本文へスキップ

何かひとつ、あなたのお肌に残したい…【肌づくり.net】は、手作りコスメを活用したスキンケアの情報サイトです。

電話でのお問い合わせはTEL.0246-46-2132

〒970-8033 福島県いわき市自自由ケ丘37-20

アトピーレシピ 軟膏&オイル編 ATOPI OINTMENT & oil Recipes

【肌づくり.net】-アトピーケアレシピ集…手作りコスメを使って、アレルゲンの全くない本物の無添加、安心安全なスキンケアを実現させましょう。市販品では絶対できないあなたに完全適合したあなただけのアトピースキンケアです。

私たちがおすすめする「アトピー軟膏」のオプションのレシピも多数あります。
アトピーケアを進めている中で、季節や環境・体調などによってアトピーの症状は様々に変化していきます。
それは単純に「憎悪」と思ってしまいがちですが、その変化こそ「改善のスパイラル」といい、改善に向かっていく過程の「ゆらぎ」なのです。
そんなときのオプション的レシピとなっています。

また、ビギナーの方にも簡単にできるワセリンをちょっぴりカスタマイズしたレシピもあります。
慌てず、急がず、まずはビギナー用レシピから始めることをお勧めします。



基本のステロイドに代わるアトピー軟膏 

ステロイドに代わるアトピー軟膏 軽度のレシピ

■アトピー軟膏 軽度のレシピ

材料:

ワセリン            50g
(または、ホホバオイル     50ml)
ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴



作り方:
ワセリン(ホホバオイル)に精油を垂らしてよく混ぜ合わせる。

・乾燥が強いとき…ワセリン(炎症があるときは向きません)
・炎症が強いとき…ホホバオイル

患部に1日数回つけます。1日何度つけても問題ありません。
症状をみて、精油の量を調節して下さい。

※ワセリンは、プロペトやサンホワイトなどの精製度の高いものをお勧めします。
 精製度の高いものは、柔らかく延びも良いので薄付けすることができ使い勝手が良いです。
※ホホバオイルや植物オイルを使った場合は、軟膏状にはなりません。
 スキンオイルのようになります。また、ホホバオイルは冷蔵庫保存をすると固まりますが、
 それが特性ですので品質には問題ありません。常温で少し放置しておけば、液状化します。



  • 慌てず、急がず、一歩一歩、丹念に進めることが成功の秘訣!
精油を使用する場合、しっかりとパッチテストを行ってください。
(誤解のないように…パッチテストはすべての素材で行います!特に精油は丹念に‥という意味です。)
その上で、精油はいきなりレシピ通りではなく、1滴から始めてください。
その後、症状を見ながら、慌てず、急がず1滴ずつ増やしていきます。
効果が見られれば、レシピにこだわらず、最小限の精油の量でよいのです。

それが「個人差に合わせる!」手法であり、「個人差に合わせる!」という意味なのです。


■レシピ情報

容量 約50g 期限 1か月  難易度 ★ 冷蔵庫保存
期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい
ステロイドに代わるアトピー軟膏 重度のレシピ

アトピー軟膏 重度のレシピ

材料:

ワセリン            50g
(または、ホホバオイル     50ml)
ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴
ブラックスプルースEO       2滴
ヨーロッパアカマツEO       2滴


作り方:
ワセリン(ホホバオイル)に精油を垂らしてよく混ぜ合わせる。

・乾燥が強いとき…ワセリン(炎症があるときは向きません)
・炎症が強いとき…ホホバオイル

患部に1日数回つけます。1日何度つけても問題ありません。
症状をみて、精油の量を調節して下さい。

※ワセリンは、プロペトやサンホワイトなどの精製度の高いものをお勧めします。
 精製度の高いものは、柔らかく延びも良いので薄付けすることができ使い勝手が良いです。
※ホホバオイルや植物オイルを使った場合は、軟膏状にはなりません。
 スキンオイルのようになります。また、ホホバオイルは冷蔵庫保存をすると固まりますが、
 それが特性ですので品質には問題ありません。常温で少し放置しておけば、液状化します。


■レシピ情報

容量 約50g 期限 1か月  難易度 ★ 冷蔵庫保存
期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい


  • 軽度のレシピ・重度のレシピのオプション例
■ガンマリノレン酸補給(痒み抑制)
ワセリンまたは、ホホバオイル+月見草オイル10%程度(ボリジオイル

■αリノレン酸補給(抗アレルギー)
ワセリンまたは、ホホバオイル+フラックスシードオイル10-20%程度

■保湿性向上
ホホバオイル+メドウフォームシードオイルラディッシュシードオイル)20%程度
または、植物バターを加えるのも効果的です。

■ホホバオイルが合わないときは…
スクワランオイルをベースにしてお使いください。
(自分に合うオイルなら、どの植物オイルでも構いません。)



