2011年磯釣行記

12月21日  伊島 五九十  穴
伊島へ史上最強の弟子Mるさん、初代嵐さん、しょうちゃんと私4人で行く。黒潮顧問も2人連れできた。
6時過ぎに港出港、伊島に着くと他船は暗闇から人を上げている。釣りもせず寒そう。
西長から着ける、7時前でもまだ薄暗かった。順番に降ろして行き、五九十の前に来た時船頭さんよりつけ喰いさんと指名され嵐さんと降りる。
先端で釣れと言うので先端へ行く。私が先に開始、すぐにハリスがエンタに掛かりハリス切れ<`ヘ´>
嵐さん開始、餌も撒かずに一投目からグレを釣る。浮きが沈んでいったので浮力間違えたと思ったらしい?がグレが喰ってたそうだ。えらい違いじゃ。
私も当たり、これはウマズラ、上等じゃ(^^♪家ではハゲが喜ばれるのだ。
次はイサギ、ええぞええぞ(^^♪ 次はグレ、良型43cm(^^♪ ここまでは好調だった。
その後餌残りだす、深くすると即当たり、グレ27cm位か、今日はリリースする。
リリースがまずかったのか、親に危険と知らせに行ったのか?その後当たり無くなり餌も残る。
鯛、イサギ狙いで深く深くしていくも一度イサギらしき当たり有ったが針外れのみ。
11時前に船が来たので2人で磯代わりのため乗り込む。
五九十は極道が上がらな釣れんでよと誰かが言ってたな(笑)
次は何所に降ろしてくれるのかな?船は東へ東へと走り穴へ着けてくれた。
今年好調の磯が空いていたが、私達もポイント知らない。本で見ているが?
撒き餌の落ちている場所で開始、餌盗り最初いなかったが、徐々にオセンが見えてきた。
そしてグレが来た32cm、その後25〜27cm位のが4匹ほど来たがやっぱりリリース。
そしたら大きなウマズラがきてマルハゲもきた(^^♪ だが大型グレがこない?
ポイントを探っていたら嵐さん連発で当たりで、親はリリースしなければと自動リリースしていた。(笑)
14時15分前に余所見をしていたら大当たり、やり取りするも主導権を奪われていたので私の負け(-_-;)
ハリスザラザラになっていたので、時間なかったが取換え投げる。
すると当たり、今度は主導権取ったので無事シモリを越えてきた。やり取りしていたら迎えの船がきたので急いで取り込み片付け船に乗る。
釣果いまいちだったが、新しい磯2ヶ所勉強できたので良しとしよう。これで磯は納竿だ。
釣果 グレ 32〜43cm 3匹  イサギ 33cm 1匹  ウマズラ 30〜37cm 2匹  マルハゲ 22cm 2匹

12月13日 日振島 横島1番  14日 サカイ2番の岡
13、14日の2日釣りで日振島へMるさん、チョイ不良親父さん、Mさ名人、ぺ〜さん、私の5人で出かける。
4時頃にはまざき渡船に到着して1時間ほど仮眠してから6時に出港する。
5人でジャンケンをして2人と3人に別れる。私は3人組のメンバーになる。
最初1番に着けて私達を降ろしてくれる。行きたかった1番、潮が波打って流れている。
3人でジャンケンで場所を決める。勝ったMさ名人が前、2番目のチョイ不良親父さんがハナレ側、負けた私は真ん中。
釣り開始、両サイドの2人は激流を流している。私は前が鏡になり引かれて仕掛けが手前へ!
すぐにチョイ不良親父さんがヒット寄せてきたら大きなグレ、しかし玉入れ寸前に針外れで逃がす。
でもその後良型グレ連発、Mさ名人も順調に喰わしている。私だけ蚊帳の外(-_-;)
皆が仕掛けを上げている時に猫をして投げ込んでも立ち位置の関係で潮筋から外れてあかん(-_-;)
仕方ないので、低く波がきそうな先端に行き流していたら初ヒット、良型(^^♪ でも2人みたいに当たってはこない。
9時になり場所交替して釣り開始したら、なんと潮が止まってしまった。(ーー;)
やがて潮が変わり反対方向に流れる。たまに当ってくるも型が小さい。
海を見ていたら、Mさ氏の前からウツボが!そして私の前を泳ぎ、チョイ不良親父の前へ泳いでいく。
チョイ不良親父と目を合したウツボ、危険を察知したか急いで深く潜っていった(笑)
もう一度潮が変わって流れ出したが、2人は釣るも私は(-_-;)
14時終了、2人に泣かされた(-_-;) Mるさん、ぺ〜さんペアーは40cmオーバーばかり釣っていた。
今日は大事な浮き3個も切れて流す、一度はMさ氏に浮きパラソルで回収して貰ったが結局はまた切れて流れていった。
昼になり潮も引いて逆光も収まりよく見たらシモリだらけだった。地形を知らなんだら勝負にならんわ。
釣果 グレ 28〜45cm 10匹(40cm以上2匹)
港に帰り、明日の準備をして風呂に入り鍋を囲みながら釣りの話で盛り上がり、疲れていたので20時過ぎに私は寝る。
早く寝たので目も覚めるのも早い。3時に起きて撒き餌を完璧にするように練りこむ。ぺ〜さんが昨日、丁寧に作っているの見ていたので。
今日は天気悪い予報だったが、なんと上天気!初代嵐さんが家でてるてる坊主を作ってくれたらしい(笑)
今日は単独で上がると言うので5人でジャンケンする。Mさ名人1番、私は2番(^^♪
他のお客さんから磯上げしてから私達が呼ばれる。Mさ名人がサカイ2番の磯、私はその後ろのサカイ2番の岡。
釣り開始、潮は当て潮でゆっくり左方向に流れる。
前を見るとMさ名人一投目から竿を曲げその後も連続で釣り、50cmくらいのも取り込んでいる。羨ましい。
今日も昨日の二の舞になるのか、嫌な予感がする。
8時くらいにやっと私も当たり、慎重に取り込む。45cmは越えている(^^♪
それからポツポツ同ポイントで当たりあり4匹目までは全部45cmある\(^o^)/ 
5匹目で30cm台が来た。
その後他の魚種も混ざり50cmのゴンタからサンタも喰ってきた。
グレと思うような引きで上がってきたら大きなフグで、玉を使って取り込んだ。
10時過ぎにMさ氏の磯にチョイ不良親父さんが替わって来たらすぐに連続でグレを喰わしていた流石じゃ。
私もポツポツ当たり、掬う寸前に磯に張り付かれて出てこないので、そのままにして弁当喰って上げたら出てきた。
後2匹張り付かれた時も辛抱強く置いていたら出てきた。(笑)
型が良いので数は少ないのに11時にはクーラー入らなくなり、休憩しながら釣る。
仕舞う前は餌が残り、グレ以外の魚ばっかり当たってきた。ヘダイまで喰ってきた。
遠くで見えるぺ〜さんも昼から見たらしょっちゅう玉網を持って歩いているのが見える。
吃驚するほど釣っていた。詳しくはぺ〜の釣りライフ、Mさ名人はMさ釣行記を覗いてください。
Mるさんは似合いの魔王バエで釣っていた(笑)
今日は昨日の鬱憤をはらせて楽しかった\(^o^)/
また皆と行きたいね(^^♪
14日釣果 グレ 33〜48.5cm 18匹 (40cm以下5匹)

