SG45の修理!の巻。その6

SG45の修理

2012.2.5

いや、寒いですね〜。甲府も−9℃を記録しました。今までに無い寒さです。とはいえ立春も過ぎましたので、ちょっとは暖かくなって来るかな〜。

さて、前回インレイの接着まででしたが、ようやくエポキシが硬化したので、サンンドペーパーで擦りインレイを仕上げます。”i”のところがうまく行きませんでした、、、。

う〜ん、ところどころ空気が入って穴があいてますね、、、。

瞬間接着剤を垂らして穴を塞ぎます。

サイド部分のバインディングの段差を取って仕上げます。

すべてバラしてしまいました。

さて取り外したブリッジとテールピースを置いてみます。ついでにピックアップもね。このピックアップは、このギターにもともと付いていた物で、フロントがディマジオ、リアがヤマハです。

かなり、サビついてます、、、。

T君がパーツを持って来たので、どのパーツを付けるか話し合いました。

ピックアップは、フロントはもともと付いていたディマジオ。リアもフロントに合わせて、ディマジオにすることにしました。

     < Back   Guitar  Next>           

これは、部品取り用のギターです。Ibanez GIOなのですが、これのブリッジとテールピースを頂きます。

     < Back   Guitar Next>           

ポットはCTSのAとBを使います。コンデンサはオレンジドロップ。セレクターSWとジャックプレートはもともと付いていたものです。

ペグはGROVER。これも、もともとこのギターに付いていたものです。

ブリッジとテールピースは、先ほどのIbanezから取り外したもの。

では、ブリッジの取り付けを行います。

まず、スケールを確認します。12フレットのところが315mmですので、スケールは630mmということになりますね。

630mmのところに線を卦がいておきます。

6弦側は1mm外側へ、1弦側は1mmネックよりにしました。

この位置に穴を空けます。ボール盤でギリギリ届きました。もっとフトコロの深いボール盤が欲しいところですねぇ。

穴を空け、ブッシュを入れます。写真のように木片を当ててトンカチで打ち込みました。

、、、で、ブリッジ載せて弦高の状態を見ると、、、ちょっと高いですね。これでもブリッジは、一番下の位置になってます。

う〜ん、このブッシュのつばが厚すぎるのかなぁ、、、。

GOTOのブリッジと比べてみました。ブリッジ自体も高く作ってあるようです。、、、これは、GOTOのブリッジに変更しますか、、、。

テールピース用の穴を空けています。こちらは、さすがにボール盤では届きませんでしたので直角JIGを使い、ハンドドリルで空けましょう。

ピッチも問題なく、無事にテールピースが取り付きました。

いちおう、センターは出したつもりですが、ちょっと不安なので実際に弦を張ってみましょうかね。

ナットに弦溝を付けて弦を張ってみます。

ブリッジ位置も問題有りませんでした、、、。左右の位置は問題なかったのですが、、、。

弦高が高いですね。ブリッジを変えてもこれ以上下がりません。あっ!もちろんトラスロッドも調整してます。ブッシュもGOTOのに変えてみようかな、、、。今のブッシュのつばの厚さは2.5mmですが、GOTOのだと1.3mmになるので1.2mmくらいは下がるかと、、、。

もうひとつ問題が、、、。ポットなんですが、もともとの物はプレートに直付けになっていてロングシャフトを使ってました。ポット部分の厚さは12mmあるので、ここを座繰らないとポットを付ける事が出来ません。

座繰りを入れると言ってもここは33mmn深さが有ります。ポット取り付け部の厚さを5mm程度にするには、後7〜8mm座繰るとしてもトリマーのビットが届きません。自作の長いルーターベースを付けてみましたが、ベースが厚く、下までビットが届きません。仕方がないのでノーマルのベースで穴の縁を沿わせながら、一番長いビットを出来るだけ伸ばしたところでクランプし、やっとこさ座繰ることが出来ました。

そんなわけで、真ん中は削る事が出来ませんでした。まあ、ポットさえ付けられれば良いので、、、ね。

ここにも、問題が、、、。

裏面に取り付く、なが〜いプレートですが、これを嵌めてみたところ、、、。


なにがどうなったのか、、、。プレートが縮んでしまったとしか思えないのですが、こんなに隙間が出来てしまいます。


これはもう作り直すしか無いですね。穴の寸法を写し取って、、、。


型紙を作りました。これに合わせてアクリル板を切り出そうと思います。


、んで、もう一つ、、。

ナットの溝をしくじりました。

5弦と6弦の間が広く、5弦と4弦の間が狭くなってしまいました。ああ、、こりゃ作り直しだ、、、。


気を取り直して、ナットを再製作します。

ナットの幅を調整して、下に密着させる。



今度は、この状態で溝を切りました。



形を整えて、、、今度は良さそうですね。