7、とりあえず完成!?の巻

Les Paul Special s/c with Bigsbyの巻

2013.1.3

いやあ、ついに年を越してしまいました。去年中に完成出来ると思ってたんですが、、、。

ペグとトラスロッドカバーの取り付け。

ビグスビーも、、、。

ハードウェアは全部取り付けましたので、弦を張ります。

ナットはすでに調整済みですので、ブリッジの高さを調整して弦高を決めます。

オクターブ調整をします。ローラーブリッジは1弦〜3弦と4弦〜6弦のコマが逆になっていて調整しきれなかったので、全部同じ向きに付け直しました。オクターブ調整すると響きが良くなってなかなかいい感じです。

     < Welcome   Back Guitar   Next>           

ピックガードの取り付け。

さて、それでは弾いて調整をしてみましょうか。

塗装が乾燥しましたので、水研ぎをします。#800で全体をつや消しにしていきます。ところが、かなり導管が出ていてました。う〜ん、、、と、うなりながらも完成を目指します。

ネックの握りも今回はC型ではなく、三角形に近い形なので、左手の親指も疲れません。

そして、この12フレットのサイド・ポジションマークが、ミスってました。いやあ気がつかなかった、、、。

#800の後は、#1200のスポンジで傷をとってコンパウンドで仕上げてみます。

配線も組み込みまして、、、。

ビグスビーは、ボールエンドを引っ掛けているだけなので、油断するとすぐに外れてしまいます。常に弦を引っ張りながら張らなければならないのが、ちょっと難点。

、、、というわけで、いちおう完成はしたわけですが、塗装を剥がして塗り直しをすることにしました。続く、、、。

     < Welcome   Back Guitar   Next>           

Les Paul Special s/c with Bigsbyの完成!、、、と思ったが、、、。

やっぱり、塗装がイマイチ気に入らない、、、。