2日間の釣果

12月5日  牟岐大島  タニハン  オハナの北の地
8日に釣行予定だったが天気悪そうなので前倒しで釣りに行く。
場所は何所にしようか迷ったが、前回のリベンジに大島に決める。
体調万全にして行こうと思い、休肝日にして早く寝る。
何時もはTVつけていたらすぐ眠ってしまうのに、TVつけたらシューベルト交響曲7番「未完成」が流れていた。♪♪
聞いていたら、だんだん目がさえてきてシャッキになってしまった。竿を振るより指揮棒を振りたくなっちゃった(笑)
終わり、今度は釣りビジョンエド山口の釣りを見ていたら寝てしまっていた(笑)
朝4時に起き、釣具店で餌をまぜまぜしてから牟岐へ、途中ローソンへうどんを食べに行く。
前回は食べずに行って握ったので、今日は食べるぞと番号札は7番ラッキー??
そして港へ、今日は客10人で出港。船は8隻、波も無いので全島やれそう。
船内クジを行う、私が箸を持って船尾の人から引いてもらう、残り2本になりもぐもぐおじさんが1番を引き、残りクジは10番!笑うしかない。
11番周り引いてきたが捨てて、クジに入ってなかった18番、14番に順番に上げて行く。
私は最後なので権利無い、タニハンに行けと言われる。もうこの歳で降りる事は無いと思っていたのに!
無事降りて釣り開始、先ずは足元から狙うも釣れるのはキタマクラだけ。
特に餌盗りは見えない、しかし少ししたら黄色いお花畑になってきた。
沖を狙いたいが、目の前をウツボ漁の船が居て、なんと8時半まで船がウロウロ<`ヘ´>
ウツボのカゴが底に掛かり取れず1時間ももぐって回収していた。
船が退いたので沖を狙ったらすぐ当たり、しかし大きすぎてあっとゆうまにオートリリース。
次はグレがきて無事取り込む(^^♪、続いてもう1匹(^^♪ その後も大グレらしき当たりあったが、ハリスざらざらにされバラス<`ヘ´>
2匹追加してこれから良くなるかなと思っていたら北東から波が?
思い出した!昨日Mさ名人からメールが初代嵐さんが伊島へ行くから上からの波と風に注意と書かれていたのを思い出した(笑)
想定どおりの上からの風と波、11時磯代わりをする事になる。
オハナの北の地に上がる。最初に上がっていた人が黄色の餌盗りで釣りにならんと言ってたのだが。
餌を撒くとやはり黄色がわんさかわんさか出てくる。なんとかごまかしながら釣っていたら大当たり!
オハナに向って走ったので止めようとしたが止まらずラインブレーク。ジャイアントババか?
それでもアイ、ゴンタときてグレも3匹追加する事ができた。型が不満だが、リベンジできたので良しとしよう。
釣果 グレ 28〜34cm 7匹  アイ 34cm 1匹  イサギ 25cm 1匹

11月20日  牟岐大島  高橋の地の地  ビシャゴの地
阿波一風のグレの予選に枯れ木も山の賑わいで参加する。
昨日は強風と大雨で出船できるのか心配していたが出船すると連絡あり、朝チョイ不良親父さんが迎えに来てくれる。
その後Mるさんを迎えに行き牟岐へ走る。
到着して港内を見ると係留している船が動き、波が高そう。
そして吃驚したのは人が多い。吉野丸は18人。
出港すると大きなうねりが、上がれる場所は有るのか? 抽選場に行くと船は7隻も居る。
吉野丸は14番周り、Mさ名人と一緒に櫂投げ高橋の地の地に上がる。私達2人は予選に関係ないのでグレよりイサギ狙い?
私の最初の当たりはミナミハタンポ、次は磯ベラ、イトフエフキ、赤ジャコ、オセン、キツ、サンタとクーラーに入らない魚のオンパレード。
10時頃に磯替わり、ビシャゴの地へ行く。まだ波は高いがこっちが居心地が良い。
深棚で釣り開始、私は餌が全く残らなかったが、Mさ氏はアイを釣る。
そこで仕掛け変更して一投目すぐ当たり上がってきたのはハゲ。
その後の魚種はキタマクラ、ベラ、フエフキ、良い引きで上がってきたのはニセカンランハギ。
後頑張って見たがクーラーに入れる魚は釣れる事はできず撃沈。ガーン、大ショックでした(-_-;)

