在留資格
本文へジャンプ  

 

  在留資格とは?  












 

 在留資格とは、外国人の方が日本で働いたり学校へ通ったり生活するために必要な、入管法上の法的資格です。この資格がないと、日本に滞在し活動することはできません。

 「技術・人文知識・国際業務」「技能」「興行」など就労可能なものから、「留学」「家庭滞在」など原則就労できないもの、「日本人の配偶者等」「定住者」といった活動に制限がないものなど、全部で28種類あります。
 持てる在留資格は一つだけで、例えば「留学」と「技能」の二つ持つ、ということはできません。(ただ、一部例外があります。)
 該当する活動を、その有効期間内のみ行なうことができます。
 毎年沢山の方々が来日されますが、その多くは観光客です。この場合には「短期滞在」という在留資格(いわゆる観光ビザ)が与えられています。
 28種類の在留資格の中でも、「永住者」など、ほとんど日本人と変わらないくらい自由に暮らせるものもあります。
 このように、様々な在留資格があります。

 これらの在留資格を新規に取得するのが
「在留資格認定証明書交付申請」で、今
持っている在留資格を変更する時は
「在留資格変更許可申請」、更新するときには
「在留期間更新許可申請」
、永住には「永住許可申請」などを行います。当事務所では、これら入管手続きのお手伝いをしています。


 <参考>
 → ビザと在留資格のちがい