マヨネ〜S'とは





1999年、名古屋市千種区の覚王山で行われるクラフトマン中心のフリーマーケット「覚王山祭り」に出店しようと4人の飲み友達で構成されたユニット。
現在ではメンバーも19人に増え、個々の活動内容も多角化。
フリーマーケットだけでは飽き足らず、企画展示会参加、イベント協力、コンテスト出品、商品開発、デザイン請負、作品貸出、個人サイトの運営、オリジナル写真集の製作、個展・グループ展開催・・・・等など。
個性的なメンバーそれぞれが活動を多岐に広げているおかげで、いつの間にかマヨネ〜S'が作家集団として認知されるようになった。




マヨネ〜S'のメンバー、通称「マヨメン」

描人
猪子剛史

絵、ときどきクラフト
人の素顔を引き出し、人間味を面白おかしく浮き彫りにする作品。
それは彼の卓越なる人間観察眼の賜物である。
イベントではお客さんの似顔絵をものの数分で描き上げてしまう。
平面作品だけにとどまらず、そのセンスは立体表現でもいかんなく発揮。
マヨネ〜S'の永久仮リーダー。
写楽人
まつやまみどり(真都山みどり)

Photograph & Music
写真をやるときの名前=まつやまみどり
音楽をやるときの名前=真都山みどり
撮って喋って歌うミュージシャン。
音楽も写真も日々是精進。
感動無くして人生無し。
No feeling, No life.
マヨネ〜S'の渉外担当。
絵人
水谷和義

似顔絵ほか
手描き中心ながらCGも駆使する絵仕事請負人。
作風はSF系、ファンタジー系、ポップ系と多種多様。
広告イラストや、紙芝居の制作なども手がけている。
イベントでは似顔絵を担当する他、オリジナルポストカードも販売。
手先の器用さは抜群で、新境地「折り紙建築」では一枚の紙から半立体の世界を築き上げる。
マヨネ〜S'の書記長。
X人
m.f.f.k.(produkt1300)

ノンジャンル
牛乳パックを再生紙に生まれ変わらせて幻想的なオブジェを作ったと思ったら、今度は綺麗な風景の写真を撮る。
はたまた、アクリル絵の具を使ったイラストレーションに革と鉄鋲で額装する。
一品出展の企画展で出展するたびに様々な「顔」を見せる。
彼は何をするかわからない。
マヨネ〜S'の御意見番。
撮人
kamu

写真
何気なく過ごしていれば目にも止まらない、気が付かない、そんな風景から彼女は物語を「切り撮る」。
写真をレイアウトしたオリジナルの雑貨品やアクセサリーなど、アイデアいっぱいの商品展開も豊富。
特に女性からは絶大な支持を受ける。
「一人で店出すの寂しいから」という理由でマヨネ〜S'に参加。
マヨネ〜S'の特別機動隊。
線人
Saori

イラスト
言葉で表せないから、描く。
彼女が内包する喜び、悲しみ、痛み、哀れみ・・・・・
思いを込めた一本一本の線の積み重ねはやがて形となり、キャンバスの中でリズミカルに踊る。
じっくり眺めれば、何か見えてくるはず。
マヨネ〜S'の庶務二課。
色奏人
七岡 美紀(Marble Miki Project.)

絵・カラーセラピー
イラストレーター「マーブルみき」と言えば、ちょっと知られた存在。
手描きのイラストや、手描きのイラストにMacで彩色を施した作品など...
彼女にしか描けない個性の強いキャラクターが生まれる。
描かれるキャラクターはそれぞれに人格を持つ、そのスタイルは崩さない。
イラストの他、音楽、カラーセラピー、ショップ経営など多方面で活躍。
マヨネ〜S'の出版部。
透人
ゆき

硝子
表現手段として、無限の可能性を秘めるガラスという素材に彼女は魅せられた。
主なモチーフは人体、生物、自然。
無機質なガラス達に命を文字通り「吹き込む」。
生命を得た硝子たちは、置かれた空間そのものを彼女の作品に変えてしまう。
マヨネ〜S'の保母さん。
呑人
小貝弘貴