11月13日  伊島 マルジュウ
4チーム親睦グレ釣り大会に参加する。賞品もさることながらいろんな人とお話できるので楽しみな大会である。
Mさ氏の車に私とMるさんで大会会場へ向う。
着いて多くの知り合いと挨拶の後、受付の準備ができたので受付に行く。
当たったくじは18番 1番船の最後らしい。でも昨年も良い目をしたわたつみだ(^^♪
開会式でルール説明、5匹重量で競い優勝は5万円との事\\\皆さん目の色が変わる?変更眼鏡かけたのか(笑)
5番船から出港、1番船は最後に出港。西長オチから磯付けして順番に降りる。
私は最後でどこへ上がれるのかは不明?17番の人を降ろした後、1人でオンビキの西側の地磯に上がる。7時15分、一番遅い磯上がりと思う。
上がった時に船頭さんにポイントを聞く。知らない磯に上がった時は聞いて置いて損は無い(^^♪帰りに磯名を聞くとマルジュウとの事。
ハリス2ヒロ半取って釣り開始、しかし餌を撒いた場所を見ると馬ズラが湧いている。
これでは釣りにならないので、ハリスを切り、1ヒロ〜矢引きまで落として馬ズラが上がってきた。
前を良く見ると溝がはしっている。浅いが大島櫂投げ中のハエの釣り方で攻めてみる。
すぐに当たりでハゲ連続の後グレも混ざってきた。
船内で一緒になったT田氏(釣りは努力と集中力のF名人のブログに良く出てくる方)が釣り方書いてと言うので書いてみます。
たいしたことしてないのですが、ハゲが全面茶色く居るので撒き餌合せてもすぐに餌盗られるので対策。
沖に餌を撒いて沖に居るようにする。手前にオキアミだけを磯際に撒いてそこに挿餌を合すだけ。
サラシを見て波が来た時に餌を撒き、引いていく瞬間に挿餌を落とし込む。
梅雨グレと同じ要領でやれば良いと思います。
8時半頃に5匹キープできる。 これからはサイズアップを狙わなあかんので場所を転々と移動する。
昼に干潮になったので、陸よりの穴がありそうな場所を攻めていると浮きがゆっくりと入り合すと引きが強い。
上がってきたら良型、大きい!何とか無事にゲット。
その後も同じ場所を攻めるもサイズアップはならなかった。
13時55分終了して、港へ向う。
優勝は5万円なので、釣れていなかったら良いのにと帰ったら釣ってる人は釣ってました。
なんと優勝は私の史上最強の弟子Mるさんで40cmオーバーばかりで6k弱凄い!
私も何とか4位に入る。5位には(釣れないの豚おにぎりブログ)の友さん、7位には黒潮顧問H名人。
表彰式の時にブログで御馴染みの(淡路南風さん)ともお会いできて楽しい1日でした。
そして帰りにはMるさんの賞金にハゲ、オセンのように集っていった私達でした(笑)
オット忘れていた、今日福村で連盟チヌ釣り大会で見事チョイ不良親父さんが入賞バッチ獲得いたしました\(^o^)/
釣果 グレ 31〜47cm 13匹  馬ズラハゲ 25〜35cm 11匹  丸ハゲ 22〜27cm 6匹  アイ 31cm 1匹

11月10日  阿部 飛島
Mさ氏、汐凪g氏両名人と楽しみにしていた阿部へ行く。
朝Mさ氏に迎えに来てもらって家を出る。道中初めて狐を見る。その次は鹿、そして狸を見たが死んでいた。何かありそうだ!
天気予報が良くなかったので心配していたが、3人の日頃の行いが良かったのか風が吹いたが凪に恵まれる(^^♪
波高くなり雨の降る予報だったので客は我々だけ!どこに上がるか迷った末、私とMさ氏は飛島へ、汐凪氏は一つ目、贅沢な磯取りである。
私は西裏、Mさ氏は船着きで釣り開始する。
餌を撒くと潮は動かないが魚が見えるので鼓動が踊る(^^♪ すぐに当たり良い感じだが上がってきたらサンタだ。
おまけにこのサンタ、リリースの為掴んだら棘が手にブッスリと<`ヘ´>手が血モドロになる。
その後小型のグレがポツポツ釣れて、良く引く当たり有り、この感触は?やはりハマチだ。無事ゲット。
船着きではMさ氏が竿を曲げ出す。平均に型が良い。
私の場所は1匹キープするのに2匹リリースの感じ?大きいのが来ない。
餌盗りのオセンが多くいる。潮が動かないので餌を撒いたところに出てくる。
撒き餌の下に変な魚?ペンギンみたいな泳ぎ?顔を出す餌鳥だ(笑)
11時頃より下り出すし、風も強くなる。12時過ぎると下りが速くなり釣り辛い。
西のシモリの沖で魚掛けるもプチプチとシモリで切れる<`ヘ´>
Mさ氏西に移動、またまた好調に釣りだす。
汐凪g氏も飛島に替わってきた。降りる時にハプニング秘密(笑)少ししたらグレで竿を曲げ出す、流石主じゃ。
なんか声がするので見るとMさ氏がカモメを(笑)カモメが翔んだカモメが翔んだ♪♪ 渡辺真知子かそれともかもめのジョナサン リチャード バックか
見とれていた私は、シモリにかかり高切れで浮きロスト(-_-;)
仕掛けを換えてしつこくシモリ周辺狙っていたら良い当たり、強引にシモリをかわしてきたらやっと40cmを取り込めた(^^♪
後もサンバソウ、ハゲ、グレときたが、深く入れてもイサギは当たらずウリ坊が来ただけ。
4時過ぎまでやって終了。今日は満足満足\(^o^)/
釣果 グレ 25〜40cm 32匹  ハマチ 44cm 1匹  サンバソウ 20〜30cm 3匹 ハゲ 20〜23cm 3匹

