直線上に配置
                  大学院生募集中!

私たちの研究室は、信州大学の中で唯一、遺伝子操作動物作成のためのベクター構築、ES細胞の遺伝子改変、胚操作、遺伝子操作動物の樹立の全行程が自前でできる研究室です。

精力的に下記の研究テーマを進めて頂ける
大学院生(修士課程・博士課程)を募集しています。

これまでに、いろいろな学部の学生さんが、当研究室の大学院に入学しています。
(理学部、農学部、総合生命科学部、医学部、臨床検査学部、薬学部 など)

医学研究発生工学に興味がある方なら、経験を問いません。
研究の初歩から最先端のテクニックまでを系統的に教授して、学会発表、論文発表まで責任を持って指導いたします。

ES細胞を用いた再生医学研究
CRISPR/Cas法による新規遺伝子操作マウスの樹立、解析
心臓、血管、肝臓の再生医療研究
疾患モデル動物を用いた病態解明、新規治療法開発
(心不全、動脈硬化、糖尿病、脂質異常症、脳梗塞、慢性腎臓病、脂肪肝、NASHなど)
循環作動性ペプチドの血管発生、再生における役割

私たちの研究室の学生さん達は、研究成果を積極的に学会発表して、活躍しています。

      →大学院生の学会発表

また、研究成果を評価されて、奨学金(返還免除)の受給を受けている学生さん達もたくさんいます。

      →奨学金など受給状況


     卒業後は、大学院で身に付けたスキルを活かして、研究職につく学生さんが多いです。

   →大学院博士課程卒業後の進路


「先輩の声を聞く 大学院博士課程座談会」に当研究室の博士課程の田中さんが参加しました。

      →座談会でのインタビューはこちら



●[開催中] 日本科学未来館 研究棟ツアー (第1,3土曜日)


私たちの研究室は、日本科学未来館(東京 お台場)のサテライトラボでも研究を行っています。
毎月、第1,3土曜日に、研究棟ツアーを行っています。是非、御参加下さい。

「ネズミで探る?!遺伝子のヒミツ〜新藤プロジェクト&宮川プロジェクト」

  →詳しくはこちら



●[報告] オープンラボ2017・夏  @日本科学未来館

2016年7月29-30日, 8月19-20日  
日本科学未来館 (東京、お台場)

最先端の研究が集まる未来館の「研究エリア」、普段は見ることができない研究施設を一般公開しました。

当研究室の次世代疾患モデルマウスプロジェクトコーナーも紹介しました。

 →詳しくはこちら


[報告] 信州大学医学系研究科疾患予防医科学系専攻キックオフセミナーを開催
  
  
2012年7月28日(土)、11月18日(日)  場所:日本科学未来館(お台場)

  
→詳しくはこちら



研究内容に関する質問、研究室訪問等を随時受け付けています。 お気軽にご連絡下さい。】

0263-37-2578 (直通)         mail: organregen@shinshu-u.ac.jp


募集要項の詳細は
博士課程 → 博士課程 入試情報へ   修士課程 → 医科学専攻 入試情報へ
医学部医学科大学院係  0263-37-3376                            




直線上に配置