アトピーを考える。 本文へジャンプ

HOME

SHOP

■はじめに

プロローグ

私は声を大にして
言いたい!

■アトピーのメカニズム

アトピーって何?
アトピー?? 
ドライスキン?!?

アトピー要因と免疫力

アトピー性皮膚炎は
T型とW型

アレルギー・マーチ

■骨まで痒い!

痒みのメカニズム
痒みを起こす身近な
要因
痒みの増強

■アトピーをより悪化
 させる要因

黄色ブドウ球菌
アトピー合併症
ステロイド vol・1
ステロイド剤の強度
脱ステ(私の経験から・・・)

■アレルゲンについて
 考えてみた。

食生活
食品添加物
添加物詳細
リノール酸で悪化?
世界でNo1塩素濃度
合成洗剤

■どうすりゃいいのっ!
 スキンケア

肌のしくみ
入浴と保湿
セラミド
キトサン

救世主現るぅ〜!?!
 γ-リノレン酸

私が辿り着いた「ステロイドに代わるアトピー軟膏」

■ライフスタイル

亜鉛不足!?
大切なビタミンB2・B6
ストレス
生活の中を見直そう
 〜ダニ〜
生活の中を見直そう
 〜カビ〜
生活の中を見直そう
 〜お洗濯〜
■アトピーと心の関係
アトピーは、「気づきの病」
アトピーは、水から癒す。
もっと自己中になろう!
家族が創る、アトピー経由「砕け散る子供」
アトピー内観法

エピローグ


どうすりゃいいのっ!スキンケア


私が辿り着いた、「ステロイドに代わるアトピー軟膏」

アトピー性皮膚炎の治療でステロイド剤の話は避けられませんね。

ステロイド剤の副作用は、
今更説明も要らないと思うので省きますが、ステロイドに対する患者さんの拒否反応が治療の障害になっている
というお医者さんもいるようです。

私もステロイドで苦しみましたから、その気持ち…とっても解ります(^^;)ゞ


私が最後にたどり着いたアロマテラピー!

そのアロマテラピーで、ステロイド剤の代わりになる精油があることを知ってますぅ!?


もちろん、ステロイド剤のような副作用はありません ヾ(〃^∇^)ノ


それは…

ティートリー・真正ラベンダー・カモミールローマン・カモミールジャーマンです。


それぞれどんな効能があるのかというと

 

ティートリー・・・強力な殺菌作用を持っているのに、皮膚への刺激が少なく、
         アトピーのドライスキンにうってつけ!

真正ラベンダー・・・痒みから来るイライラを鎮め、殺菌作用とブレンドしたオイル
            の香りをまろやかにする働きがあります。

カモミール・ローマン・・・すぐれた抗アレルギー作用。
              マスト細胞からのヒスタミン放出を抑えます。

ジャーマン・カモミール・・・すぐれた抗アレルギー作用。
                ヒスタミンの働きを抑え、強い痒みを抑える。


これらのブレンドで、軽度のアトピーは治まります。


このほかに、アトピーの強烈な痒みと炎症に効果を発揮する精油があるんですよ(*^.^*)


ブラックスプルースヨーロッパアカマツ


です。

中度から重症アトピーの方はこの二つを足すと、鬼に金棒!です。

ステロイドと同等の抗炎症作用を持ち、炎症で腫れていたり、むくんでいるときに使用すると、スゥ〜っと落ち着くんですぅ〜(^o^)♪

痒み止めとしても効果を発揮し、脱ステをするときの強い味方です。
  (私はこの二つに大変お世話になりました。今もたまに助けられてますが・・・^^;)

そして、皮膚への刺激がほとんどないのも、大きな特徴です。

ねっ!

凄いでしょ?

私も最初は半信半疑だったんですが、ダメもとで使ったら
今では、アロマの虜になってしまって6 ̄  ̄)ポリポリ

セラピストにまでなっちゃいました(^^;)

本業が解らなくなってる今日この頃・・・・(^□^ lll)アハハァ〜



さて、ここからは
上記の精油を使ったレシピをご紹介しますね♪♪

まず、精油を混ぜるキャリアとして「ワセリン」「ホホバオイル」を使います。

乾燥が強いとき・・・・ワセリン(炎症、ジュクジュクがあるときは向きません)
炎症が強いとき・・・・ホホバオイル

ワセリン・ホホバオイルとも高品質のモノを使って下さい。
その他、グレープシードオイルも使えます。 



ワセリン  50g または、ホホバオイル  50ml
ティートリー            20滴
真正ラベンダー         12〜20滴
カモミール・ローマン       2〜4滴
カモミール・ジャーマン      2〜4滴

これを混ぜ合わせて、患部に1日数回つけます。
症状をみて、量を調節して下さい。
子供さんには、各精油の量を半分以下(精油濃度をできるだけうすくして)から試してみて下さい。



軽度のレシピに
ブラックスプルース    2滴
ヨーロッパアカマツ    2滴

を加え、患部に1日数回つけます。
痒みや炎症が強いときは、それぞれ10滴まで増やせます。よく症状をみて調節して下さい。


重度のレシピは、私自身「わらをもすがる思い」で実際やってみました。
約2週間ほどでビックリするほどの改善が見られたんです。



私は、「アロマセラピーで痛みとかゆみは治せる」川端一永氏(カワバタクリニック院長)

という医師が書いた著書に出逢って、その著書の中に書いてあったこの方法を実践し
て快方に向かいました。

もぉ〜私にとっての救世主!
足向けて寝られません!(>▽<;;


もちろん!
お洗濯や石けん、お風呂など色々書いたことも含めての結果だとも思っていますよ^^;

他にも、添加物無添加の天然成分を使った手作り化粧品でケアをしました。
これらのレシピは、こちらに紹介しています。
興味があったら覗いてみてください。→【アトピーケア・レシピ集】



もちろん、私は医師ではありませんので、これで治るとは断言できませんが
少なくとも私と私の友達、そのお子さんには、好結果がでた事例として紹介させていただきましたv(=∩_∩=)



 sawako♪のおことわり。。。

もしこの方法をお試しになるときは、今治療していただいている医師と相談して行うことをオススメします。
自分の判断でなさる場合は、自己責任でお願いします。

私もそうでしたから・・。


ただ、その際には私も全面的にバックアップさせていただきますので、疑問・質問などは、お気軽にお問い合わせくださいね。






     アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営