朝鮮総督府統治期のハンセン病療養所の子どもたち(覚書き)

 

                                                    

 

一、小鹿島慈恵医院・小鹿島更生園の子ども

 

  資料(一)『昭和四年度小鹿島慈恵医院概況』朝鮮総督府(原文はカタ仮名、以下同じ)

              19309.?)

「五、教

  前記の通患者の多数は無教育者なるを以て是等に対し智徳涵養の目的を以て患者中学識ある者を撰ひて南北両舎共に普通学校教科書を授けしめ居れるか次第に文字を解する者多きを加へつつあるは誠に喜はしき現象にして目下其の生徒数百八十七名を算するに至れり今現在患者の教育別を挙げくれは左の如し。

         

 

 

 

         

 

 

 

           

137

 50

 

 187

 

高等普通学校学科程度の者

  6

 

   6

多少文字を解する者

310

 

 93

  403

  3

 

   3

普通学校学科程度の者

 88 

 32

  120

  1

 

   1

 15

 

   15

           

560

 

175

  735

 

  現在入院癩患者の年齢表(昭和四年=1929年・十二月末調)

 年齢別

5〜10

1115

1620

2125

2630

3135

 

  

     6

    23

    77

   154

   154

   119

3640

4145

4650

5155

5660

6165

6670

   

   110

    39

    22

    13

    10

     7

     1

    735

 

資料(二)『昭和六年小鹿島慈恵医院年報』朝鮮総督府1932.9.1発行)

「五、教

  前記の通患者の多数は無教育者なるを以て是等に対し智徳涵養の目的を以て患者中学識ある者を撰ひて南北両舎共に普通学校教科書を授けしめ居れるか次第に文字を解する者多きを加へつつあるは誠に喜はしき現象にして目下其の生徒数百九十三名を算するに至れり今現在患者の教育別を挙げくれは左の如し

         

 

 

 

         

 

 

 

           

111

 51

 

 162

 

  1

 

   1 

多少文字を解する者

330

 

 83

  413

専門学校中途退学者

  1

 

   1

普通学校学科程度の者

107 

 57

  164

 

 

 

 

 23

 

   23

           

573

 

191

  764

 

資料(三)『昭和十年年報』小鹿島更生園1936101

 

@ 「未感児童保育所」写真 ――木造平屋建て三棟。

 

A 「二、建物

    患者学校(一棟・九十九坪)、 附属家(一棟・十六坪)

    未感知児童室(一棟・四十坪)、 未感知室(一棟・五十七坪)

    未感知児童学校(一棟・三十七坪) 」。

 

B 「患者中幼少者の多数は無教育者なるを以て是等に対し智徳涵養の目的にて職員及患者中学識ある者を撰びて講師とし学園に於て普通学校の教科書に依り其の教科を授けつつあるが次第に国語竝に文字を解する者多きを加へつつあるは誠に喜ばしき現象にして目下其の生徒数二百八十八名を算するに至れり而して現に収容患者中青年にして克く園則を守り中堅人物として他患者の範となり居れるは学園出身者に多きを以て一層之が充実に努めつつあり今現在の教育程度別を挙ぐれば左の如し。

      

 

 

 

       

 

 

 

     

 688

 420

1108

中等学校中途退学者

   9

 

   9

多少文字(諺文)を解するもの

1484

 449

1933

中等学校卒業者

 

 

 

多少文字(国語)を解するもの

 185

  23

 208

専門学校中途退学者

   1

 

   1

普通学校中途退学者

 144

  20

 164

専門学校卒業者

 

 

 

普通学校卒業者

  78

   1

  79

       

2589

913

 

3502

 

C 「未感児童保育所の新築 ――

癩患者中には未た癩に感染せざる子女を携帯せる者相当多数ありて之が分離保育は人道上よりするも将又癩の根絶を期する上に於ても最も必要なるに依り近々之れが分離保育の行はるるに至るべきを慮り既定の癩療養所拡張工事以外に新に昭和十年度に於て未感児童保育所を新築することとし経費二万四千円を以て島内病舎地帯と健康地帯の中間に一区画を