11月4日  日和佐
トーヤンの昌さんと日和佐へ、港に着くと人が多い!知り合いも居る。
波が有るようなので下磯へ行ってイサギ、青物を釣りたいのだがどうなるか?
出船してクジをすると上磯が当たった。グレ狙いか?ドンドコの平バエを希望する。
通り岩の東に上げる時にドンドコを見たら波が這い上がったので断念。
長バエに上げた後人まだ多く残っていたので、下磯の甲浦の平バエが空いていたので降りようと思ったが多く行ったので残る。
その後で常連のカゴ氏Iさんがクーラーがないとワイワイ言ってる。先に下りた誰かが一緒に持って降りたようだ。
Iさんを上の黒ハエに上げた後残り3人となる。私と昌さんとTさん。
もう少し行って丸島が空いていたので、昌さんと上がる。
今まで丸島は鯔しか釣った事無かったが、昌さんは昨年、グレで良い思いしている。
波が有るので船着きの高い場所から釣る。餌を撒いてから2ヒロ半でスタート。
最初は餌盗りも居なかったが、すぐに昌さんがキターツと竿を曲げる。私の浮きも入る。ダブルヒット(^^♪
上がってきたのは2人ともスマだ(^^♪ 狙いの魚だ(^^♪
次に来たのはハマチだ\(^o^)/やったぜVVV
連続でヒット、上げてくると数匹のハマチがついてくる。チャンスだ。
すかさず餌を撒いて止める。浮き下も1ヒロまで浅くして攻める。8時までに5匹ゲット\(^o^)/
針をくくるのに偏光メガネを外してそのまま釣っていたら当り無い?
偏光メガネまた掛けたら当たり有る。気分は夜明けなのか(笑)
喰い止まると餌盗りが出てきたのか餌が付かない。
当たりありあがってきたのはハゲ、次は良く引くアイ、サンタもくる。
サンタが来た時に浮かしたものの要らないし、掬うのもめんどいのでハリスを切ったら間違えて道糸切ってしまった。浮きが海へ流れるも玉で回収成功。目が見えんしボケがきたのかな?
波が高いので下にいけないので岩に当たり切っていく奴も居る。小型ながらイサギも来た。狙いの魚達成\(^o^)/
イサギも来たので今度は深棚に仕掛け変更して沖を狙ったらなんと3連発でグレが来た(^^♪
当たり無くなったが沖を流していたら当たり、引きは小型のイサギのようだ。
近くまで来た時に何かが!これに喰らいついたようだ。強力な引きで沖へ走ったら逆転間に合わずラインブレーク<`ヘ´>メジロか?
当たり無くなったので浅棚にしたらまたハマチが来た。
昌さんはグレに続き、チヌも釣るが昌さんの家ではチヌは出入り禁止(笑)らしいので放流していた。
14時船が来たので終了。迎えが早いわ。
釣果 ハマチ 42〜45cm 10匹  スマ 33cm 1匹  グレ 30〜33cm 3匹  アイ 31〜33cm 2匹 
    ハゲ 20〜23cm 2匹 イサギ 23〜25cm 2匹


10月18日  阿部  飛島
初代嵐さんと阿部へ行く。港近くに来た時に海を見ると波は無さそう?嵐さんが居るのに?
港に行くと人は少し多い?何所に上げてくれるのだろうかな
船に乗るときに飛島に上がりと言ってくれたので(^^♪嵐さん含め5人で上がる。
凄い突風だ!波は無くても大嵐(笑)
裏向きは向かい風で辛いのでジャンケン勝って東を取りたいなあ。
恒例のジャンケンを行う、私は2番だ。1番の人が西裏を取ったので迷わず東へ(^^♪
嵐さんは5番だったが、他の人は裏向きを選択したので嵐さんも表へ私と並ぶ。
私はイサギ狙いだが、セットしてあるのは0の浮きなので仁丹を打って沈ませて攻めてみる。
嵐さんは最初はグレ狙いでスタートすぐに嵐さん30cm越えのグレを釣る。
私にも当り、イサギだ(^^♪ 次はまた嵐さんで前より一回り大きいグレ。流石です。
裏向きの人たちも良型のグレを釣り上げている。向かい風の突風をものともせずに凄い!
潮は速くは無いが上っている。それからもなじんで止めていると道糸が出て行く当たりでイサギが喰ってくる。
嵐さんも仕掛け変更してイサギ狙いの深棚で狙うも当り無いので試行錯誤している。
私も当り無くなったので深棚で狙うとチャリンコが当たる。竿先を叩くのですぐ魚種が分かる。
塩焼きに最高の美味い奴だ。このサイズが良い(^^♪大きいのは釣った本人だけが嬉しいだけで家では喜んでくれない。
昼頃までポツリポツリと喰ってくる。グレも混ざる?深い棚なのに!
昼から潮止まり、当り無くなるし喰っても小型イサギ。
14時に嵐さん所用があり帰る。すると風も少し収まってきた(笑)
風も少なく、潮も止まったので軽めの仕掛けに変更する。しかし喰ってくるのは小型のみ、そしておおかた飲み込んでいるのでキープ。
大きいのは口に掛かり、外れ多いのに?
16時に船が見えたので納竿する。
釣果 イサギ 28〜34cm 11匹  19〜23cm 15匹 (飲んでるやつだけ) 鯛 23〜28cm 7匹 グレ 28〜29cm 2匹  メジカ 1匹

