《荻崎正広の著書》

夢幻の野へ 『夢幻の野へ』・・・(鳥影社)(1983年刊)(小説三編 「秋の声」(1978)、「樹の囚人」(きのしゅうじん)(1969)、 「夢幻の野へ」(1982)
松田修解説)(定価 \1200)






彼方の海辺へ 『彼方の海辺へ』・・・(鳥影社)(1991年刊)(小説三編 「彼方の海辺へ」(1990)、「青竹の修羅」(あおたけのしゅら) (1989)
「秋萩図」(1986))(定価 \1400)






吹き荒ぶ生身の森へ 『吹き荒ぶ生身の森へ』(ふきすさぶなまみのもりへ)・・・(文芸社)(2000年刊)(戯曲二編 「吹き荒ぶ生身の森へ」(1992)
「呼び戻された裸たち」(1998))(定価 \1200)





購入を希望される方は、電話、メールなどにてご連絡ください。
なお、当館内では、それぞれ割引した価格で販売しています。

(著書の更新 2010.6.30)

最初のページに戻る