2005年に聴いた曲・アルバム
BOSSA de Punk
Hotwax presents Girls,It ain't easy 1970's
ジャパニーズ・ロッキン・サイケ&パンク65−71 キング編
ジャパニーズ・ロッキン・サイケ&パンク65−71 東芝編
ジャパニーズ・ロッキン・サイケ&パンク65−71 コロムビア編
ジャパニーズ・ロッキン・サイケ&パンク65−71 ビクター編
シュガー・ベイブ「SONGS」
昭和元禄NOW! 第1集
mink「e+motion(+スケジュール帳) [LIMITED EDITION]
中ノ森バンド「Oh My Darlin'」
KOTO「What's up?」
akiko「リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ」
「狐の会 抵抗と笑いとその後にくる空しさ」
minmi「フレンズ」
バーナデット・ピータース「LOVERS RODGERS&HAMMERSTEIN」
「LA DOLCE VITA」

甘い生活PIZZICATO FIVE、MONTEFIORI COCKTAILなど日本のクラブ・ラウンジ系ユニットの曲も収録されたイタリアで発売された超絶コンピアルバム。60年代イエイエ・ポップ系のDISC1、ムーディーな名曲を集めたDISC2の2枚組み。クールでアンニュイ。これ一枚あれば無人島でも甘い生活ができる?
(★★★★)


<DISC1>
1.Moka Beat「Paparazzi」
2.Macchiato Caldo「Right Guy Meets Right Girl」
3.Zero Sospiro「Dal Momento Che」
4.Paul Derrik「Rama Lama Lama Bossa Mix」

5.Robert Passera「Champagne Music」
6.Surprise!「Aborigens in Rio」
7.Sam Paglia「Night Club Tropez」
8.Montefiori Cocktail「Comment Ta Dire Adieu
9.45Dip「Man & A Woman」
10.Koop「Summer Sun」
11.Pizzicato Five「It's a Beautiful Day」
12.Frank Popp Esemble「Hip Teens (Don't Wear Blue Jeans)」
13.Doing Time「I Was a Ye-Ye Girl」
14.Digital Sugar「Baby Baby (Vintage Beat)」
15.Moka Beat「Paparazzi Reprise」

<DISC2>
1.Mino Rota「Dolce Vita」
2.Julie London「Fly Me to the Moon」
3.Marilyn MOnroe「I Wanna Be Loved by You」
4.Dean Elliot「You're the Top」
5.Bobby Darin「More」
6.Tony Bennett「Good Life」
7.Ray Conniff「Besame Mucho」
8.Silvano Silvi「Monica
9.The Chordettes「Lollipop」
10.The Every Brothers「Bye Bye Love」
11.Helen Shapiro「Walkin' Back to Happiness」
12.At the End (Of a Rainbow)
13.The Drifters「Save the Last Dance for Me」
14.Etta James「At Last」
15.The Benny Silver「Past to Future」
MOODSVILLE Presents「昭和ダンスパーティー」¥2,286

昭和ダンスパーティー
 MOODSVILLE 平林伸一&READYMADE 小西康陽氏&BALLROOM 内門洋選曲による和モノ・コンピ。
 小料理屋・池ノ上こあんで繰り広げられているパーティー『昭和ダンス・パーティー@池の上・こあん』から生まれたコンピCD。リズム歌謡の宝庫、日本ビクターの音源から使える楽曲全28曲をコンパイル。
 01は渡辺プロダクションの創始者渡辺晋がベーシストを務めるジャズ・コンボ。07は中尾ミエのレノン/マッカートニー作。08は女性GSが歌う、フォーク・クルセイダース「帰ってきたヨッパライ」のアンサー・ソング?09はクラシックの名曲カヴァー。13は「マンダム」のカヴァー。18は荒木一郎のヒット曲カヴァー。24はダイナマイツの人気曲をジャズ・ロック・アレンジで。27は映画「シェルブールの雨傘」の挿入曲カヴァー。
 60年代はポップスの宝庫だということがよくわかります。CD表紙モデルは香山美子。(★★★★)

1. パーディド(プロローグ)(渡辺晋とシックス・ジョーズ)
2. ドラム・ブギー(ダニー飯田とパラダイスキング)
3. チャチャチャはいかが(雪村いづみ)
4. 月夜にボサノバ(Fly Me To The Moon)(中尾ミエ)
5. ボサ・ノヴァ・ベイビー(梶原マチ子)
6. ラブ・サンバ(奈美悦子,ハニーナイツ)
7. ハロー・プティット・フィーユ~こんにちはマドモアゼル~(中尾ミエ)
8. ヨッパラッタお嬢さん(ピンキー・チックス)
9. 別れの曲(シンガース・スリー,池野成秋とプレイ8)
10 . 月影のランデブー(麻里圭子とリオ・アルマ)
11. ナイト・アンド・デイ(横内章次クインテット・プラス・ラテンリズム)
12. ダンシング・セブンティーン(オックス)
13. 男の世界(有馬すすむとニュー・クリエイターズ)
14. 恋はリズムに乗って(宮間利之とニューハード)
15. 恋と涙の太陽(アメリアッチ)(橋幸夫)
16. 恋の歓び(吉永小百合,スクール・メイツ)
17. サンライト・ツイスト(伊藤アイコ)
18. いとしのマックス(松本浩とブルー・ナイツ)
19. ミニ・ミニ・デート(藤ユキ)
20. エイト・デイズ・ア・ウィーク(ザ・キューピッツ)
21. AABC(ア・ア・ビ・チ)(安村昌子)
22. フラ・フープ・ソング(水谷良重,ブライト・リズム・ボーイズ)
23. 銀座ジャングル娘(渡辺マリ)
24. トンネル天国(石川晶とミッド・ナイト・サウンズ)
25. シュガー・タウンは恋の町(槙みちる)
26. 若いってすばらしい(槙みちる,フォー・メイツ)
27. ウォッチ・ホワット・ハプンズ(有馬すすむとミスティ・サウンズ)
28. 夜空へのビギン(香山美子)
29. パーディド(渡辺晋とシックス・ジョーズ)