設け昭和十年五月工を起し同年八月竣工したり」。

 

D 現在収容(癩)患者年齢別表(昭和十年=1935年・十二月末調)  収容患者数3733

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 

    

    

 

    

    

 14

    20

    12

 

    

    

 

    

    

 15

    19

    13

 

    

    

 10

    

    

215

    97

    59

 

    

    

 11

    12

    

16~35

  1650

   711

 

    

    

 12

    10

    

36~72

   977

   239

 

    

    

 13

    19

    

 

  2724

  1009

 

資料(四)『昭和十一年年報』小鹿島更生園1937.8.1発行)

 

@ 「未感児童保育所」写真 保育所の建物の前で、十数人の児童と一人の大人が写る。

(『写真で見る小鹿島80年  1916年〜1996』国立小鹿島病院・1996年より)。

「感染していない入園者の子女を保育するために病舎地帯と職員地帯の中間に建てられた保育所は、親から子どもを引き離して癩を根絶することはもとより、女性を強制労働に動員するにも有利であった」。

 

A 「未感児童の収容及保育 ――

  収容患者の子弟或は新に収容せる者の中には未だ癩症状現れざる未感児童ありて之を既発患者と同一に扱ふは洵に憫諒すべきのみならず人道上よりするも看過し難き事項にして之等児童の分離養育は最も急務にぞくするを以て有毒地帯及健康地帯の中間に一区画を設け収容、保育設備の完成を見たるを以て昭和十一年度に於て十四歳以下四歳以上の児童二十五名(男一二、女一三)を収容せり」。

 

B 現在の教育程度別を挙ぐれば左の如し。

      

 

 

 

       

 

 

 

     

 570

 432

1002

中等学校中途退学者

   7

 

   7

多少文字(諺文)を解するもの

1492

 597

2079

中等学校卒業者

   1

 

   1

多少文字(国語)を解するもの

 430

  69

 499

専門学校中途退学者

   1

 

   1

普通学校中途退学者

 142

  22

 164

専門学校卒業者

 

 

 

普通学校卒業者

  84

   1

  85

       

2727

1111

3838

 

D 現在収容患者年齢別表(昭和十一年=1936年・十二月末調)  収容患者数3838

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

    

    

 11

    12

     12

4歳以下

    34

    44

  6

    

    

 12

    12

    

未感児童

    12

    13

  7

    

    

 13

    15

    

付添

     2

     2

  8

    

    

 14

    28

     15

16~35

  1538

   709

  9

    0

    

 15

    25

     17

36~84

  1013

   247

 10

    

    

 5~15

   128

     96

  

  2727

  1111

 

E 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十一年=1936年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

     

    

    

 

    

    

    

 

    

     13

    20

  10

    

    

    

 

     14

     17

    31

  11

    

    

    

 

     11

     14

    25

  12

    

    

    

 

    

    

    

  13

    

    

    

 

    

    

    

  14

    

    

    

 

    

    

    

  

    46

     57

    103

 

    

    

    

 

資料(五)・宮川量(長島愛生園書記)小鹿島更生園訪問記1936年7月のメモ)

 

「昭和十一年七月はじめ、小鹿島上陸。

慈恵丸、鹿洞 ―小鹿島間を往復、有料船、船賃片道金五銭也。官舎住民その他渡航者より徴収する船賃は官舎の子供の小学校の費用に当てる。(中略)

        少年少女について

一、少年舎……少年舎はある。少年の全部ではないが、十名は入つてゐる。患者がそれのお父さんとなり、キリスト教主義にて、寄宿舎といふよりも、良い意味の修道院の様だといふ。お父さんが先にたって便所掃除もやる。庭などきれいに手入れされてゐた。

