金華山は、牡鹿半島の東南約1km先の海に浮かぶ周囲26km、標高445mの島です。
1979年に南三陸国定公園に指定され、今なお広葉樹と針葉樹原生林豊かな森が広がっています。
島は花崗岩で形成されており、巨石が散見されるとともに、海岸は千畳敷海岸や千人沢など壮大な景観に恵まれています。
 
     

 

金華山の代表的な動物は、ニホンザルとニホンジカです。ニホンザルは、現在、6つの群れが確認されており、およそ250頭が生息しています。金華山では、鹿は神聖な動物です。黄金山神社では、のんびりと草を食べる神の使い(ニホンジカ)の姿をみることができます。


トップページ金華山の自然漁村の生活宿のご案内牡鹿半島の伝説ブログアクセスリンクお問い合わせ


牡鹿半島癒しの旅委員会(石巻観光協会 牡鹿事務所内)
〒986-2523 宮城県石巻市鮎川浜南48-1 TEL:0225-45-3456 FAX:0225-45-3456