直線上に配置
直線上に配置

平成24年度大学院医学系研究科博士課程専攻再編について

  疾患予防医科学系専攻シンボルマーク

●蝶はオオルリアゲハ(学名ユリシーズ)で、見た人に幸福をもたらすといわれている。

●ユリシーズは、ホメロスの叙事詩「オデッセイア」の主人公で、トロイ戦争で木馬を考案し、ギリシャ軍を勝利に導いた英雄の名前でもある。オデッセイアは、トロイ戦争の後日談で、20年にもわたる長い航海の末についに凱旋を果たす物語であり、そのストーリーから、オデッセイという言葉は、今日、「壮大なる旅」を意味している。そこから、「長い旅路の果てに、最後に成功を収める」という意図をかけている。

●ユリシーズUlyseesから、、「ユリ」+「シーズSeeds」をかけている。ユリの花言葉=「純粋」。シーズSeeds=「大学や研究所の新技術」というところから、「全く新しい新技術」の創造を目指すという意図をかけている。

●iPDP=Insutitute of Pathogenesis and Disease Prevention:疾患予防医科学系専攻の英語表記のイニシャル。

 
信州大学大学院医学系研究科博士課程では、平成24年度に従来の3専攻(医学系専攻、臓器移植細胞工学医科学系専攻、加齢適応医科学系専攻)から、医学系専攻、疾患予防医科学系専攻の2専攻へ再編を行いました。

それに伴いまして、当研究室の名称も、従来の臓器発生制御医学講座発生再生医学から、疾患予防医科学系専攻循環病態学へ変更となりました。

正式名称は、下記の通りとなります。


博士課程:
信州大学大学院医学系研究科 疾患予防医科学系専攻 個体機能制御学部門 循環病態学教室

修士課程:
信州大学大学院医学系研究科 医科学専攻 先端医科学系 再生・加齢適応学領域 循環病態学教室



疾患予防医科学系専攻 HPへ

    疾患予防医科学系専攻 紹介パンフレット ダウンロード



ヨボウ
疾患予防医科学系専攻公式キャラクター シカのヨー & ボー

●信州大学松本キャンパスに生息している。

●ヨーはアンチエイジングのスペシャリスト。インターバル速歩が趣味で、自らも健康増進に努めるとともに、長野県の健康長寿の秘訣を広く普及させることが生き甲斐である。

●ボーは、7つに分かれたツノ(7つの教室)を武器に持つ。疾患(病気)が発症する前に先制攻撃をしかけ、発病を予防するという斬新なミッションを担っている。