ホシナマコ1(煮る)

ホシナマコ2(干す)

ホシナマコ3(戻す)

ナマコ料理

トップ

フジコ(キンコ)



干しナマコ2(乾燥)

乾燥

注意!

このシリーズのナマコページは一般の方向けです。

このページを利用して安易に商売としてホシナマコ製造を始めないでください。

というのは、商売として成り立つ製品までもっていくためには、
ここで紹介できない重要テクニックがあるからです。

単純にご家庭で楽しむ分にはここに書かれているものでじゅうぶんです。

完成品を参考に、どんなものがいいとされているかお分かりになってくだされば良いと考えております。
まがい物を高い値段で買わされたりしないためにも役立つはずです。

 

煮た後乾燥させます(2005.2.25)乾燥といっても、ただストーブのついた部屋に放置するだけです。

以前商売用に作った時は乾燥機にいれました。青森の今の気候では網籠にいれて表に吊るすだけでもいいです。

ただこれだと、記録をとるのを忘れてしまうので、部屋なのです。ある程度乾かしたらあまり暖かくないところに放置します。そうしないと、表面ばかり乾いて中の水分が抜けない為腐ってしまうのです。

赤ナマコ

青ナマコ

黒ナマコ

赤ナマコは丸い感じに煮あがります。

これはトゲなし青ナマコです。煮てもしまりがありません。トゲのないものがおおむねそうです。 グニャリです。再度煮ます。 赤と黒にもありましたので一緒に煮ました。

2.28 赤135g 煮た後が291gでしたから、歩留まり46%

同 青80g 同歩留まり38%

同 黒190g 同歩留まり52%

煮た後と、3日半経っての歩留まりが皆違います。不思議ですが、事実です。想像ですが、乾きやすさに固体差があるのでしょう。しかし最終歩留まりは生から3〜4%です。

3.1 赤111g

同 青64g

同 黒161g

段々に形が整ってきました。黒ナマコのトゲ立ちが目だってきています。

乾燥1週間後(2005.3.4 AM8:20)

赤 70g 青 40g 黒 100g

乾燥2週間後(2005.3.11 AM8:20)

赤 53g 青 32g 黒 73g

乾燥3週間(2005.3.17)

68gではなく52gでした。増えてるわけがないので、あわてて量り直しました。

生が1270gでしたので、歩留まりは4%です。

もうほとんど変わりません

生が690gでしたので、歩留まりは4.6%です。

こちらもそうです。と、いうことで乾燥はここまでにしておきます。思ったより早かったです。

生が1240gでしたので、歩留まりは5.7%です。じつは右のがもう少し乾かしたほうが良い感じなのです。ですから、もう少し減るでしょう。全体的に歩留まりはよいほうだと思います。

それぞれの写真

 

 

ホシナマコ1(煮る)

ホシナマコ2(干す)

ホシナマコ3(戻す)

ナマコ料理

トップ

中華料理に関してたいへん勉強になるサイトです。