私の履歴書 私の履歴書



私の略歴

•昭和8年6月28日福岡市高宮で生まれる。
•その家の西側の窓から見える田圃の先に九州鉄道(今の西鉄)の電車が通るのが見え、
 ちゃぶ台を踏み台にしてそれを眺めていた記憶がかすかに残っている。
•昭和15年4月、東京市王子区立第三岩淵小学校に入学。
•昭和18年、戦争が激化、父を除く一家で熊本県菊池村(現菊池市)の母の実家に疎開、
 菊之池国民学校に転校する。
•昭和20年、熊本県泗水村薬師にある父の実家に引越し、泗水西部国民学校に転校。
(現在の泗水小学校)終戦を迎える。
•昭和21年4月、旧制中学済々黌に入学。菊池電気鉄道高江駅より室園駅まで電車で
 通学する。
•昭和23年、肋膜炎を患い、済々黌を休学する。
•昭和25年、学制改革により旧制中学は新制高校となる。旧制最後の私は済々黌に復学
 できず、既に福岡に住んでいた両親の元に戻り、西新の私立中学に転入する。
•同年秋、父の転勤で東京に転居。目黒の公立中学に転校。
•昭和26年4月、都立戸山高校に入学。山手線目黒駅から高田馬場駅まで電車で通学、
 同年秋、父の転職で私を除く一家が長崎に引越し、一人東京に残る。
•学校の休み毎に東京と長崎間を往復するのが楽しみでもあり、苦痛でもあった。
•高校2年の秋、肺結核を患い、学校を休学、長崎に戻り自宅療養をする。その後復学
 しては休学を繰り返し、復学後は世田谷区世田谷、新宿区余丁町などの下宿を転々。
 結局高校は通常の2倊(6年)在籍してやっと卒業。
•昭和31年、N大学工学部工業経営科に入学。教養学部1年間は静岡県三島で過ごす。
・2年生になり東京へ戻り、麻布、世田谷代田、下北沢などの下宿を転転とする。
•4年生の秋、肺結核を再発、慶応病院に入院。卒論は病院内で書上げて何とか卒業。
•昭和36年4月、退院。F重工業に入社。
•昭和37年10月、結婚。住まいは阿佐ヶ谷の6畳一間アパートを借りる。
・その後、本社、群馬、三鷹各事業所を転転とする。
•昭和49年5月、現在の住所、調布市深大寺東町に転居。
•平成 5年9月末定年退職。
•平成 6年2月、外資系自動車販売会社に再就職。
•平成10年8月 自動車販売会社を退職。現在に至る。
•平成15年6月28日古希を迎える。
•平成22年喜寿を迎える。
•平成25年6月28日 傘寿を迎える。
•平成27年6月28日 82歳となる。