TOP

menu


>>指板の巻!<<


2008.8.15

今日は、暑かった、、、、車の温度計は、確かに40℃を表示していたのだが、、、

公式発表では、甲府36℃、、、ホントか?

え〜。指板の製作なんですが、いつも厚さの調整に苦戦していました。そこで!治具を作ろうと思います。トリマーで厚さを調整していたのですが、途中までトリマーで削って、そこからカンナ掛けということをしていたのですが、どうもうまく行かない、、、。ということで。これは、トリマーのベースを作っていることころです。
この幅広のベースをトリマーに取り付けます。
そうすると、指板の全面をトリマーで削ることが出来るようになります。
6mm厚に指板を調整した後、外形を切り出します。

その後、指板にアールを付けます。こればかりはひたすら削るしか有りません、、、、

12Rのサンディングブロックでひたすらに削ります。400往復くらいで、やっとアールが付きました、、、、

こ!!腰が、、、、この後1時間ほど横になっている始末でした、、、

さて、フレット溝を切っていきます。愛用の7寸目のノコギリの刃が欠けてしまいました、、、、替え刃を買ってきました。7寸目は、切り幅が、0.56mmになります。今のところ、この刃幅が良いようです。
サンディングブロックをガイドにしてフレット溝を切っていきます。最近のお気に入りです、、、。
ポジションマークの穴を空けます。6mmのビットで2.5mm深さにします。
タイトボンドを入れて、ポジションマークを入れます。
今回は、指板にもバインディングを付けます。まず、エンド部から。
エンド部を、指板幅に調整した後、横のバインディングを接着します。
バインディングの合わせ面は、45°ではなく、直角で合わせました。

あ〜!また、こんな物を作ってしまった!

これは、なにかといえば、、、、

フレットのベンディング治具なのです、、、、。

フレットの端を、このように、固定して、、、、
ぐるぐると、回転させてフレットワイヤーを巻き込んでいきます。
円盤2枚の間には1mmほどのスペーサが入っていますので、フレットのタングが挟まるようになっています。

そうすると、こんな具合にフレットにアールが付くという、、、

あ〜、、、、またこんな物を作ってしまった、、、。


Menu

TOP