー
キリン
イボイノシシ
シロサイ


今回の○○
今回の非常口
今回の時計

 (





ケニアトップ ペルートップ エジプトトップ