小説
おおらかでやさしい文体ながら、どことなくシュールな短編小説。
時には世相を思い切り斜めから切り捨てる。
読み手を吹き出させる絶妙な「オチ」を思いついたとき、小貝は焼酎片手にニヤリと微笑む。
マヨネ〜S'のアミューズメント部門。
巧人
Chiquita

CGイラスト・小物造形
Macを駆使して描くイラストは真面目に描いても、おちゃらけて描いても、唸るほど
精巧である。
プロのイラストレーターとして腕を振るう傍ら小物雑貨も制作、手を使った創作活動も精力的。
2007年にはテディベア インストラクターの資格を 取得。
とにかく思いついたら形にしないと気が済まない。
マヨネ〜S'の筆頭秘書。
髪人
中村茂典

リサイクルウィッグアート
この世に生を受けながら、美容師の情熱のトレーニングの果てに葬り去られるウィッグがある。
美容師としても活躍している中村は、廃棄されるウィッグをアートに昇華させた。
再び命を授け、その輝きをあまたに知らしめる。
マヨネ〜S'の酋長。
草人
kajumir

ヘナアート
グラフィックデザインのオーソリティー。
特異なのは、その技術力をベースにしたさまざまな出力形態。
ある時はインドの伝統的なボディペインティング、ヘナタトゥ。
ある時はスイーツモチーフのオーナメント。
充実した基礎の上に立つ応用力は無限大。
マヨネ〜S'の祈祷師。
銀人
長谷川昌之

彫金
シルバーアクセサリーがメインの彫金家。
在り来たりな売れ筋を作ることはプライドが許さない。
今までに誰も作ったことがないモノ、そのために彼は今日も工房に籠もる。
特異な発想で受賞暦も多数。
マヨネ〜S'科学技術班。
想人
牧野淳子

イラスト
見てくれる人が気持ち良くなるものを作りたい。
その一心で彼女は絵を描く。
イメージ画だけでなく、具象画や漫画チックなイラストも得意。
想いは観る人に伝わるだろう。
マヨネ〜S'の秘密キャラ。
点人
みさき

点描画
一つ一つは強い意志をもった小さな点。
その集合体は淡く包容力のある絵になる。
黙々と点々を打つことで表わされる質感・陰影。
点描画家みさきにしか表現できない世界がそこにはある。
マヨネ〜S'のチーママ。
脚人
くうきびと

写真
北海道から沖縄まで、海抜0mから標高3,000m超まで。
何日も歩かなければ到達できない場所。
何時間も待たなければ出会えない瞬間。
くうきびとの「脚で撮る」写真。
マヨネ〜S'探検隊。
華人
横井千佳

園芸
「ギャザリング」はフラワーアレンジのような寄植え。
「ルーティーブーケ」は生きている花束。
手を変え品を変え、花の魅力を最大限に引き出す園芸アーティスト。
アナタにステキをお届けします。
マヨネ〜S'の寮母さん。
円人
ままるよしこ

陶芸
オリジナルデザインの「まうる玉」。
陶芸の基本を押さえながらも、その上にままる流の表現を一つ乗せる。
何と言っても、彼女の作品はその表情がウリ。
webデザインや絵本製作など陶芸以外の活動でも多才ぶりを発揮。
マヨネ〜S'のおやつ係。
瞳人
めいく・らて

樹脂造形
自由奔放に創作を続けるめいく・らて2号。
アドバイスをしながら献身的に支えるめいく・らて1号。
そんな2人のユニットが作り出す目玉モチーフのアクセサリーの数々。
「え!何コレ?」から始まって、次第にハマる人続出。
マヨネ〜S'のフネさんとサザエさん。
鉄人
屑鉄工房

鉄工細工
鉄工所の兄ちゃんが、自らの工場で出たスクラップを使って造形。
バイクや恐竜のオブジェ、ドラゴン、ボルトマン。
骨のない動物の骨を創造したり、昆虫にエンジンを載せたり。
廃材利用の造形だけでは飽き足らず、店舗の看板や内装・外装、企業の商品開発も手掛ける。
マヨネ〜S'の広報係。



みどりの音楽日和
Midori's Music Life

I see, I feel and I FEEL...

Marble Eyes

Marble Miki project

色奏空間

Mid ART

BLOND&PINK

Silver Knight

屑鉄工房