tengen title

沿革

明治35年(1902年) 教祖 難波壽一 岡山県に生れる(12月10日)
大正15年(1926年) 名古屋高等工業(現・名古屋工業大学)土木科卒業、大林組に入社
昭和5年(1930年) 神示により開教
昭和6年(1931年) 宗教結社設立のため神道大教に属し、名古屋市に神道大法教会設立
昭和6年、7年、10年と三度警察の弾圧を受ける
昭和10年(1935年) 神道大教から離脱 神道大法教会を閉鎖
昭和11年(1936年) 東京都品川区に天元教会を設置
昭和15年(1940年) 宗教結社「天元教会」として認証
昭和19年(1944年) 戦争中の強制立退きにより、現在の本庁所在地に教会事務所を設置
昭和23年(1948年) 宗教法人令により法人と認証
昭和27年(1952年) 宗教法人法により宗教法人「天元教」として設立登記(9月16日)
教祖 難波壽一が初代代表役員・管長に就任
宗教法人「天元教名古屋支部教会」(8月21日愛知県知事認証設立・登記)を包括
昭和58年(1983年) 代表役員・管長に難波利滿が就任(7月16日)
昭和59年(1984年) 教祖 難波壽一逝去(11月25日)
平成10年(1998年) 現在の天元教名古屋支部教会分教場を開設(5月)
 

沿革


南無忠孝妙法典
天元教機関紙
初めての方へ