10月2日  日振島
チーム鬼掛四国大会に参加する為にMさ名人に迎えに来てもらって1日の午後に出発する。
高速に入り走行、出口でハプニング、ETC開かず?車に当たる。
道も不安だったがT上さん達のアドバイスのおかげで無事ホテルに到着。
チェックイン、部屋の鍵を受け取り部屋に行ったが鍵が開かず四苦八苦(田舎もんじゃ)前を見るとMさ氏も同様(笑)
Mさ氏またまたハプニング、私の部屋に顔を出し部屋に戻る数秒間の間に部屋の鍵が掛かり入れずフロントへ(笑)
19時より懇親会に参加、S原さんといろいろ話が弾み21時頃終わり大会に備え寝る。
3時に起きて渡船場へ向う。受付、開会式を終えいよいよ乗船開始。
荷物を持って道路から降りるとき暗くて足元が見えず、海に落ち込みそうになったが踏みとどまる。!!!
船に乗り、船室に入ろうとしたときにここでまた足元暗くてよく分からず転倒しそうになる(ーー;)縁起悪い。
走り出すも初めてなので、地理不明?到着?2人1組で対戦の為順番に降りていく。
磯名不明、私も対戦相手と降りてジャンケンで場所を決める。
トーナメントの競技も初めてなのでドキドキ、おまけにタイマーを持たされていたので時々動いているか心配で確認する。
試合開始、一投目、当り無く上げたら針が無い。餌盗り多い。先手は対戦相手がまずグレを釣る。
続いて私も、向こうが型が良い。沖を釣りたいがゴミが多く流れて釣りにくい。
仕方なく手前を狙う。前半を終わり5匹の同数か?場所交替して後半戦に入る。
開始後同じように釣る。これでは負けそうなのでゴミの向こうを遠投で攻めたら少し型の良いのが連続できた。
時間が来て計量、10匹対8匹 重量でも上回り1回戦勝てた\(^o^)/
次は2回戦で場所は不明だが、Mさ氏が1回戦勝ち抜いた場所で左下に見えるとアドバス貰ったので最初に行きたかった。
しかしジャンケンで2番になったので真ん中(2回戦は3人1組)開始、最初に釣ったのは左に入った高知の人。
私も1匹釣り、時間が来て移動、私が右へ、潮が速くなり良さそう。
先に釣っていた香川のO氏の狙っていなかったポイントを責めたら一投目から喰ってきた。
ここで4匹追加して場所交替。勝てるかなと思ったのだが、私が釣ってたポイントを責めていた高知の人が50cm位のを釣る。
最後に入った左の場所は、潮が速くなり当て潮で餌盗りしか釣れなく終了。
数は私5匹、高知の人4匹、Oさん1匹だったが大物には勝てるはずも無く無念の敗退。
その後決勝戦の見学あり、時間まで釣りを楽しむ。
12時20分に迎えが来て決勝戦の会場、ニシバエに行く。誰が残っているのか?
決勝戦の3人はMさ名人、H本名人、高知の強豪K選手。
サポーターが1人付くのでMさ氏には私、H本名人にはS名人のうなぎコンビ(笑)
試合開始、磯の周りは鯵だらけで全員苦戦1R目はK氏が1匹釣っただけで交替。
2R目に入り磯際作戦のMさ氏が逆転、そして3Rに入りMさ氏の後へ入ったK氏がMさ氏と同様に仕掛けで狙い逆襲型が良い。
時間が来て終了、数はMさ氏6匹、H本氏1匹 K氏5匹  計量は港に帰ってからのお楽しみで一路港へ。
計量の結果 K氏が優勝、惜しくもMさ氏90g差で準優勝。
優勝賞金隼にちなんで88230円、Mさ氏が勝ってたら焼肉ただで喰えたのにホンマ残念(笑)
スタッフ、選手の皆さんお世話になりましたm(__)m
帰りにM原名人より来年も来いよと言ってくれたのでまた予選頑張りましょうか。

9月27日  伊島  オンビキ
チョイ不良親父さんとMるさんの伊島大会の予選に同行する。
港に着くとすぐ後に黒潮顧問も来た。
5時半過ぎに船が迎えに着たが、秋の大潮の異常潮位で岸壁の上まで水が来ている。
船に乗るのも四苦八苦してどうにか全員6名で出港する。波高くうねりがある。
最初に私と他の人と2人でオンビキに上がる。一緒に上がった人が船着きにしたので反対側まで荷物を持って移動。朝からえらあ〜(ーー;)
今日はイサギ、青物狙いでスタートするも何所に投げても餌残らず<`ヘ´>
良く見るとオセンと馬ズラがいっぱい居る。これはイサギは到底無理だ。
兎に角、おかずのハゲを狙う。大きいのが居るが小型が先に来るし、大型は飲み込んでハリス切れする。
難しいもんだ!次はグレを狙ってみると喰ってくるが22〜23cmが主体で針を飲んでるのだけキープ 後はリリース。
少し飽きて沖でイサギ狙うもやはり同じ。磯替わりで船着きの人は替わって行ったが、替わる磯が分からないので残る。
餌と玉を持っていろんな場所でやるも、どこにいってもオセンとハゲ。
イサギやって喰わない、グレ狙いの繰り返し。刻々と時間だけが過ぎる。
グレらしき当りあった時に浮きから切れる。浮きはサラシにのって遠くへ(ーー;)
仕掛けを換えて釣っていたら、ひょっと見たら先ほどの浮きが目の前に!即回収(^^♪やっぱり持ち主に帰ってきた。
満ちになり波も高くなってきたので13時40分終了して船を待つ。
チョイ不良親父さん送迎ありがとうございましたm(__)m
釣果 グレ 25〜35cm 11匹 22cm前後 5匹キープ  馬ズラハゲ 23〜35cm 21匹 丸ハゲ 23cm 2匹

