在留資格
本文へジャンプ  

 

  在留資格認定証明書  在留資格の新規申請












 

 在留資格を新規に受けるには、「在留資格認定証明書」の交付申請をします。

 在留資格認定証明書とは、日本に入国しようとする外国人が、その入国目的が27種類の在留資格のどれかに該当することを、日本の法務大臣があらかじめ認定したことを証明する文書です。

 この申請は、行政書士や日本に住む親族、外国人を招こうとする会社の職員などが、外国にいる申請者本人に代わって、日本にある入国管理局に行ないます。

 在留資格認定証明書が交付されたら(1〜3ヶ月程かかります)、上記代理人はこれを海外の申請者の元に送付します。証明書を受け取った申請者は、これを自国の日本国大使館・領事館等に提示すれば、査証(ビザ)が発行され、日本上陸時にも同証明書を提示することによってスムーズに入国審査手続きが進み、そして日本で滞在できるようになります。



 この手続を弊所へご依頼の場合は、6〜10万円にて代行致します。