オプションレシピ

【肌づくり.net】-アトピーケアレシピ集…手作りコスメを使って、アレルゲンの全くない本物の無添加、安心安全なスキンケアを実現させましょう。市販品では絶対できないあなたに完全適合したあなただけのアトピースキンケアです。
■アトピー軟膏 抗炎症オプション

材料:
ホホバオイル          50ml
カロフィラムオイル      2.5ml〜5ml

ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴


作り方:
基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。
ベースオイルのワセリンかホホバオイルにカロフィラムオイルをブレンドしたものに精油を加えればできあがりです。

コンセプト:
甚大な炎症は、まさに皮膚が燃えるようです。
炎症が起きた皮膚は、白血球が作り出す「活性酸素(フリーラジカル)」という核兵器でアレルゲンだけでなく、近辺の正常な細胞まで死滅させます。
つまり、自分で自分を破壊しているのです。
その範囲は3次元、つまり広さ(面積)だけではなく深さ(真皮層まで)を持っています。
そのためターンオーバーでは再生できず、瘢痕・ケロイド・色素沈着はもちろん、最終的にはシミ・シワ・たるみに帰着します。
ですから、炎症を3次元で考え、どれだけ抑えられるかが、その後のアトピーケアの困難度を決めるのです。
炎症を最小限に抑制できるよう、カロフィラムオイルの強力な抗炎症効果を活用してください。


カロフィラムオイルは、オレイン酸を40%以上含む各種脂肪酸バランスは、強力な抗炎症作用の裏付けであり、そこに「カロフィロリード」といわれる4-フェニルクマリン非ステロイド炎症剤である抗生物質「ラクトン」を天然の状態で含有しています。つまり、他のオイルとは比べものにならない「抗炎症活性」を有しているのです。それを上手に活用したいですね。

■レシピ情報

容量 約50g  期限 1ヶ月  難易度 ★ 冷蔵庫保存

期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい。
【肌づくり.net】-アトピーケアレシピ集…手作りコスメを使って、アレルゲンの全くない本物の無添加、安心安全なスキンケアを実現させましょう。市販品では絶対できないあなたに完全適合したあなただけのアトピースキンケアです。
■アトピー軟膏 プレミアム抗炎症オプション

材料:
ホホバオイル          40ml
カロフィラムオイル      2.5ml〜5ml
アンチオキシダントミクスチャー 10-20滴
ヒッポフェアオイル       5ml

ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴


作り方:
基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。
ベースオイルのワセリンかホホバオイルにカロフィラムオイルをブレンドしたものにアンチオキシダントミクスチャー・ヒッポファエオイル・精油を加えればできあがりです。

コンセプト:
抗酸化と抗炎症は表裏一体です。
炎症を引き起こすのは、活性酸素(フリーラジカル)です。
近年の研究で炎症に対して、その原因である活性酸素(フリーラジカル)を抑制する「抗酸化成分」が有効であることが明らかになっています。
炎症が起きた皮膚は、白血球が作り出す「活性酸素(フリーラジカル)」という核兵器でアレルゲンだけでなく、近辺の正常な細胞まで死滅させます。
その活性酸素から細胞を守るため細胞膜・細胞質・核すべてにおいて抗酸化パワーを発揮するアンチオキキシダントミクスチャーを配合しています。
その上、【ミラクルフルーツ】と呼ばれる抗酸化オイル「ヒッポファエオイル」も配合。
どちらも真っ赤な色をしていますが、それこそが【抗酸化】のポテンシャルがある証拠です。

これらの配合で、炎症を細胞レベルから抑制・鎮静する設計となっています。カロフィラムオイルの強力な抗炎症パワーとのシネジー効果が期待できるでしょう。


■レシピ情報

容量 約60g  期限 2ヶ月  難易度 ★ 冷蔵庫保存

期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい。
【肌づくり.net】-アトピーケアレシピ集…手作りコスメを使って、アレルゲンの全くない本物の無添加、安心安全なスキンケアを実現させましょう。市販品では絶対できないあなたに完全適合したあなただけのアトピースキンケアです。
■アトピー軟膏 抗ヒスタミンオプション

材料:
ホホバオイル          10ml
マルラオイル          20ml
ブラッククミンシードオイル   20ml

ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴


作り方:
基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。
ベースオイルのホホバオイルにマルラオイル・ブラッククミンシードオイルをブレンドしたものに精油を加えればできあがりです。

コンセプト:
アトピーの痒みは、尋常ではありません。
その激烈な痒みは、「骨まで痒い」という形容詞がぴったりで、掻きむしる姿は常軌を逸しています。
そんな痒み対策に、マルラオイルとブラッククミンシードオイルの「抗ヒスタミン作用」とカモミールジャーマンEOの同様の作用の相乗効果が期待できます。
ドイツで行われた研究では、600人アレルギー患者に1日2回のブラッククミンシードオイルを使用し、患者の85%は実際にアレルギーにポジティブな変化(特に抗ヒスタミン効果)があったと報告されています。