月8日  伊島  西の長バエ  セイガバエ
先日、チョイ不良親父さんから伊島へ行きませんかと連絡があったので同行する。
メンバーはチョイ不良親父さんの会社の仲間のKさんと3人。4時半に迎えに来てもらって出発。
5時半出港、波無し風無しだが道中水の色が悪いし、大きなゴミが流れている。
ゴミの中には和歌山からの牛も流れているそうで、途中牛かも?寄っていったら大木だった。どちらにしても危ない。
伊島に到着。西の長バエに3人で上がる。とりあえず軽い仕掛けで流してみるも当たり無く餌も盗られない?
水温26度もあるのに?水潮のせいか?茶色で辰巳突堤よりまだ汚い。
深釣りに変えたチョイ不良親父さんがイサギ連続ヒットしたので深釣り仕掛けにするも当り無し。
10時前まで全く当り無かったので、当たり潮だが反対方向で釣って見る。
なんと餌を撒いたらウマズラが1匹見える。1ヒロにして当て潮で釣ったら木っ端だがグレが喰ってきた(^^♪
クーラーの中が空っぽなので唐揚げようにキープ。パタパタと釣れたらオセンが出てきてグレ喰わなくなる。
本流の中を流したら餌は残り差し込ましたらシャッカンが喰ってきた。これも3枚下ろしの寿司ようにキープ。
11時に船が来たので全員磯替わり、セイガバエに上がる。沖は船が居るのでイサギ釣れてるのかな?
深釣り仕掛けで流すも磯にかかり道糸から切れる。(-_-;) 軽めの仕掛けに変更。
たまに当るのはシャッカン、チョッとましな当たりで27cmのイサギ、 13時過ぎに道糸を抑えていた指を弾いていったのは?
止めたら足元に潜り込んでくる?グレかな?見えてきたのはイサギ!36cm(^^♪やれやれ
13時45分船が来て終了。チョイ不良親父さん、Kさん 腕が痛いので重いもの持ってくださりありがとうございましたm(__)m
釣果 イサギ 27〜36cm 2匹

7月28日  牟岐大島  ソエバ フンドシ オハナ
日和佐道が開通したら牟岐へ行こうと予定していたのだが、台風とか悪天候で釣りに行けなかった。
天気予報見たら、曇りの予想で良さそうだったので今日に決定。
28吉野丸の客は4人で出港、港出た所のテトラを見ると台風6号の波の威力で割れているテトラが見える。
また底に有ったテトラが上に乗っていたり自然は凄い。古牟岐のテトラはもっと凄いらしいし、松ヶ磯に続いていた砂浜も無くなってる。
道中にて船内抽選する。私、4人中4番
1番クジの底もん師が引いてきたのは3番、沖ソエに底もん上げて2人連れがピストルへ、私はソエバの高へ上がる。
狙いはスマなのだが、イサギくらいは簡単に釣れるだろうと、クーラーに海水を入れて置く。
ここまでは準備万端だったのだがそんなに甘くはなかった。
釣り開始、一投目投げる、浮き周りに魚の波紋が?すぐ浮きが入る。
良く引くのでイサギじゃない?白く光る?ババタレだ!ガックリ
次もその次もババタレ! ピストルの2人も同様だ。
沖ソエを見たら石鯛を釣り上げている。その次見た時も釣っていた。4匹の石鯛とコロダイを釣っていたお見事。
ババタレばっかりなので8時半の見回りで磯替わり、これがまた大変トランク大将のクーラーには氷、飲み物、餌、そして水が(-_-;)
裏廻りに向っていたのだが、フンドシが空いていたので足場が良く楽なので降りる。
ここは餌全く残らず、釣れてくるのは黄色、そして良い当たりきたのだがこれはサンタ。
11時過ぎの見回りでまたまた磯替わり、オハナが空いたのでオハナへ降りる。
潮は下りが動いており釣れそうなのだが餌残らず。今日は握り覚悟する。
おもい切って浅くして流していたら、ひったくる当たり、上がってきたのはイサギ、握り免れる(^^♪
時計を見たらジャスト12時、魚も昼飯の時間か?
次投げたら、また当たり、今度は走る走る♪♪ スマかな?近くにきたら口の辺りが白く見える。
これは鯖だ。スマでなかったのが残念だったが、今のイサギよりよっぽど美味しいので嬉しい1匹だ(^^♪
同じ場所で2匹鯖を追加したら、ポイントへ遊漁船がきてかきまぜアンカー入れて釣り出すと当たり無くなる。
その後1匹追加したところで、平バエのお客さんが満ちてきてやれなくなったので早めの終了となる。
今日は鯖の刺身で一杯やれる。アニサキスが怖いが、怖いものほど美味いって?
前回釣った鯖を〆鯖にしたのだが酢がもったいないので飲んだら胸焼けして医者に行った。
医者にお猪口に1杯くらいですかと聞かれたのでコップに一杯って言ったら笑われた。
その話を釣具店で話したらその頃にHさんが刺身でアニサキスにやられ病院で内視鏡で除去したらしい。
今晩やられて病院へ走るかも(笑)
釣果 イサギ 37cm 1匹  ゴマ鯖 40〜43cm 4匹

