tengen title

南無忠孝妙法典(なむちゅうこうみょうほうてん)

南無(なむ) 崇高な対象に対して「この上ない」願望を表す接頭語として用いられ、この場合「神様どうかこの上なく・・・して下さい」という意味を表します。
(ちゅう) 中心を意味します。しっかりした中心は、あらゆるものに安定感、信頼感、適切なバランスをもたらします。
(こう) 老いた者(親)を子が支えている姿です。協同精神や愛を意味し、他者との共生に必要不可欠です。
(みょう) 少女の姿を表し、真理や道理を意味します。真理や道理は力強さをもたらします。
(ほう) 法則です。人間社会の法律、人としての在り方(人道、道徳)、神の定めた大自然の法則があります。
(てん) お手本、模範を意味します。

従って「南無忠孝妙法典」とは、「神様どうか、この上もなく、何事においても我が身の中心がとれ、協同精神と愛に富み、真理や道理、法則にかなった、模範な人間になれますように」というお願いの言葉です。この唱題を唱えるには「忠孝妙法典」にかなった人になれるよう日々心掛けなければなりません。
 

南無忠孝妙法典


南無忠孝妙法典
天元教機関紙
初めての方へ