真たら子の醤油漬け

この醤油漬けの作り方は、あくまでもうちのやり方です。実は青森人はこの料理が大好きで、各家庭それぞれのやり方を代々引き継いでおり、みんな自分のうちのが一番と思っております。とりあえず写真いり解説はうちのやり方で紹介いたしますが、そのほかのやり方も知っている限り書いてみます。

ダシ汁を作らず、酒と醤油だけ入れて、細く切ったするめで旨みをだすやり方も一般的です。

一番シンプルなのはただ醤油をいれるだけ、というものもあるようですが私はやったことがありません。

琵琶湖オオナマズさんの「珍魚を食べる部屋」に試食記があります

お問いあわせ

http://f26.aaa.livedoor.jp/~tingyo/tamukai_same/madarako.htm

体重8kgの♀鱈の子。今の時期(1月22日八戸ものは、20%ぐらいの歩留まりです。)大きいですね。うちではこの時期の子を使います。水子(完熟しすぎの子、流れる寸前の子)は醤油を吸わないので使いません。

包丁で軽く切れ目をいれます。

包丁の背を使って中身をとりだします。

皮と中身の卵

タッパーにあけます。

水道水をいれて洗います。うちではこうします、完成したときの見栄えがきれいだし、菌を減らす意味もあります。ただし卵の味がなくなるからと、洗わないで醤油と酒をいれて完成、というやり方もあります。
結構汚れがあるものです。特に刺し網ものだと、血の固まりやゴミがはいっています。

大きな筋やゴミは箸でとります.

ふきんで漉します

30分ぐらいおくと水が切れます。

こんな感じ

あわせるダシ醤油を作ります。

醤油300cc とありますが600ccです。あと塩も少々

あわせて煮ただし 漉して、さましてから 子にかけていきます
ひたひたぐらい。箸でかきまぜて皮とか邪魔なものをもう一度取り除きます。味をみて、ちょっとしょっぱいぐらいにします。あとで丁度よくなります。冷蔵庫にいれて味をなじませます。 余ったダシ汁はなんにでも使えます。 次の日味をみたら少し甘いので醤 油と塩を足しました。うちでは唐か らしをいれて食べるのが好きで   す。

TOP

鱈料理

じゃっぱ汁

真たらこ醤油漬け

鱈子あえ

鱈みそ焼き

鱈のおろし方