秋田市 千秋公園の散策・野の花

秋田駅から徒歩で約7分の秋田市千秋公園は、私がよく散歩するところです。
春は桜、初夏はツツジ、秋は紅葉と楽しめますが、特に、桜の春が一番で、公園内をよく観察すると、雑草でもいろいろな野の花も楽しめます。

千秋公園の野の花 春

タンポポ

たんぽぽ 在来種その1 たんぽぽ 在来種その2 たんぽぽ 在来種その3 外来種(西洋たんぽぽ)
たんぽぽ 在来種その1 たんぽぽ 在来種その2 たんぽぽ 在来種その3 外来種(西洋たんぽぽ)


「たんぽぽ」は、春の野ではよく目立ちますね、今ではほとんどが外来種「西洋タンポポ」といわれていて、在来種の「日本タンポポ」は、もう自生していないのではと 思っていました。

ところが、千秋公園のたんぽぽを観察していたら、在来種らしいのを見つけました。 花を抱える部分(総苞片)が反り返っていないのが、在来種だときいていたので、在来種なのか雑種なのか正確にはわかりませんが 西洋タンポポよりは、自生している場所に違いがあるようです。
西洋タンポポは明るい場所のどこにも生えていますが、千秋公園の「在来種」は、少し日当たりの弱いところにひっそりと自生していたのです。

タンポポは、子供のころよく、種子を口で吹き飛ばしたり、花の茎を口にくわえて「笛」のように吹いて鳴らして遊んだものです。にがいので、健胃にもなるとか。
根茎を掘り出し、キンピラにして食べてみましたが、おいしかった記憶がございます。 なんといっても、タンポポは、春の野の花として、明るく・健康的でなじみのある花だと思います。特に、緑をバックにした黄色、昔北海道に住んでいたとき、 牧場等の緑の背景に黄色はみごとでした。

余談になるが、ある日、いつものようにNHKのラジオ深夜放送を聴いていたところ、「歌声喫茶」特集があり、「たんぽほ」という曲が流れてきました。 「雪の下の故郷の夜……」すっかり気に入り、今も口ずさんでいます。

スミレその1 スミレその2 スミレその3 キランソウ
スミレその1 スミレその2 スミレその3 キランソウ


「キランソウ」は、別名「ジゴクノカマノフタ」ともいうそうですが、せいが低く地べたにはうようにして咲いている、可愛い花です。 どうしてこんな名前がついたのでしょうか。


キバナノアマナ オオバキスミレ エンゴサク ムラサキケマン(毒)
キバナノアマナ オオバキスミレ エンゴサク ムラサキケマン(毒)



ムラサキサギゴケ マイヅルソウ ホウチャクソウ(毒) カキドオシ
ムラサキサギゴケ マイヅルソウ ホウチャクソウ(毒) カキドオシ



雑草のように

青春時代、ある月刊誌の愛読者だったころ、「踏まれても踏まれても、雑草のごとく生きよう」というような文章があり、 シニアになった現在でも、心の根底に残っていたので、誰が書いたものだったのかと、調べてみたところ、それらしき詩が みつかりました。

「踏まれても 根強く生きよ 道芝の やがて花咲く 春もくるらん」たしかこのような詩だったと思うのですが、 八木重吉という大正時代の詩人の作品のようです。


当ホームページの管理者の連絡先


関連ページへ戻ります