満月:12各月の呼び名

 満月、それは私たちを魅了する特別な存在である。夜空で最
もドラマティックな光景であり、数千年も前から詩人、芸術家
、そして恋人たちにとってのインスピレーションの源になって
いる。
 地球の衛星である月は毎月そのさまざまな位相を通過し、新
月から満月そして元の状態へという一定のサイクルの中で満ち
たり欠けたりしている。満月は約29.5日ごとに起こる。そのと
きに、月は地球を挟んで太陽のちょうど反対側に位置し、太陽
の光をその全面で反射して、きらきら輝く完全な円板のように
見えるようになる。
 人類は数千年も前から、月の動きを利用して過ぎゆく年の経
過を追い、狩猟、種まき、そして収穫のスケジュールを決めて
きた。古代に生きた世界中の人々が、その時々の植物、動物、または天候の動きを基にして満月に名前を付けて
きたのである。

1月:Wolf Moon(狼月)
 ネイティブアメリカンや中世のヨーロッパ人は、真冬の食糧不足を嘆く飢えた狼の遠吠えにちなんだ名前を1
月の満月に付けた。1月の満月は、Old Moon(古月)やIce Moon(氷月)などとも呼ばれる。
2月:Snow Moon(雪月)
 北アメリカの2月は寒さが厳しく雪が多いため、2月の満月にはSnow Moon(雪月)という名前が付いた。Stor
m Moon(嵐月)やHunger Moon(飢餓月)などもある。

3月:Worm Moon(芋虫月)
 ネイティブアメリカンは、冬の終わりを迎える3月の満月にWorm Moon(芋虫月)という名前を付けた。雪解
けの地面に見られるミミズのはった跡にちなんだ名前である。ほかには、Chaste Moon(純潔月)、Death Moon
(死月)、Crust Moon(堅雪月。日中に雪が溶け、雪解け水が夜に凍り付いて表面の固くなった雪を表してい
る)、そしてSap Moon(樹液月。カエデの樹液採取にちなんだ名前)などがある。

4月:Pink Moon(桃色月)
 北部のネイティブアメリカンは、開花の早い野花にちなんで4月の満月をPink Moon(桃色月)と呼んでいる
。ほかの文化では、Sprouting Grass Moon(萌芽月)、Egg Moon(卵月)、そしてFish Moon(魚月)と呼ばれ
ている。

5月:Flower Moon(花月)
 多くの花が咲く5月の満月は、多くの文化でFlower Moon(花月)と呼ばれている。ほかには、Hare Moon(
野ウサギ月)、Corn Planting Moon(トウモロコシの種蒔き月)、そしてMilk Moon(ミルク月)という名前
がある。

6月:Strawberry Moon(苺月)
 北米では6月にイチゴの収穫が行われるため、それにちなんだ名前が6月の満月に付けられた。ヨーロッパで
はRose Moon(薔薇月)という別名が付けられ、ほかの文化では夏の暑さの始まりを意味するHot Moon(暑気月
)と呼ばれている。

7月:Buck Moon(男鹿月)
 毎年ツノが生え替わるオスのシカは、7月にツノを再生し始める。ネイティブアメリカンは7月の満月にオス
のシカにちなんだ名前を付けた。ほかには、Thunder Moon(雷月。この月に夏の嵐が多発するため)、そして
Hay Moon(干し草月。7月に干し草の収穫があるため)という名前がある。

8月:Sturgeon Moon(チョウザメ月)
 チョウザメの豊漁にちなんで、北米の漁民は8月の満月をSturgeon Moon(チョウザメ月)と呼んだ。また、
Green Corn Moon(青トウモロコシ月)、Grain Moon(穀物月)、あるいはRed Moon(赤月。夏のもやで赤みを
帯びることがよくあるため)という呼び方もある。

9月:Harvest Moon(収穫月)
 最も馴染み深い名前の満月である9月のHarvest Moon(収穫月)は、作物を収穫する秋分後の時期を表してい
る。また、夜間の収穫を助けてくれる9月の満月の特別な明るさや、月の出が早いことも表している。ほかには
、Corn Moon(トウモロコシ月)やBarley Moon(大麦月)という名前もある。

10月:Hunter's Moon(狩猟月)
 Harvest Moon(収穫月)の後の最初の月はHunter's Moon(狩猟月)である。夏の間に太ったシカやキツネを
狩るのに適した月であるため、このように名付けられた。Harvest Moon(収穫月)と同様にHunter's Moon(狩
猟月)も特別に明るく、照らす時間も長い。狩猟者は、夜でも草木の枯れた原野で隠れることのできない獲物
を追跡することができる。ほかには、Travel Moon(移動月)やDying Grass Moon(枯れ草月)という名前もあ
る。

11月:Beaver Moon(ビーバー月)
 11月のBeaver Moon(ビーバー月)という名前の起源については意見が分かれている。ネイティブアメリカン
がビーバーを捕らえるわなを仕掛ける時期からきているという人もいれば、ビーバーが冬のダム造り(巣作り
の一種)にかかり切りになるからだという人もいる。Frost Moon(霜月)という名前もある。

12月:Cold Moon(寒月)
 冬が到来する12月の満月には、Cold Moon(寒月)という名前が付けられた。ほかには、Long Night Moon(
長夜月)やOak Moon(オーク月)という名前がある。

Blue Moon(ブルームーン)
 毎年、月は地球が公転を完了する約11日前に最後の満ち欠けのサイクルを終了する。そのような余りの日が
積み重なった結果、およそ2年半に1度という間隔で満月が1回余計に起こることがある。 ブルームーンとは、
そのような満月のことを言う。

 起源ははっきりしないが、その意味するところは時とともに変化している。ブルームーンは現在、暦月の2回
目の満月を表す慣用句として使われているが、もともとは満月が4回起こる季節の3回目の満月に付けられた名
前だった。