8、やっと完成!!の巻

Les Paul Special s/c with Bigsbyの巻

2013.2.3

最近、あったかいですね。昨日は外に出たら春の匂いが感じられました。春はやっぱりいいですね。早く春にならないかな〜。

ヘッドは濃いめにしています。

クリアを吹いて2週間乾燥。

水研ぎ。コンパウンドと進めて、、、。

配線がよくわからなくなったので、Seymour Duncanの回路図を確認してと、、、。SWの”RHYTHM”と”TREBLE”がどっちだったか分からなくなってしまった。RHYTHMはNECK側、TREBLEはBRIDGE側、、、でよかったっけ?

10月から作り始めて、今回は速いかなあと思ってたんですが、塗装で引っかかり結局4ヶ月かかりました、、、。

それでも今回は、かなり弦を低くしたしネックの形も三角形に近くしたので、弾き易くなったと思います。

それにしても、このビグスビーは弦が張りにくい!皆さんどうやって弦を張っているんだろう?

ボールエンドをビグスビーに引っ掛けて弦をペグに巻いている間にボールエンドが外れてしまう、、、。ボールエンドが外れないように引っ張りながら、ペグに弦を巻いて行くのは大変です。もう一本手が欲しい、、、。

     < Welcome   Back Guitar   Next>           

色を付けて行きます。ボディはちょっと薄めにします。

ハードウェアを元に戻します。

さて、塗装がどうも気に入らなくて剥がしてしまいました。プライマーからやり直しです。

木工用プライマーを吹き付けます。

これを磨きまして、、、。

前回塗った青が木目に入って浮き上がってきてます。

     < Welcome   Back Guitar   Next>           

さて、ついに完成しました!

LesPaul Special s/c with Bigsby