在留資格
本文へジャンプ  

 

  在留資格の変更  在留資格変更許可申請












 

 就職・転職・結婚などに伴い、現在持っている在留資格を変更したい時は、「在留資格変更許可申請」をします。例えば、在留資格「留学」の学生が「技術・人文知識・国際業務」に該当する職に就くことを希望している場合や、「技能」で働いていた人が結婚で「日本人の配偶者等」へ変更したい時などです。

 在留資格の変更は、在留期間内であれば、いつでも入国管理局へ申請できます。また本人に代わって、行政書士や、所属する会社・学校の職員などが代理申請することもできます。申請から許可が下りるまで、約1〜2ヶ月ほどかかります。

 入管へ納める印紙代が4千円かかります。
 弊所へご依頼の場合は、6〜10万円にて代行致します。
   
注 意
  • 在留資格「短期滞在」からの変更は原則的には認められません。