トゥインクル / ゴールデン・ライツ・スペシャル・エディション(2001年9月 英国発売)

トウィンクル 1964年、15歳の時、「すてきなテリー」でデビューした、英国の元祖ウィスパリング・ヴォーカリスト=トゥインクル(本名=リン・アネット・リプレイ)のシングル曲を年代順に収録した初の日本盤CD。
 編集盤『ゴールデン・ライツ』に貴重なボーナス・トラックを追加。シックスティーズ・ファンには垂涎の一枚。フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」、「この世の果てまで」のカヴァー、「すてきなテリー」「夢のなかの少年」などのヒット・チューンがずらり並んだ、ノスタルジックでキュートなアルバム。ボーナス・トラックには、LP“MICHAEL HANNAH”からの5曲と82年のシングル‘For Sale’に加え、「テリー」を直立不動で歌う65年のトゥインクルの貴重な映像を収録。ストーンズ、デル・シャノンらとツアーを行った時期か。
 ガール・ポップ、ウィスパリング・ボイスファンにはこたえられない貴重盤。(★★★★)


01. すてきなテリー
02. 夢のなかの少年
03. ゴールデン・ライツ
04. エイント・ノーバディ・ホーム・バット・ミー
05. トミー
06. ソー・サッド
07. トミー(ドイツ語ヴァージョン)
08. 夢見るシャンソン人形
09. アンハッピー・ボーイ
10. プア・オールド・ジョニー
11. アイ・ニード・ユア・ハンド・イン・マイン
12. この世の果てまで
13. テイク・ミー・トゥ・ザ・ダンス
14. ホワット・アム・アイ・ドゥイング・ヒア・ウィズ・ユー
15. ナウ・アイ・ハヴ・ユー
16. ミッキー
17. ダービィ・アンド・ジョン
18. ソルジャーズ・ドリーム
19. デイズ
20. キャロライン
21. レディオ・ステーション・レディ
22. リトル・ピース・オブ・ヘヴン
23. アイ・アム・ア・ウーマン・ユーアー・ア・マン
24. フォー・セール

april march ( エイプリル・マーチ)「Chick Habit」(SYMPATHY FOR THE RECORD INDUSTRY)

aprilmarchsylviegall
 パーソネルを見るとvox:April Marchとあるので、ボーカルはエイプリル・マーチということだが、裏面には「Accompanied by Sylvie Gall and her orchestra」(シルビー・ギャルと彼女のオーケストラによって伴奏された)とクレジット。エイプリル・マーチとシルビー・ギャルは同一人物なのか? よくわからない。
 ともあれ、ロリータ・ボイスのフレンチ・ポップス・カヴァーとして極上のデキ。01はセルジュ・ゲーンズブールの曲。中ジャケットに若き日のゲンズブールのポートレート。彼へのオマージュCD。(★★★★)


01. Laisse Tomber le
s Filles
02. Deux Garcons Pour une Fille
03. Caribou
04.Le Temps de l'Amour
05.La Chanson de Prert 06 .Tu Mens
07.Cet Air-La
08.Chick Habit
「Love groovy covers 」
ジムノペディ「夢ならクリムゾン」
M−flo 、EMYLI 、YOSHIKA「Loop In My Heart」
SONOMI「S.O.N」
MINK「MINK 」
SIS-linc「eye candy」
「RELAXIN’JAPANESE LOVERS Vol4」
「日活ニューアクションの世界 野良猫ロック」」
「日活ニューアクションの世界 無頼・殺せ」
humbert humbert「焚火」
川部しのぶ「サイレント・ヴォイス」
緑魔子「アーリーイヤーズ・シングルコンピレーション」
Fayray「COVERS」
achordion「プライベート・ノート」
ヤン・スギョン「港が見える丘 昭和名曲集」
YOKO BLACKSTONE「BACK TO  MY BASE」
テン・イヤーズ・アフター「夜明けのない朝」
ポール・バターフィールド「ベター・デイズ+1」
ロバート・ジョンソン紙ジャケ版「キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズVOL.2」
服部正太郎と彼のオーケストラ「青い影のスキャット」
KEB’MO「バック・バイ・ポピュラー・デマンド」
「Love sofa No2」
ジャネット・クライン「プット・ア・フレイバー・トゥ・ラブ」
ジャネット・クライン
[21世紀に登場した1920年代の妖精]がキャッチコピー。ロスの歌姫ジャネット・クラインの日本デビュー作。アメリカ版渚ようこ&マキ凛花? 20〜30年代の銀幕から抜け出した妖精のように歌うオールドジャズやブルースがファニー&キュート。

01. Put a flavor to love
02. If I could be with you one hour tonight
03. My bundle of love
04. Happy feet
05. Cotton picker rag
06. Troubled waters
07. Red hot flo from ko-ko-mo
08. "Biscuit medley"
09. Hurry on down
10. I'm tired of everything but you
11. Sittin' on a rubbish can
12. All my life
13. "Lambhcops" do you bekieve me?
14. Monmartre
15. Nuages
16. "Yiddish hula boy" Becky,I ain't comin' back
17. I'm a whole lot wilder than I look
18. I like you
19. Fairy on the clock
20. Meztizia
21. Smile your bluesies away
22. Smile your bluesies away