7月4日  牟岐大島  ノコギリ  桃の地(高)
ゴマ鯖が釣れだしたのでNさんと相談して今日に釣行決定する。
吉野丸は私達とフカセの人とカゴのもぐもぐおじさんの4名
出港すると3隻で人乗っておらず磯クジ無しで波高かったがNさんと2人でノコへ上がる。
上がると同時に頭から波被る。Nさん慌てて携帯袋に入れていた。私もポケットの奥に入れる。
上がったものの準備に時間が掛かる。クーラー、バッカンの置き場所に苦労する。
とりあえず準備して一投目、すぐ当たり有りイサギ、 波高く風も強いので玉入れが難しかったが何とか取り込む。(^^♪
次に餌を入れてハリスを持ったら早くもヨメノサラに噛まれハリス切れ、また作り直し。
2投目回収して針に餌挿そうとしたら、針が溝の掛かってとれず切って針つけて投げたらまたイサギきた。
Nさんは鯖の2連荘、私も鯖釣りたいのに?私も鯖らしき強い当たり!しかし良く引く。
寄せてきたら大きなシイラだが波と風で取り込めない、ノコの溝の中に入ってきたので時間が掛かるので切る事にする。
次の一投で、今度は鯖か?寄せてきたらなんと大好きなカツオ(^^♪メジカだが脂がのって美味いのだ。
その次は狙いのゴマ鯖(^^♪その後は鯖の連続、こうなったらやはり飽きてくる。
9時にうねりが大きくなってきたので磯替わりする。
私は桃の地高に上がる。ここは波も無く穏やかだが風は右に左に吹いて投げ辛い。
ここでの一投目投げようとしたらテンション掛からないうちに仕掛けが切れる?慌てて下へ降りてウキだけ回収する。
仕掛け作って再スタート開始、一投目から鯖、次も鯖! 鯖♪鯖♪鯖♪ 11PMみたいだな えっ古いって(笑)
仕舞うまで鯖で、他にハゲが釣れただけ。 狙いの鯖が釣れたので今日もヨシ!〆鯖で麦酒が美味いぞ(^^♪
釣果 イサギ 32〜33cm 3匹  ゴマ鯖 35〜43cm 20匹  メジカ 37cm  ハゲ 1匹

6月22日  牟岐大島  ヒキガネ 小板東
天気の良い日に大島釣行予定していたのだが、梅雨で大雨が降り予定日が伸び今日になった。
牟岐に着くと顔見知りが天気の良い日を狙って来ていた。
吉野丸は7名でカゴ3名、フカセ1名、底モン3名で3番を引いてきた。
クジの良いYさんがピストル、私はヒキガネに上がり釣り開始。
一投目潮は?やや上りか、餌残る。2投目で早くもヒット、イサギの顔を見る。その後2匹追加。
1時間もしないうちに下り潮に変わる。潮が速くなりすぐにピストルの前に流れる。
流したら釣れそうなのだが、回収時仕掛けがピストルに掛かるので流せない。
後ろをふと見ると、底物師のTさんが釣った石垣鯛を私のクーラーへプレゼントしてくれた(^^♪m(__)m
イサギの当たりは全く無く当ってくるのはサンタにシイラ他不明の一瞬に針を切っていく魚?だけ
11時過ぎに小板が空いていたので磯替わりする。
一投目で早くも浮きが入る!イサギ(^^♪ 3投目もまたヒット!笑いが止まらん?
でもすぐに潮は止まり笑も止まった。釣れるのは黄色のオセンばっかり、何所に投げても<`ヘ´>
電気に上がったNさんも黄色のオンパレード。釣りはそんなに甘くないか。
餌盗りを捨てたら、今日はアオサギが獲りにきたがこれまたへたくそでよう掴まん。こんなんで生き残れるのかな?
鳶だったら失敗しても次は必ず獲っていくのだが!
暑さと戦いながらも帰る前に1匹追加して終了する。
今日は体も汗かいて減量できたかな?
釣果 イサギ 27〜30cm 6匹

6月10日  牟岐大島  ピストル
昨日釣行予定にしていたのだが、田んぼの仕事予定が急に入り断念!
そして今日釣行するために汗かきながら仕事をしたのだった。
とりあえず仕事済ましたので牟岐へTELして状況聞くと出船しなかったそうだ。
そして今日の朝、牟岐へ行くと人が居ない?吉野丸私1人、海漁丸も底物2名
出船すると船は5隻、抽選場に行き挨拶するとマーちゃん、潤ちゃんとこも1人で全員で8名!!
3番を引いたのでピストルに上がる。波心配だったが全く心配なかった。
竿2本半の棚でスタート、下り気味の潮だが動き少ない。しかし3投目で当たり、良く引いたのは38cmのイサギ(^^♪先ずは顔を見る事に成功。
産卵に入ったのか、体が細くなっていて、旬は過ぎたようなのでつけ喰いのチャンスか?
8時半までに3匹のイサギを釣ることができたが、その後イサギの当たり無くなり大当たりの連発、パチパチ切られる。
そしてまた大当たりだが今度は手前に走りこまずに沖に走る。慎重にやりとりするとゆっくりとよって来る。
これは?もしかしたらピンク?首を振ってる感じで下に突っ込まずに沖で浮いてくる。
うっすらと白っぽく見えたのだが、上がってきたらサンタ?でも大きい。取り込んだら50cmはあったが、楽しましてくれたのでそ〜っとリリース。
投げて足に背びれが突き刺さって泣くのがいやなのが本音(笑)
それから大型のサンタ祭りが始まり、面白いのだがひじょ〜に疲れた。
11時半に下りが速くなった。釣れそうと思ったらやはりイサギが来た。その後も連続で来た(^^♪
12時半前に悪魔のTEL Mるさんから丁度釣れた時だったので話したら忙しそうと切った。
急いで次投げ込んだら、またイサギ(^^♪ 釣れている時にTELかかってきたら不吉なのだが釣れた?
何か起こるはずなのにと思っていたらやはり潮が動かなくなった<`ヘ´> 予想通り(笑)
後当たり無くなったので、14時過ぎに終了、帰港する。
釣果  イサギ 28〜38cm 9匹

