初めての国ドイツ

初めての国ドイツ

旅のメインは田舎町シンスハイムのメッセで行われたライブスティームミーティング見学  その他、鉄道マニアのお宅訪問、鉄道博物館、旧東独の田舎町にあるN、HOなどの 大レイアウト見学、蒸機が現役のHSB狭軌鉄道乗車など盛り沢山の旅でした。

 ドイツの田舎町にある巨大なメッセで毎年ライブスティームのミーティングが開催されて ていることは、市川蒸気鉄道クラブのメンバーから聞いていて、一度見てみたいと思って いました。
 2003年暮れ、クラブのある人から大きなライブスティームクラブを主宰するOさんが シンスハイムミーティング見学ツアーを計画しているので、行きたいなら取り次ぐといわれ、 早速お願いしました。
 すぐにOさんから連絡があり、親切なお誘いを受け、思い切って行くことにしました。
 Oさんは日本最大の航空会社に勤めておられ、このミーティングにも毎年参加されている 経験も豊富な方ですから、航空券の手配は勿論、現地のホテル、鉄道、バス、タクシー等の 足の手配などなど、並みの旅行社では及ばぬほどの見事な計画と手配で、初めての国にも かかわらずず安心して旅する事が出来ました。
 一行はOさん夫妻とOさんのクラブのOWさん夫妻、奈良から参加のYさん、石川から 来られたSさんに私と総勢7人のこじんまりした団体です。
正月気分も覚めやらぬ1月8日昼前成田空港に全員が集合しました。

 旅のスケジュールは次の通りです。

 2004年
 1月 8日 成田13:30発JAL407 フランクフルト着17:40 バスでハイデルベルグへ
       ハイデルベルグ クラウンプラザホテル泊
    9日 ローカル列車でシンスハイム駅へ 駅から徒歩で会場へ 終日見学した後同ホテルへ
   10日 早朝ハイデルベルグを発ち、列車を乗継ぎニュールンベルグへ 鉄道博物館を見学
       午後、シンスハイムに戻って夜間運転など見学した後、主催者が催すパーティに参加
   11日 シンスハイムに行き、体験乗車などを含め終日楽しむ。夕刻:二晩ご厄介になる。
       Oさんの友人P氏が迎えに来られ、車で全員がPさん宅に向かう。
   12日 午前中はPさん宅近所の公園にPさんが作られた7.5インチのレイアウトで全員が
       蒸機とディーゼル機を運転して楽しむ。午後、降雨のためPさん宅の1番ゲージ庭園
       鉄道とNゲージ室内レイアウトを見せてもらう。Pさん宅泊
   13日 列車を乗り継ぎ、旧東独地区アータンへ、タクシーでカイザーファルツ模型博物館へ
       N,HO,1番ゲージの巨大なレイアウト群を見学。夜はカイザーファルツホテル泊
   14日 タクシーでノルドハウゼン ノルドへ、ここから狭軌蒸気鉄道HSBでブロッケン山へ
       しかし残念ながら悪天候で頂上まで行けず、ブロッケン支線の途中シュイエルケで
       引き返し、ヴェルニゲローデへ下る。ヴェルニゲローデ・ヴァイザーヒルシュホテル泊
   15日 ローカル列車でクェドリンブルグヘ、中世の面影の残る町並みや城を見学しながら
       散策。夕刻、ヴェロニゲローデに戻る
   16日 午前中はヴェロニゲローデの町を散策、午後ICEでフランクフルトに向かい空港へ、
       フランクフルト20:20発JAL408で帰国の途に着く。

撮影した写真を下の各ページでご紹介いたします。
今回はビデオ撮影を主体としたため、殆どの画像はビデオカメラ付属の画像とテープより起こした もののため、画質はあまりよくありません。

・シンスハイムメッセ

・カイザーファルツ鉄道模型博物館

・ハルツ狭軌鉄道

・ドイツ国鉄(DIE BAHN)点景


表紙に戻る