そよサポの概要


認定NPO法人の認可を頂きました。

H27年11月18日京都府指令7府推第419号

ご挨拶

33年前に、都市化・少子化に伴う子育てのしんどさや悩みを耳にして、子育ての乏しくなっていく環境を、今何が必要か・大切な事を守り支え合える環境に少しでも変えていければと民間で立ち上がりました。田辺町から京田辺市になり、マンションも高層化、地域は加速する高齢化の中で、命の育ちを見守る助け合いの「ナラダ・ママ」を有償ボランティアで行っていましたが、京田辺市からファミリーサポートの委託打診がありました。受託するに当たって法人化が条件でした。仲間と学びの時を持ち、活動が地域貢献する内容と合致するNPO法人を選択し、2004年6月特定非営利活動法人認証を取得しました。
これを機に、京田辺市からファミリーサポートや子育て広場事業(てふてふ)を受託、また同時に同志社大学より教職員・学生の為の託児の委託をお受けしてきました。また、同時に民間時代から母と子が共に過ごす子育て交流の場(母と子の教室)・お母さんと離れて小集団で過ごす乳幼児クラス(ナースリー・ナースリーもも)の活動は、地域に広がる願いから、おひさまサロン・りさいくるの市等の事業としても展開しています。H23年NPO法改定を機に、たった一度のチャンスの仮認定を申請し、その後の認定も目指しました。なぜかといいますと、まだまだ時代変化と共に新しい課題が出ています。引続いて、命の健全な育ちゆく環境の為に継続する手助けが必要だと痛感している時に認定を認可頂くと理解者・協力者へ税制優遇があることを知ったからです。年一口3,000円以上の寄付者100人の支援が必要との事で同志達と地域の人々に理解を仰ぎ、2014年3月仮認定を頂き、1年半を費やして2015年11月に認定法人を取得致しました。京都府下9番目です。HP認定NPO法人(京都府)に掲載されました。今後は当法人・企業・他団体・行政と共同事業等各種のプログラムを開催することを目標として活動を続けてまいります。加えて、新たに3世代が出入り出来る常設の居場所作りに力を注いでいく所存でいます。今まで子育ての様々なSOSにどうしたらいいかと問いかけながら前向きに真摯に取り組む当法人の活動を支えて下さっている正会員・賛助会員及び寄付者のみなさまへ、心より感謝の意を表しますと共に、今後も同様にご支援ご協力の程心からお願い申し上げます。

理事長 小笠原陽子

*認定法人にご寄付なさいますと税制優遇を受けられます。
*所得税などの控除の対象になります。(40%~50%程度)

区切り

そよサポは命を育てる地域再生のお手伝いをしています。
「子育て」するなら京田辺、住むなら京田辺、と言われるような地域になる事を願って活動しています。
そこで3つを大切にします。

1, 愛 無償の愛 ありのままが好き にっこり笑顔
2, 信頼 誠実への信頼 出会えてうれしい ありがとう
3, 絆 共存への連帯 見守り 手をさしのべる お役に立てますか

この3つを大きな覆いに変えましょう。
新しい地域再生に、点、線、面を生み出す努力をします。
上記3つを重視する点が増え(登録した会員1人1人のにっこり笑顔)
点の活動行為は線になり(活動の中で生まれる信頼感の広がり ありがとう)
線が重なり面になる(いのち育てる住みよい京田辺市 お役に立てますか)
そよサポは、家族の絆を大切にして、家族の心と心の通う橋渡しに成れたらと願っています。

そよサポは幼い命を育んでいるお母さん達を愛して応援します。
疲れがちの子育てを、しんどいつらい子育てを「この子と出会えて嬉しい」「少し楽になりました」に変えるお手伝いをします。

そよサポは今すぐのSOSに応えていきたいと思っています。

以上のことに共感された方々へ
子育てをするなら京田辺・・・という安心の大きな覆い作りに参加しませんか!!
未来の子どもやお母さんのために、あなたのぬくもりを輝かしませんか!!
出来ることから一緒に始めましょう!!