二、少女……少女舎はない。親につれられたり、他の大人にまぢつて住んでゐる。

三、普通教育……更生園に籍を置いてゐる者、男子・女子250名。

        毎日出席する者、約二百名。

    教師、七名。六名……入園者、……体操とか手工などなく、必スウ科目のみ教へる。

                一名    矢田牧師……修身のみ教へる。

四、日曜学校……毎日曜日に殆ど全少年少女がこれに出席する。

五、少年少女は割合に性質がよく、困る様な者はないといふ事である。

 

      未感児童について

(七月三日現在)男子八名、女子四名、いづれも七歳より十三、四歳までの学童のみ。

乳幼児のうちにどれだけの未感児があるかよくわかららぬ。

中を歩くと母に或は父に抱かれた赤ん坊や、我等をとりまいて集つて来る幼児は相当にあつた。保母がないのと手がかゝるので、収容してゐないといふ事であつた。

職員  男の先生一人……子供がねれば官舎にかへる。

      女の先生一人……以前京城の小学校教師であつた人。現在刑務所の布教師である僧

                      侶の妻。勿論通勤。(おしろいをマンダラにつけてゐた)。

      他に鮮人の炊夫一人。健康になつたといはれる患者一人、此の人が保育所にねる。

          どんな人か見ることが出来なたつた。

          附記

            大きい子供の家はオンドル。乳幼児の家はスチームが通つてゐる。

   保育所はあたかも患者区域の中にある如し。小高い丘の上ではあるが、すぐ下には患

者がいるし、上のレンガ工場では患者も働らく。

彼等子供にたつたこれだけの塀の中の天地では余り(にも)可愛相だ。

   職員は二人共一所懸命に蚊帳を張つたりしてゐたし、子供の面倒もよく見るようであつた。唯困つたことには子供は両親の感化にて(中から来た子供ばかり)いづれもクリスチャンだが、先生は僧侶の妻等。子供が終始うたう唄も一緒にうたつてやることが出来ない。子供は内地語がろくに語れない。又よく聞けない。二人の職員もよく鮮語がワカラない。これが眼についたこと感じたことだ。

それでも、子供は此の先生方から教へられた「空も港も夜は晴れて」とか「雀の子」とかの歌をうたつた。

   愛生園の子供らの絵でも送つてあげたら、よろこぶだろふ。彼らはお習字が上手だか

    ら、お習字と交換したらどうかと思つた」。

 

資料(六)・『昭和十二年年報』小鹿島更生園1938.7.30発行)

 

@ 「未感児童の収容及保育 ――

……有毒地帯及健康地帯の中間に一区画を設け収容、保育設備の完成を見たるを以て昭和十一年度に於て収容したり而して昭和十二年末現在十四歳以下四歳以上の児童三十四名(男一六、女一八)なり」。

 

A 「教 ――

  ……目下其の生徒数三六四名を算するに至れり、而して現に収容患者中青年にして克く園則を守り中堅人物として他患者の模範となり居れるは学園出身者に多きを以て一層之が充実に努めつゝあり、此の外患者の指導に便する為毎日余暇を割きて希望者に対し国語の教養に努めつゝあるが漸次希望者増加し相当の成績を収めつゝあり」。

 

B  現在収容患者年齢別表(昭和十二年=1937年・十二月末調)  収容患者数4783

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

    

    

 11

    12

     12

4歳以下

    37

    35

  6

    

    

 12

    17

     15

未感児童

    16

    18

  7

    

    

 13

    19

     12

 

    

    

  8

    

    

 14

    22

     16

16~35

  1927

   907

  9

    

    

 15

    31

     24

36~80

  1254

   347

 10

     10

    

 5~15

   133

    109

  

  3367

  1416

 

C 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十二年=1937年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

    

    

    

  10

    

    

    

 

    

    

    

  11

    

    

    

 

    

    

    

  12

    

    

    

 

    

    

    

    

     16

     18

     34

 

    

    

    

 

 

