パワーストーン

パワーストーンはヒーリング効果・マインドコントロール効果・マジカルパワー効果の三要素を秘めていると言われていますが、いずれも人間の精神力を上まわる物ではございません。心身ともに健全な方がパワーストーンを身に付けたとしても装飾効果ていどにしかならない場合もあるでしょう。パワーストーンは本来あるべき姿や位置にまで引き上げてはくれますがそれ以上の物ではないだろうと思っています。とはいえ、永遠の課題である環境破壊や人間同士の殺戮、闘争などを見る限り、有史以来本当の意味において人類が健全体であった事はこれまで一度もなかったと言わざるを得ませんね、もしかしたら全人類は何らかの病に侵されているのかも知れません。そうだとすればパワーストーンのヒーリング効果・マインドコントロール効果・マジカルパワー効果は良薬のようなものかも知れませんね。
TOPから見る

宝石(パワーストーン)について:無機物の結晶をしたものですが珊瑚や真珠のように生物が起源の物や、琥珀のように有機物の物もあります。宝石(パワーストーン)の条件としては色彩、透明度、希少性などの鑑賞的価値や財産的価値、所有者の欲求が求められ、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、翡翠、水晶は特に代表的なものです。その他の条件としてはモース硬度が高いことも重要です。モース硬度が低い場合、経年による風化・劣化のために観賞価値が失われてしまう場合があります。


パワーストーンは波動発生装置:原形のある物ない物にかかわらず、この宇宙(地球)に存在する総ての万物は、ある種の波動、波長を発しています。音波や光波や電波のように独自の存在波形を発しているのです。この波動が私達のパワー不足を補ってくれる効果があるのですね、人間、元気がなくなってくると生体電流(波動)が微弱になってきますね、声のトーンも薄くなって活動範囲も狭くなります。宝石(パワーストーン)と呼ばれる鉱物は地球の誕生以来、その一部として生成され続けていますので、人間よりもダイナミックなパワーを秘めていると言っても過言ではありません。水晶、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、翡翠にはそれぞれのパワーがありますが他にも人気があるラピスラズリ・タイガーアイ・アクアマリン・ルチルクォーツ等々、それぞれに特徴を活かすパワーがあるのです。

パワーストーンと人間の関係:人類は便利さと引き換えに大切なものを置き去りにして来ました。工場の長い煙突からは作為的な雲が出現し、野山の緑は削られて灰色の王道が誕生しました。川面では力尽きた魚たちが縦列駐車のように世相を反映しています。こんなんでいいの?もう自力では立ち直れない所まで来てしまったのです。今の私達には充電が必要なのかも知れませんね、そういう意味ではパワーストーンは正に補助エンジン的な役割を持つエネルギー体になるしょう。石の波動が私達のパワー不足を補ってくれますね、石の個性を身近に用いる事でパワーアップ!本来、総てが健康であれば必要のない物なんですが、宝飾品としての価値が高められれば充分だと思うのですが、まあ、二次利用させて頂きましょう。

宝石のランク:天然宝石とは人の手が加わっていない宝石。処理宝石とは天然宝石の外観を改良処理が加えられた物。合成宝石(人工宝石)とは天然宝石と異なる物質を使用して作成された宝石。模造宝石とはガラスやプラスチック、陶器などを使用して天然宝石を模したもの。

パワーストーンの浄化:石(パワーストーン)が発掘、採掘されたと同時に大地から分離された事になりますのでパワーストーンにも充電が必要になります。浄化1・もとの大地へ一定時間戻す、浄化2・清流で清める、浄化3・太陽光や月光にあてる、浄化4・食塩で清める、浄化5・天然石水晶の隣に置く、浄化6・クラッシックや音叉の音波を当てる方法があります。



パワーストーンで運気アップするならこちら


パワーストーンの中で、水晶と並び金をちりばめた財運UPの強力な霊石。



人気のシルバーアクセサリー!2500点ピアス・携帯ストラップ



ハローキティ/公式ライセンスアクセサリー本物のリングをあなたにグ




誕生石の名称フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)参照
1 月の誕生石ガーネット(柘榴石)ざくろ石と呼ばれ、色は赤色から黒褐色まで鉄分の含有量によって異なります。血液色やマグマ色のような赤色が人気ですがラテン語では「種子」の意味があります。見るからに寒い冬を乗り越えるパワーを秘めているようですね、勇気、精神力、忍耐力、きずな、友情などを現わします。

