生命判断は誤字で姓名判断が正解です


よく当たる新・姓名判断(名前占い)で開運しよう!
生命判断の誤字が多いですが姓名判断が正解です。新・姓名判断(名前占い)で天格、人格、地格を無料占いできます。画数を数えて運命や運勢を占ったり、赤ちゃんの命名(名付け)や愛称、あだ名、ペンネーム、芸名、社名、商品名まで診断。完全無料で占います。
一般の姓名判断サイトで使っている自動占いソフトは用いません。氏名を入力して不安になる心配もありませんね、なにか難しそうだけど私にも出来るのかなぁ〜ご心配なく!占いのポイントを分かりやすく説明しますので大丈夫。

新・姓名判断、(名前占い)山陰の父プレゼンツ.存在する総てのものは必ず波長とか波動とか呼ばれる周波数をもっています。原形の有るものから無いものに至るまで総てが波長で成り立っているといっても過言ではありません。また、総ての存在物は原子や素粒子の集合体なのでエネルギー体で成り立っているとも言えますね、この世界の総ては元素によって創られた存在なのです。宇宙の天体から空気中のチリやほこりに至るまで偶発的に出現したものはありません。超創造性をもって計算されたものなのです。それゆえ総ての存在物は数理性をもって表現する事が出来、無駄なモノなどどこにもありません。つまり価値のない物も価値のない人間もいないと断言できます。数字の場合は1〜10までの組合せで無限大の計測をしますが、その1〜10の数字一つ一つには意味があり、波動があり、重要な役割を秘めているのです。 「1」という基準があることによって地球の大きさや宇宙の広さまでも測ることができますが、この自然界や私たちの身体が形成される段階においても必ず最初の「1」という基準があるはずです。有形無形問わずその「1」という基準から出発しなければ総ての存在物は存在出来ないという結論に達してしまいます。空気には空気の「1」が、元素には元素の「1」が、惑星には惑星の「1」という出発基準があって全体が発展的に調和関係を保っていると考えます。数字は1から始まって9で極め、10で元に戻り、再び1から出発しますが、この世界共通の1〜10までの数字の意味が宇宙森羅万象の波動と共鳴すると考えますので当サイトでは姓名判断(名前占い)で使用する数字を(波動数)と名付けて使用しています。


占いの本質について:有名占い師や人気霊能力者と呼ばれる方であっても本当に占いの本質を理解している方は少ないでしょうね。姓名判断の画数は先祖代々、遺伝的に受け継がれますので命名するさいにはインスピレーションで名付けするのが一般的です。姓名判断の本をかじって、むやみに吉数や大吉数で固めるのは感心しません。なぜかって?前世の罪を清算出来なくなるからです。罪を犯したら凶数をつけて償うのが自然ですね、善悪を天秤にかけて善行が多ければ自然と吉数が湧いてくるものなのです。もしもあなたが責任放棄をした場合には、あなたの家族か次の代が代役になります。まあ、自然治癒力のようなものが働いて悪い所は自動的に修復されるようになるのです。従って人生の途上にあって姓名判断やその他の占いで開運された方はその恩恵を社会に対して還元していかなければなりませんね、良識ある皆様方ならお判りになると思います。


安くてもいいのでサイフは毎年交換しましょう。銀色は小金、金色は大金を呼び込みます。
☆パワーストーンで運気アップするならこちら






よく当たる新・姓名判断(名前占い)で開運しよう!

新・姓名判断・陰陽を占う

天格・人格・地格・等の意味

画数の数え方と一字姓、三字姓

画数の意味を調べる(1〜50まで)

例題、姓名判断を鑑定してみる

TOPへ
当サイトでは便宜上、凶という言葉を用いて凶数、凶運という表現をしますが、実際には凶数というものは存在しないと考えています。この世の中に無駄なものや無意味なものは有り得ないし、ましてや最初から人間に害を与えるような数字が生まれるはずがないと思うのです。万一、その数字のせいで不幸に遭遇した場合には、数字が悪いのではなく、その数字の意味に対処できない、人間の行いや心がけに原因があるのかも知れません。どの占いにも当てはまりますが異性問題などの外的要因に目を奪われて失敗するケースが大半です。これは波動数以前の問題、人間の堕落とか日本神話のイザナギ、イザナミノミコトの子づくり失敗談、つまり血統関係にまで話がさかのぼるのかも知れません。

例えば姓名判断で命名や改名をして大吉数や吉数に守られた方と、そうでない方がいるとしましょう。実はどちらもボランティアでアフリカの奥地やカンボジアの電気もきていないような処で、自分の生命を投げ出して難民の救済をしたり、医療活動をしています。この人たちにはお金もなく、住む家もありません。間違いなくこの人たちは不幸であり、不運です。画数が吉でも凶運であり、画数が悪ければ当然凶運です。しかし本人たちはそれを望んでいます。自分の全てを犠牲にして人助けをする事に生きがいや喜びを感じているのです。

では運がいい悪いとはどういう事でしょう。おそらく多くの皆様方にとっては、自分にとって都合が良ければ運勢が良く、他人にとって都合が良ければ運勢が悪いと御思いでしょう。それは正反対の考えかも知れませんね、運勢は与える程に良くなるという大原則があるのです。よく徳を積むと云われますが貯蓄ではありません。人の役立つ事をするとか、恵みを分け与えるという意味です。これなしでは本当の意味で吉運になりませんね、つまり、あなたが得をしたけで運勢がストップしてしまいます。周囲の皆には関係ないことなので運気も個人レベルのものでしかありません。

では、もしあなたが裾野まで運気を流したとしましょう。喜びを分かち合ったとしましょう。運気は個人レベルから全体レベルまで引き上げられて一層大きくなりますね、その結果あなたが損をするでしょうか?しないでしょうか?ここで言いたい事は吉凶よりも大切なものがあるという事です。人間に心と身体があるように運勢にも両面あるのです。



・人気占い師の著書

総合占いTOPへ