資料(七)『昭和十三年年報』小鹿島更生園・(19391020発行)

 

@ 「南朝鮮総督の来園(1938年8月15日午前中)――

 ……一行は視察順序に依りて小学校に赴き整列せる児童に対し「私を見よ」と謂はれ左記要旨の訓示を与へられたり。

  毎日皇国臣民の誓詞を斉唱して居らるゝことゝ思ふが立派な国民とならねばならぬ、立派な国民には次の五つが肝要だ。

一、学校では先生の教に従へ……立派な国民となるには毎日唱へて居る皇国臣民の誓詞を守ればよい、判ったものは手を挙げろ。……」。

 

A 「小鹿島公立小学校の状況 ――

大正六年小鹿島慈恵医院(現更生園の前身)開設当時より十数年間は島内に教育機関なかりし為医院職員は遠く他地方の小学校所在地に母姉と共に別居せしめ或は本籍地に送還して初等教育を受けしむる等精神的竝物質的に多大の苦痛を忍び来りたる状態にして島内に小学校の設立を痛感し之が設立に関し屡々協議する処ありしも諸種の事情にて現実の運びに至らざりしが昭和四年十月島内居住内地人を以て学校組合組織の議を決し翌五年三月朝鮮総督の許可を得て小鹿島学校組合を設立し小学校開設の認可を享くるや慈恵医院職員詰所一棟十五坪五合及敷地七十坪の官有財産無料使用の許可を得たるに依り之を仮校舎として同年六月六日小鹿島公立尋常小学校(単級制にして通学児童数二十三名)を開校せり亜いで校舎新築を計画し校舎敷地及運動場として慈恵医院敷地四百坪の官有地を借り受け昭和五年十二月二十日校舎の竣工と共に之に移転したり当時組合員戸数三十二戸通学児童二十四名に過ぎざりき。

其の後通学児童の数逐次増加し従来の単級制にては教授の完璧を期し難きに至りたるを以て同九年四月一日より二学級編成に改むると共に高等科を併置せり、次で同年八月二十四日小鹿島の対岸高興郡道陽面鳳岩里(通称鹿洞)一円を学校組合区域に編入し一面慈恵医院は同年十月より小鹿島更生園と改称せられ大拡張を行ふこととなりたる為校舎の位置は病舎地帯に編入せらるる結果島の東北端なる官舎地帯適地に新築すべく敷地として官有地三千百二十坪を借受けて起工し同十年三月五日煉瓦造瓦葺校舎及附属建物九十坪及教員宿舎三棟四十四坪六合五勺竣成すると同時に之に移転し同年四月一日より三学級編成に改めたり。

然るに島内には更生園の外刑務所、郵便局、癩予防協会事業部等各種の機関ありて之が職員約三百名あり其の内朝鮮人職員約半数を占め居りて其の子女中学齢に達する者相当多数に上るも島内は素より附近通学し得る範囲の地域内に於て之等朝鮮人子女の教育機関なきは朝鮮人父兄の最も苦悩とする処にして前記各機関に於ても職員に適当なる人物を得るに困難なる実情に鑑み道当局諒解の下に昭和十三年一月より普通学校に通学せる島内居住朝鮮人職員の子女を引取りて島内小学校に就学せしめたり是朝鮮に於ける初等学校内鮮共学の先駆とす、而して内鮮共学に関し最も憂慮せられるる朝鮮人子女の国語の不解に基く教授の困難を緩和し以て将来に備ふるを主たる目標とし併せて内鮮共学上の相互融和馴致を目的とする内鮮幼児保育機関を設け昭和十三年六月より試験的に実施したる処予期以上の成果を修め得たるを以て昭和十四年度より本格的に内鮮共学を実施しつつありて四月一日現在通学児童百四十名を算す、尚目下施行中の更生園収容患者一千名増員に依るの第三期拡張工事完成と共に職員約五十名増員せらるる予定なるに従ひ通学児童数も亦相当激増すべき趨勢にあるを以て十四年度に於て一学級を増設し四学級編成と為せり、而して之等児童数の増加に伴ひ校舎の設備を必要とするを以て工費一万二千二百二十円を以て二十坪教室四、教員室増築一、標本室一、計百二十坪の増築を行ふこととし目下工事中にあり」。