区切り

そよサポのあゆみ

1982年 母と子の教室スタート
1990年 育児で元気のでる会スタート
(連続講演会・そよかぜ幼稚園と共催)
1991年 乳幼児ハウス設立
1991年 そよかぜナースリー スタート
りさいくるの市(年2回)スタート
1998年 ナラダ・ママ・サポート スタート
(子育て支援サポーター派遣)
2001~2003年 ナラダ・ママ・サポート養成講座開催
('01 社会福祉医療事業団助成事業)
('03 キリン福祉財団助成事業)
2002年 Autumn Concert~森の音楽会
(ナラダ・ママ・サポート主催)
2003年 地域貢献を願いNPO学習開始
2004年 6月 NPO法人 そよかぜ子育てサポート 認証・登記
2004年 9月 京田辺市よりファミリーサポート事業受託
2004年 12月 ファミリーサポート事業 サービス開始
2005年 11月 滋場開設
子育て支援「ふらっとスペース」常設
軽度発達障がい児のための相談室(ひまわり)
('05 ドコモ市民活動団体への助成事業)
2006年 6月 子育て支援者ステップアップ講座開講
('06 独立行政法人 福祉医療機構 子育て支援基金 助成事業)
2007年 4月 同志社女子大学教職員託児事業受託
2007年 7月 雑創の森の30周年記念事業共賛参加
2008年 4月 滋場休眠「まゆあい」保育室開設
認可外保育園登録
2008年 8月 同志社女子大学 学生の託児事業受託
2009年 4月 学校法人同志社の教職員・学生の託児事業受託
2009年 6月 そよサポ ホームページリニューアル
2009年度 おひさまサロン〈財団法人京都新聞社会福祉事業団子育て助成事業〉
2010年 7月 京田辺市子育てひろば「てふてふ」開設(京田辺市委託事業)
2012年 11月 母と子の教室30周年、ナースリー20周年・記念感謝
2014年 3月 仮認定NPO法人決定通知(京都府指令6府推第70号)
2014年 10月 NPO法人10周年感謝イベント
2015年 9月 認定申請提出
2015年 11月 もどり場だんだん1周年記念感謝イベント
2015年 11月 認定NPO法人認可取得(京都府指令7府推第419号)京都府下9番目
区切り

賛助会員・正会員の募集(ご支援のお願い)

認定NPO法人そよかぜ子育てサポートは、地域における子育て支援の拠点として、地域に根ざし真心のこもった質の高い子育て支援サービスを提供する努力を積み重ね、全ての人々が健やかに子育てを見守り暮らせる地域社会作りを願って努力を続けています。

そこで、充実した活動を長く続けてゆくために、皆さまからのご支援を募っています。お寄せいただいた年会費は、認定NPO法人そよかぜ子育てサポートが取り組んでいるさまざまな活動に広く活用させていただきます。ぜひ、ご支援をお願いいたします。

正会員 個人 10,000円(年)
賛助会員 個人 1,000円(年)
団体 5,000円(年)

※企業・行政は2口以上のご協力をお願いします。
※正会員は認定NPO法人そよかぜ子育てサポートの運営に係わり総会で議決権を有します。
※会員の方へは本法人機関紙(年2回)、活動報告(年1回)、各種主催行事のご案内を送付します。みなさまの温かいご支援が大きな力となります。どうぞよろしくお願いいたします。

区切り

ご視察ありがとうございました

認定NPO法人そよかぜ子育てサポートは地域に貢献する母子支援団体として少しずつ実績を重ねてまいりました。
当法人を評価しご視察に来てくださった団体さまを感謝をこめてご紹介いたします。

日時 団体名 人数 目的・視察内容
2006年
9月15日
舞鶴市女性センターネットワークの会 4名 ファミリーサポートセンター
事業受託について
2006年
11月22日
市民活動グループ さやわか生駒 6名 子育て支援についての研修
2006年
12月14日
名張市桔梗が丘地区社会福祉協議会 6名 子育て相談室開設準備・研修
2007年
1月26日
保育サポーター フレーフレークラブ 3名 NPO法人格取得について
2007年
7月13日
大阪保育子育て人権情報研究センター 4名 機関紙「チャイルドネット大阪」の取材
2007年
11月19日
宇治市ファミリーサポートセンター 3名 ナラダ・ママ及び
ファミリーサポートセンターの
運営について
2010年
9月8日
唐津市子育て支援情報センター 2名 ファミサポの運営状況やこれからの課題
2011年
2月24日
舞鶴市女性センターネットワークの会 4名 てふてふの施設見学と業務、
事業内容の説明
2015年
9月28日
奈良県宇陀市 3名 ファミリーサポートセンターの
活動状況について
ご視察のお問い合わせ・ご相談は、認定NPO法人そよかぜ子育てサポートまで
TEL 0774-62-9672