ケニアでサファリに出てみよう!

              ― シロサイ (ナクル湖国立公園) ―

 
シロサイ(White rhinoceros, Ceratotherium simum )。デカいです。初めて見た人は、その大きさにビックリします。大型のオスは体重が3トン前後になりますから、陸上でシロサイより大きな動物はゾウしかいません。

 
シロサイ(White rhinoceros, Ceratotherium simum )。手前にサル、背後にフラミンゴ。いかにも野生の王国。

ところでシロサイとクロサイって、体の色を表していると思っている人はいませんか? 実は違うんです。
シロサイは牛のように、地面に生えている草を食べるから、口が幅広で平べったいんです。だから、アフリカーンス語で、“幅広のサイ”と呼ばれていました。この“幅広の”はアフリカーンス語では『widje』だったので、英語には『wide』(幅の広い)と訳すべきだったのですが、『white』(白い)と誤訳してしまったらしいのです。以来、『シロサイ』になってしまいました。・・・って言うのが通説なんですが、これに関する文献って誰か知りません?英語で初めて『white rhinoceros』って言葉が出てくるのはいつ頃なんだろう?

現地語の誤訳から、名前を付けられてしまったシロサイですが、クロサイの方は、「一方が『シロサイ』だからもう1種類は『クロサイ』にしよう!」ってノリで『クロサイ』にされてしまった・・・って言うのがこれまた通説なんですが、これってホント???


     



               
     Copyright(C) 掲載されている写真・音声・動画及び記事に関しては無断転載を禁じます。

リンク







ナイロビ
国立公園
ナイロビの街
ライオン
ハーテビースト
シマウマ
インパラ
キリン
ハイラックス
イボイノシシ
シロサイ
ジャッカル


ナクル湖
国立公園
大地溝帯
フラミンゴ
シマウマ
インパラ
バッファロー
キリン
イボイノシシ
シロサイ


今回の○○
今回の非常口
今回の時計

 (






ケニアトップ ペルートップ エジプトトップ