 

B 「教 ――

患者中幼少者の多数は無教育なるを以て智徳涵養の目的にて職員及患者中学識ある者を撰びて講師とし学園に於て普通学校の教科書に依り其の教科を授けつつあるが漸次国語竝文字を解する者多きを加へ来れるは誠に喜ばしき現象にして目下其の生徒数約四百名を算するに至れり……」。

 

C 現在収容患者年齢別表(昭和十三年=1938年・十二月末調)  収容患者数5023

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

    

     

 11

    20

    

4歳以下

    28

    36

  6

    

    10

 12

   

    

未感児童

    16

    18

  7

    

    

 13

    16

     14

 

    

    

  8

    

    11

 14

    34

     10

16~35

  1941

   966

  9

    

    13 

 15

    25

     12

36~80

  1396

   375

 10

    

    

 5~15

   142

    105

  

  3523

  1500

 

D 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十三年=1938年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

    

    

    

  11

    

    

    

 

    

    

    

  12

    

    

    

 

    

    

    

  13

    

    

    

 

    

    

    

    

     16

     18

     34

  10

    

    

    

 

 

資料(八)『昭和十四年年報』小鹿島更生園1940825発行)

 

@ 「未感児童の収容及保育 ――

  ……昭和十四年末現在十四歳未満七歳以上の児童三十三名(男十六名、女十七名)なり」。

 

A 「教 ――

  ……職員及患者中学識ある者を撰びて講師とし学園に於て普通学校の教科書に依り其の教科を授けつつあるが漸次国語竝文字を解する者多きを加へ来れるは誠に喜ばしき現象にして目下其の生徒数約四六〇名を算するに至れり……」。

 

B「小鹿島公立小学校の状況 ――

  ……内鮮共学に関し最も憂慮せられるる朝鮮人子女の国語の不解に基く教授の困難を緩和し以て将来に備ふるを主たる目標とし併せて内鮮共学上の相互融和馴致を目的とする内鮮幼児保育機関を設け昭和十三年六月より試験的に実施したる処予期以上の成果を修め得たるを以て昭和十四年度より本格的に内鮮共学を実施しつつあり殊に十四年十一月更生園収容患者一千二百名増員に依る第三期拡張工事完成と共に職員多数増員せらるるに伴ひ通学児童数も亦相当激増すべき趨勢にあるを以て十四年度に於て一学級を増設し四学級編成と為せり、而して之等児童数の増加に伴ひ校舎の設備を必要とするを以て工費一万二千二百二十円を以て二十坪教室四、教員室増築一、標本室一、計百二十坪の増築を行ひ昭和十五年四月一日現在通学児童百四十五名、幼稚園児四十四名を算するに至れり」。

 

C 「(第一期工事)未感児童保育所の新築 ――

癩患者中には未だ癩に感染せざる子女を携帯せる者相当多数ありて之等の患者を収容するときは未感染児童は其の扶養者を失ふを以て之が保護救済は人道上よりするも将又癩の根絶を期する上に於ても最も必要なるに依り近き将来に於て之が分離保育の行はるるに至るべきを念ひ既定の癩療養所新営設備計画外に新に昭和十年度に於て未感児童保育所を新築することとし経費二万四千円を計上し小鹿島内病舎地帯と健康地帯の中間に一区画として五月起工し煉瓦造瓦葺の嬰児室、児童室、学習室、倉庫及木造瓦葺の浴室を新営し昭和十年八月竣工せり」。 

 

D 「第三期工事 ――

  ……旧校舎移転・一棟・二七坪、小学校増築・一棟・一二六坪、同廊下・一棟・一一坪、  

  運動場地盛・一〇〇〇坪」。

 