2 月の誕生石アメシスト(アメジスト=紫水晶むらさきすいしょう)ヒマラヤ産やブラジル産が透明度が高いとされています。百年で一ミリ成長する水晶は大地のパワーを記憶して高い波動を発生します。石言葉は「誠実・平和・高貴」。アメシストを持つと精神性が高くなって酔いを防ぐはたらきがあると信じられていた時代もあるようです。

3 月の誕生石アクアマリン(藍玉あおぎょくずい)緑色〜黄褐色の緑柱石・緑柱石のうち透明でスカイブルーの色調のものの宝石名。市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。ブラッドストーンとともに3月の誕生石で海の水を意味する。主要原産地はマダガスカル、ブラジル、シベリア等。石言葉は「勇敢」。

4 月の誕生石ダイヤモンド(金剛石こんごうせき)・クォーツ(水晶すいしょう)ダイヤモンドは天然で最も硬い物質で結晶構造は8面体、12面体、6面体もあり、宝石や研磨剤として利用されている。ダイヤモンドは地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されダイヤモンドの石言葉は「征服できない、壊れない」

5 月の誕生石エメラルド(翠玉すいぎょく緑玉りょくぎょく)緑柱石の一種・ジェイド(翡翠ひすい)エメラルドの天然ものは内部に特有の傷が無数にあり、明るく濃い緑色のものが最上級とされる。稀に大変高価なキャッツアイ効果(シャトヤンシー効果)やスター効果の表れる「スターエメラルド」が産出される事がある。海のような青緑の石という意味があり、石言葉は「幸運・始まり」

6 月の誕生石パール(真珠しんじゅ)・ムーンストーン(月長石げっちょうせき)パール(真珠しんじゅ)とは貝から採れる宝石の一種で石言葉は「健康・富」。貝殻成分を分泌する外套膜が、貝の体内に偶然に入りこむことで天然真珠が生成される。貝殻を作る軟体動物であれば真珠を生成する可能性がある。

7 月の誕生石ルビー(紅玉べにぎょく)・カーネリアン(紅玉髄べにぎょくずい)赤い色が特徴的な宝石で石言葉は「熱情・純愛」。不純物としてクロムが混入すると濃い赤色のルビーになる。鉄・チタンが混入すると青色のサファイアとなる。

8 月の誕生石ペリドット(橄欖石かんらんせき)・サードニックス(紅縞瑪瑙べにしまめのう)石言葉は「夫婦の幸福」。明るい緑色が映えることが特徴の宝石で、夜暗くなっても見ることができたので、「イブニングエメラルド」と呼ばれる。

9 月の誕生石サファイア(青玉あおぎょく)・アイオライトウォーターサファイア、結晶は無色透明であるが、不純物により色がつき、ルビー(赤色)、サファイア(赤色以外のもの)に呼び分けられる。石言葉は「慈愛・誠実」

10月の誕生石オパール(蛋白石たんぱくせき)・トルマリン(電気石でんきいし)石言葉は「希望、無邪気、潔白」乳白色の地に虹色の輝き(遊色効果)をもつものは中でも人気が高く「虹色石」とも呼ばれる。主な産地はオーストラリア、メキシコなど。

11月の誕生石トパーズ(黄玉おうぎょく)・シトリン(黄水晶きすいしょう)石言葉は「友情・夫婦の愛」ギリシャ語で探し求めるを意味する。産出地の島の周辺が霧深く、島を探すのが困難だったからとされる。古くはペリドットが現在のトパーズを指していた。

12月の誕生石ターコイズ(トルコ石)・ラピスラズリ(瑠璃るり)・ジルコニア・タンザナイト(灰簾石かいれんせき)ターコイズは質の良いものは鮮やかな青色だが、不純物に鉄を含むと緑色になる。石言葉は「繁栄・安全」



TOPへ