アトピーケアで真っ先に取り組みたいのは、この「激烈な痒みの抑制」です。
アトピーの方々は、掻いてしまうことで掻き崩しをお起こし、自ら角質層やバリア機能を破壊してしまっています。
そんな状態ではどんな対策を講じても、掻き崩せば全て無駄になります。何の効果も期待できません。
ですから、まずはじめに欲張らずに「痒み抑制」に主眼をおいてケアを始めましょう。
基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。

マルラオイルには、カテキンがいくつか結合した構造をもち、きわめて強い抗酸化作用を示すポリフェノールである「プロシアニジン」を含有しています。
その抗アレルギー作用は有名で、アレルギー反応を引き起こす元となるケミカルメディエーター(炎症原因物質→ほとんどが活性酸素)の遊離抑制作用により発揮され、その作用は分子量が大きいほど、すなわち重合度が高いほど強いことが確認されています。
つまり、ケミカルメディエーターの抑制によって抗炎症効果も有していると言うことでもあります。

■レシピ情報

容量 約50g  期限 2か月  難易度 ★ 冷蔵庫保存

期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい。
【肌づくり.net】-ステロイドに代わるアトピー軟膏のアレンジレシピ集…手作りコスメを使って、アレルゲンの全くない本物の無添加、安心安全なスキンケアを実現させましょう。市販品では絶対できないあなたに完全適合したあなただけのアトピースキンケアです。
■アトピー軟膏 プレミアム抗酸化オプション

材料:
ホホバオイル           20ml
アルガンオイル          20mll
アンチオキシダントミクスチャー
  10-20滴
ヒッポフェアオイル        5ml

ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴
ブラックスプルースEO       2滴
ヨーロッパアカマツEO       2滴

作り方:
基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。
ベースオイルのホホバオイルにアルガンオイル・アンチオキシダントミクスチャー・ヒッポファエオイルをブレンドしたものに精油を加えればできあがりです。

コンセプト:
アレルギーを引き起こす原因物質をケミカルメディエーターと言います。これはほとんどが、【活性酸素】です。
つまり、活性酸素がアトピーの炎症をより増長させているのです。
その活性酸素から、細胞膜・細胞質・核すべてにおいて抗酸化パワーを発揮するアンチオキキシダントミクスチャー、【ミラクルフルーツ】と呼ばれる抗酸化オイル「ヒッポファエオイル」、そして世界の4大オイルとして名高い抗酸化オイルの【アルガンオイル」を配合。
抗酸化パワーで炎症を抑制する目的のレシピです。



■レシピ情報

容量 約50g  期限 2か月  難易度 ★ 冷蔵庫保存

期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい。
【肌づくり.net】が提案する安心・安全・完全無添加のアトピー軟膏プレミアムオプション
■アトピー軟膏 プレミアムオプション

材料:
ワセリン            25g
(または、ホホバオイル     25ml)
マルラオイル          20ml
カロフィラムオイル      2.5ml〜5ml

ティートリーEO        20滴
真正ラベンダーEO       12-20滴
カモミールローマンEO     2-4滴
カモミールジャーマンEO    2-4滴
ブラックスプルースEO       2滴
ヨーロッパアカマツEO       2滴


作り方:

基本的にアトピー軟膏の作り方と同じです。
ベースオイルのワセリンかホホバオイルにカロフィラムオイル・マルラオイルをブレンドしたものに精油を加えればできあがりです。

アトピーの抗ヒスタミンおよび抗炎症の強化・増強のレシピです。炎症と痒みが酷いときなどに活用できるレシピです。

アトピーケアのコツは、いきなり「究極の奥義」から始めないことです。
その理由は、敏感の極致のようなアトピーには、薬理効果が高い素材・成分を全くステップを踏まずいきなり試してしまうとお肌がびっくりします。当たり前ですね。まずは、十分に助走をつけてから飛び立つようにしましょう。
もう一つの意味は、いきなり極意で対応してお肌がびっくりしたときに、奥義を使ってしまったため打つ手がなくなってしまうのです。
アトピーケアは、焦らず・慌てず・一歩一歩と何度も繰り返すのは、そういう意味もあるのです。簡単にアトピーに手の内を見せるような愚かなことをしないように進めることが重要です。
このレシピは、そういうレシピです。

■レシピ情報

容量 約50ml  期限 2か月 難易度 ★ 冷蔵庫保存

期間内でも、異臭や濁りなどがでたら使用を中止して下さい。





免責事項

当サイトで公表しているレシピによって作られた物に関してのトラブルまたは、使用中のトラブルはいかなる場合においても当方に責任はないものと致します。
個人の責任において十分に気を付けてご使用して下さい。

shop info店舗情報

何かひとつ、あなたのお肌に残したい…【肌づくり.net】

(株)With Love
〒970-8033
福島県いわき市自自由ケ丘37-20
mail : sysoap@myad.jp