E 現在収容患者年齢別表(昭和十四年=1939年・十二月末調)  収容患者数5975

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

     14

    

 11

    26

    

4歳以下

    46

    41

  6

     12

    15

 12

    27

     13

未感児童

    16

    17

  7

     12

    17

 13

    23

     10

 

    

    

  8

     10

    13

 14

    38

     18

16~35

  2265

  1105

  9

     13

    12 

 15

    47

     17

36~80

  1601

   505

 10

     11

    14

 5~15

   233

    146

  

  4161

  1814

 

F 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十四年=1939年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

    

    

    

  12

    

    

    

 

    

    

    

  13

    

    

    

 

    

    

    

  14

    

    

    

  10

    

    

    

    

     16

     17

     33

  11

    

    

    

 

資料(九)『昭和十五年年報』小鹿島更生園1941.4.25発行)

 

@ 「建物 ――患者学校・一棟・一一九坪、附属家・一棟・一六坪」。

 

A 「教育 ――患者中幼少年者は……目下其の生徒数三二〇名を算するに至れり、而して現に収容患者中青年にして克く園則を守り中堅人物として他患者の模範となり居れるは学園出身者に多きを以て一層之が充実に努めつゝあり、此の外患者の指導に便する為毎日余暇を割きて希望者に対し国語の教養に努めつゝあるが漸次希望者増加し相当の成績を収めつゝあり」。

 

B 「未感児童の収容及保育 ――

  ……昭和十一年以降に於て之を実施し居れるが昭和十五年末現在十五歳未満七歳以上の児童三十名(男十四名、女十六名)なり」。

 

C 「小鹿島公立小学校の状況 ――

  ……昭和十五年末現在通学児童百四十二名を算するに至りしを以て従来の四学級編成にては教授の万全を期し難きに付昭和十六年度より更に一学級を増加し五学級編成となすべく計画中に在り。

尚前述昭和十三年六月より試験的に実施したる内鮮幼児保育機関の成績良好なるに鑑み昭和十五年六月二十日当局の認可を得て小学校附設の正式幼稚園として経営しつゝありて昭和十六年三月を以て三十九名の第一回保育終了者を出すに至れり」。

 

 D 現在収容患者年齢別表(昭和十五年=1940年・十二月末調)  収容患者数6136

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

     18

     9

 11

    19

     10

4歳以下

    26

    31

  6

     11

    19

 12

    17

     11

未感児童

    14

    16

  7

      9

    19

 13

    20

     11

 

    

    

  8

      8

    10

 14

    29

     19

16~35

  2299

  1151

  9

     13

    12 

 15

    34

     23

36~83

  1684

   569

 10

     10

    15

 5~15

   188

    158

  

  4211

  1925

 

E 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十五年=1940年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

    

    

    

  12

    

    

    

 

    

    

    

  13

     

    

    

 

    

    

    

  14

    

    

    

  10

    

    

    

  15

    

    

    

  11

    

    

    

  

    14

    16

    30

 

 

資料(十)『昭和十六年年報』小鹿島更生園1942425発行)

 

@ 「小鹿島更生園創立二十五周年記念式に於て表彰されしもの

  ……患者学園教師として多年児童の教養に努め其功労大なるもの

                                                            」。

 

A 「教育 ―― 目下其の生徒数三二〇名を算するに至れり」。

B「未感児童の収容及保育 ――

  ……昭和十一年以降に於て之を実施し居れるが昭和十六年末現在十六歳未満九歳以上の児童二十六名(男一三名、女一三名)なり」。

 

C 現在収容患者年齢別表(昭和十六年=1941年・十二月末調)  収容患者数5969

 年齢

 

 

 年齢

 

 

 年齢

 

 

  5

     17

     9

 11

    17

      9

4歳以下

    19

    26

  6

      9

    18

 12

    13

     13

未感児童

    13

    13

  7

      9

    19

 13

    16

     14

 

