ポルトの歴史地区
Historic Centre of Oporto

ポルトガル共和国
分類 文化遺産
認定基準 C
登録年 1996


サン・ベント駅 駅構内一面のアズレージョ ジョルジェ・コラコ作の
アズレージョは見事
ドウロ川とドン・ルイス一世橋
エッフェルの弟子によって1886年
に造られた2階建ての橋
ドウロ川に面した
カイス・ダ・リベイラには
レストランが立ち並ぶ
サン・フランシスコ教会
教会内部はターリャ・ドウラーダ
(金泥細工)と呼ばれるバロック装飾
天井、壁、柱のすべてにつる草、
鳥、天使などの彫刻が施され、
さらに金箔が貼られている。
「ジェッセの樹」と呼ばれる
キリストの系図
エンリケ航海王子の像 カテドラル カテドラルの前に立つ
ペロリーニョ(罪人をぶらさげた)
カテドラル内部 美しい装飾 17世紀に造られた
銀細工の祭壇
カテドラルの回廊 回廊の中庭 回廊の壁には18世紀の
アズレージョが一面に描かれる
アズレージョの絵は非常に美しい 回廊の2階部分も一面の
アズレージョ
カテドラルに続く宝物殿
ポルトガルらしい人形の顔 聖母マリアの顔も
ポルトガルらしい
衣装や本など展示
クレリゴス教会
18世紀に建てられたバロック様式
76mある塔はポルトガル一の高さ
クレリゴス教会内部 市庁舎