在留資格
本文へジャンプ  

 

  在留資格の更新 在留期間更新許可申請












 

 在留資格の期限を延長をしたい時には「在留期間更新許可申請」をします。この許可を受けると、現在の期間が満了した後、新たな期間、日本で暮らすことができるようになります。

 申請は、在留期限の到来する前に、居住地を管轄する入国管理局で行ないます。3ヶ月前から受け付けてもらえます。この手続きも、本人に代わり、代理申請が認められています。

 この申請は、新規や変更の申請に比べると、必要書類は少なくてすみます。
 審査期間も短く、早ければ2週間もかからず許可が下ります。

 ただ、転職や再婚など、在留の基礎に大きな変更を伴う場合は、認定証明書や変更の申請時と同じくらい、多くの書類を提出し、判断を仰ぐことになります。
 
 そのため弊所では、通常の更新申請では、2〜3万円程で行っていますが、転職や再婚の事案では、4〜6万円程頂いております。

 また、入管へ納める印紙代が4千円かかります。
  

注 意
  • 「短期滞在」では、病気で入院しているなど止むを得ない場合を除き、期間の更新は認められません。
  • 更新の申請をしても、問題がある場合などは、許可されないことがあります。例えば、留学生として一応在学はしていても実際にはほとんど欠席している場合や、「日本人の配偶者等」の資格なのに実際は別居している場合などです。