ときたまご通信ホーム

Welcome!
あなたは2011年1月27日以降

番目の来訪者です。




主な天文現象や、星を見せるボランティア
活動などの予定を載せていきます。
天候などの理由で中止の場合もありますので、ご了承ください。
掲載した天文現象の解説を載せました。
リンクを開いてみてください。
(2018.5.5. 更新)

ー5月ー

5.5. 月と土星が近づいて見える
5.6. 月と火星が近づいて見える
5.6. みずがめ座η流星群が
     多く見える(極大)

5.8.  半月(下弦の月)

5.9. 木星が真夜中に南中
(衝、-2.5等、大きさ44.8秒)

5.12. 19:00-20:30
向日市天文館5月度定例観望会

5.15.  新月

5.18. 月と金星が近づいて見える
5.18. 月が最も地球に近づいて見える
(大きさ32.8分)

5.22. 半月(上弦の月)

5.22. 17時 月面に”X"の字が見える

5.26. 19:00-20:30
向日市天文館朝堂院観望会

5.28. 月と木星が近づいて見える

5.29. 満月

5.31. 月と土星が近づいて見える

5.30. 向日市天文館6月度定例観望会
   申し込み締め切り

ー6月ー

6.1. この頃ハヤブサ2が小惑星
    りゅうぐうに到着予定

6.3. 月が最も地球に離れて見える
(大きさ29.5分)

6.3. 月と火星が近づいて見える

6.7.  半月(下弦の月)

6.9. 19:00-20:30
向日市天文館6月度定例観望会

6.14.  新月

6.16.  夕方の西空に細い月と
金星が近づいて見える

6.20.  真夜中の南空の土星の近くで
小惑星ベスタが5.3等星と
双眼教で見やすい

6.20.  半月(上弦の月)

6.21.  夏至(昼の時間が最も長い)

6.24. 月が木星に近づいて見える
6.27.  土星が真夜中に南中

6.28.  満月

6.28.  火星が巡行から逆行に移る(留)

ー7月ー

7.1.  月が火星に近づいて見える
7.3.  海王星が月を目印に見つけ易い

7.4.  向日市天文館7月度定例観望会
   申し込み締め切り

7.6.   半月(下弦の月)

7.7.   七夕

7.10.  金星としし座アルファ星
    レグルスが近づいて見える

7.6.   半月(下弦の月)

7.12.  水星が夕方の西空に最も
    高く見える

7.13.   新月

7.13.  ペルセウス座ベータ星
    アルゴルが暗く見える

7.14. 19:00-20:30
向日市天文館7月度定例観望会
7.16.  月が金星に近づいて見える

7.20.  半月(上弦の月)

7.20. 16時 月面に”X"の字が見える
7.21.  月が木星に近づいて見える
7.25.  月が土星に近づいて見える
7.27.  月が最も地球に離れて見える
(大きさ29.4分)

7.28.  満月

7.28.  皆既月食
(欠けながら沈む:皆既は見られない)

7.28.  火星が真夜中に南中(衝)
7.30.  みずがめ座デルタ流星群・
やぎ座アルファ流星群
が多く見られる

7.31.  海王星が月を目印に見つけ易い
7.31.  火星大接近
(大きさ24.3秒)


天文現象情報はアストロアーツの
「星空年鑑」雑誌「星ナビ」等からの
引用です。
観望会案内で、リンクがあるものは、
各ページのトップへリンクしています。
詳しい案内については、
それぞれのページのリンクを辿ってください。


ngc7000 「アルデバラン食・出現」
データ:カメラ:ソニーα65
レンズ:ビクセンR130S反射望遠鏡(f:720mm)
動画からの抽出




今日の月の形

CURRENT MOON



ニュース・ヘッドライン

ニュースの詳細はこちらから

2018.1.19.
「星の活動」コーナーで、1月13日の向日市天文館での
星空観察会の様子を書きました。

2018.1.10.
「イベント・活動」の天文現象に解説をつけました。

2017.1.11.
「天体写真」の「メシエ天体・NGC天体」に
M8とM42を追加しました。

2014.7.30.
「天体写真」の「メシエ天体・NGC天体」に
M13を追加しました。

中間は削除しました。

PICT0049.JPG2011.01.27.
当ホームページを開設しました。