    

    

  8

      8

    11

 14

    26

     17

16~35

  2264

  1155

  9

     10

    12 

 15

    42

     31

36~81

  1528

   603

 10

     13

    16

 5~15

   180

    169

  

  4004

  1965

 

D 現在未感児童の年齢及性別表(昭和十六年=1941年・十二月末調)

 

  

  

  

 

  

  

  

 

    

    

    

  14

    

    

    

  10

    

    

    

  15

    

    

    

  11

    

    

    

  16

    

    

    

  12

    

    

    

 

 

 

 

  13

    

    

    

  

    13

    13

    26

 

 

資料(十一)『文化朝鮮・第四巻第三号』特輯小鹿島更生園1942510発行)

 

@ 「更生園の生態」中川浩三 より

  「…… 職員は、園長初め事務官二名、医官八名、薬剤官、医官補、薬剤手、看護婦、書記、看護長、看護手、巡視、自動車運転手、木工、船夫等々々三百幾名といふ多数と、

  患者総数    五、九二五名

  内訳          三、九六五名           一、九六〇名

                      四〇名

              不自由  一九九八名

                  三八六一名

              未感児      二六名

の数字を見せてゐる」。            

 

A 「小鹿島更生園訪問記」相馬美知 より

  「……(A)東海岸の松並木に近い谷に、広い運動場をもつた島の国民学校がある。更生園職員の児童が百五十名余りゐて先生が五名だといふ。

 B)この治療本館と中央病舎とを出て、未感児童収容所を訪う。未感児!、たとへ肉親

とはいへ既発患者と同一に取扱ふことの憐憫と非人道性から、この更生園では分離して保育してゐる。かうした処にも、小鹿島更生園の人道的価値の高さが存在するのであつて、僕は頭を垂れずにゐられなかつた。その収容所のすぐ東手に、周防園長の銅像がある。

 C)それから患者三千人を入れることの出来る中央公会堂を見て癩児の学園を見る。教師は早稲田大学を出たやはり癩者であるが、全く感謝に暮し、児童達に皇国に生を享くるものゝ幸福を説いてゐた」。           

 

B「更生園現地座談会(更生園倶楽部に於いて)」より

 記者  癩は一般社会ではこれまで遺伝のやうに思はれてゐましたが、今では伝染と決定したのですね。

  市原技手  伝染です。幼児に伝染しやすいのです。発病は大体十五歳から二十歳までが多いのですが、中には七歳位で発病するのもあります。

  記者  胎盤伝染はしませんか。

  市原技手  鼠癩ではある程度あるからといつて、人体の場合も同様だとはいはれません。

  竹内医官  こゝでは七歳が一番下で、もう結節を見せてゐます。

  市原技手  ……菌がゐて病状が進行する以上明らかに伝染です。かゝり易い体質といふことは認められはしますが。

  記者  生れ出る新しい生命は、分離すれば大丈夫なのですか?

  市原技手  すぐ分離すれば救へます。こゝの未感児童は五歳か六歳かまでは父母と一緒にゐたのを未感児として分離してゐるのですが、中間的存在ですね。……大人はさうかゝるものではありません」。

 

資料(十二)『各年・年報』小鹿島慈恵医院・更生園(193141年版)

 

現在収容患者入園前の職業別表(各年12月末調べ)の内「普通学校(小学校)児童」数

   

 1931

 1934

 1935

 1936

 1937

 1938

 1939

 1940

 1941

 

   11

   53

   74

   84

   86

   89

   96

  136

  147

 

    5

    1

    5

    5

    6

    6

    9

   13

   24

  

   16

   54

   79

   89

   92

   95

  105

  149

  171

患者数

  764

 2196

 3733

 3838

 4783

 5025

 5976

 6136

 5969

  

  21

  25

  21

  23

  19

  19

  18

  24

  29

 

       

                                                                        1999.6.26.脱稿)