徳富大学の沿革

■建学の精神

断固たる決意と行動力と、少しの上昇志向

■所在地

北海道新十津川群新十津川町幌加周辺

■開校

2002年7月

■概要

道央に位置する「徳富川」に対して同じ建学精神を持った釣り人の学び舎

■歩み

創設者はその道の師範に連れられ、初めて本学のキャンパスの地を踏む。

その流れが育む虹鱒に魅せられ、そして幾度と無く苦汁を舐め、本学に深く傾倒した。

そして、同じ志を持つ者が集い、遅れて2002年7月に本学の設立に至った。

しかし、近年は本学を取り巻く環境に大きな変化が生じ、特に2003年度においてはダム工事の進行は目覚しく、

登校すら危ぶまれ、水は濁り、川底は荒れ、虹鱒の姿も例年になく減っている状況となった。

このように一時は閉校が確実視されていた本学ではあるが、2004年7月に行われた前学長と事務局長の合同調査結果により、

本学が確実に再生の方向に向かっている確証を得たことから、その建学の灯火を絶やさないために、

2004年度においては各自が積極的に受講し、その成果も確実に上がっている。

■主な歴史

2002年07月:本校開校

2002年08月:事務局長就任

2002年09月:初代学長退任

2002年09月:セキュリティ担当部長就任

2002年10月:風紀委員長就任

2002年10月:吉野営林所長就任

2002年12月:音更林間学校長就任

 

■to main page