この作品は、車椅子の落語家林家かん平が体験する過酷なリハビリ生活や同居する母の介護、さらに仲間たちとの暖かいふれあいの中で、創作落語を作り、高座で演じるまでの日々を
一年に渡って撮影したものです。
その生き様を通して同じ障がいを持つ人はもちろんのこと、多くの人々に感動と生きる勇気を伝えたいというのが願いです。



林家かん平(本名:渋谷一男)略歴

1949年9月9日 長崎県高島町に生まれる
1955年4月 神奈川県厚木市に転居
1967年3月 高校卒業後、楽器会社、書店員などをしながら
寄席通いをする
1972年5月 七代目橘家圓蔵に入門。
前座名は橘家六蔵。
1977年 二ツ目昇進
1980年5月 橘家圓蔵死去。
林家三平の弟子になるが、同年9月死去。
林家こん平の弟子となる。
1985年6月 真打昇進試験に合格
1985年9月 真打披露、初代林家かん平を名乗る
1990年10月31日 脳溢血で倒れる
1991年9月 「林家三平追善興行」にて高座に復帰
1993年 3年の「闘病入院生活」を終え
母と暮らすようになる
1994年5月 学生時代の仲間が
「林家かん平を励ます会」を開催。
以後「林間楽語会」と名を変え今日まで続く
2015年12月 第42回「林間楽語会」開催


  涙の数だけ笑おうよ 公式サイトはこちら

  
日時:7月23日  PM2:00〜
場所:所沢聖書教会
住 所: 〒359-1127 埼玉県所沢市星の宮2−1−22
          西武池袋線 所沢駅より 徒歩15分
           〃   西所沢駅より 徒歩10分
 日本語字幕あり     入場無料
(但し、来場者の自由献金にて映画上映料を支払います。)

どなたでもご自由にお入りください。

お問い合わせ:04−2924−2918(TEL/FAX共通) 


受付での筆談対応
車椅子での入場可
FAX・メールでの対応可
(自由席)座席の事前確保可能
駐車場 あり
アフタートーク・会場アナウンス等、パソコン要約筆記がつきます。