6月2日  牟岐大島  アジロの三角
イサギのカゴ釣りで大島へ初出勤。 T陽氏、Nさんの3人だけかもと行ったら6人だった。
私達3人はカゴ、他の人はフカセ。昨日電話したらグレは良く見えてると言われたがグレよりイサギと言ってカゴにした。
出港して水温見たら21℃あるも波は高い。嵐さんがいたのでこれは想定内(^^♪
船内くじをする。カゴなので特にくじは気にしないのだが私3番、Nさん2番、そしてT陽氏1番!T陽氏も一言「グレの時に引きたい」ほんまやな。
18番を引いてきた、今日の波では一番良いか。 私は波高かったがアジロの三角へ降りる。
満潮で足場が狭いので段取りに時間が掛かる。沖には海草が流れていて釣りにくい。
3投目に大きな当たりきたが手前に走り底切れずにあえなく切られる<`ヘ´>
その後また当たり有るもまた切られる。ハリスを1.7→2号に変える。
7時半頃に浮きが消えたので急いで竿を起こすも今度は軽く上がってきたイサギ(^^♪これで握りなし。
次の当りもイサギ、寄せてくる途中にカゴに大きな海草が掛かる。近くまできて外れたと喜びも束の間に今度はイサギに被ってしまった。
海草の中で良い型のイサギを確認したら外れて帰っていった(-_-;)
その後見回りに船が来た時にT陽氏がイサギを釣って高場なので抜き上げ中落下して逃がす。T陽氏しばらく海の中覗いていた。残念!!
その後海草も無くなり釣り易くなる。昼までに3匹追加。昼からの満ち潮に期待するも釣れてくるのは15cmくらいの縞々のウドムシ。
昼からは1匹追加のみ、14時30過ぎに竿が勝手に上からたたんでしまったので、竿がもう仕舞えと言ってるみたいに思えたのでここで終了する。
最後にNさん迎えに行ったら足痛そうにしている。聞くとサンタの逆襲にあったらしい(笑)
釣ったサンタを海に返さず磯の上に投げたら背びれが自分の足に突き刺さったそうだ。靴を脱いだらソックスは血に染まっていた!
皆さんいらない魚は優しくリリースしましょうね(笑)
実は私も突堤でボラを蹴ったら背びれが長靴に突き刺さり血もどろになったんですよ。
釣果 イサギ 28〜33cm 5匹  ハゲ 27cm 1匹

5月22日  沼島  カマボコ
チーム鬼掛四国の徳島支部の沼島のチヌ釣り大会に参加する。
早朝Mさ名人が迎えにきてくれて出発、途中たかしさん、淳さんと合流後、道案内のT上さんと合流土生港へ行く。
鬼掛スタッフより競技説明があり3匹の重量で競う事になる。
私の引いたクジは12番、場所は全く分からないので船が着けた場所に上がるので都合が良い。
順番に上げていき私の2人まえは突堤だったので嫌な予感がしていたが、私の前シコキョーさんからまた磯へ(^^♪
私も磯、磯名分からなかったが後で聞いたらカマボコというらしい。その隣の磯へHさん残り3人は波が有ったのでまた突堤へ行った。
船着ける前に磯の確認したら右前に大きなシモリがあり全体に浅そうだったがチヌはおりそうだった。
早速釣り開始するも、ベラ、フグのオンパレード、あっという間に針が無くなっていく<`ヘ´>
ベラは捨てると一瞬のうちに鳶が降りてきて持って行く。
ふと隣を見ると竿を曲げている、そして早々とチヌ3匹キープしていた。
私はやっと7時半に小型ながらチヌがきたのだが受け玉を竿袋から出したら引っ掛かってなかなか出てこない。
焦ったがどうにか取り込めたので落ちつく。また当たり無いので今度は浅いシモリの向こうに遠投してみる。
きても取り込めないかもと思ったのだが、そしてガイドに道糸が絡んだので外している時に浮きが入る。
でも走らないので引っ掛かったのかと思った。絡みを直して竿を立てたら重い、シモリでヤバイと思ったがシモリを越えて上がってきた。
引きはそんなに強くないが重い!浮いてきたら良い型のチヌだった。俄然欲が出てきた。
次の当たりで3匹目と思ったが磯際で締めこむ。上がってきたのはグレだった。
その後シモリの手前を集中的に攻めていたら、3匹目のチヌが来て目標達成(^^♪
後は気が楽になり、型の大きいのを釣るだけ。
順調に当たり出したが型は40cm程で大型はこない。
磯際には極の大きいのが水面まで顔を出しに来る。今日は会社に行ってるはずなのに(笑)
極には一度遊ばれてあっという間に足元に入りぶち切られる。
一度鯖のナブラがきたが喰わなかった。沖でひったくっていく当りあったが、寄せてきたらボラだった。
13時10分前に仕舞い船を待つて乗り込み、太平洋側の釣り人を迎えに行く。釣れそうな磯がたくさんあったので上がってみたいなあ。
そしてラッキーな事に船頭さんより50cm越えのチヌを釣ったら現金のキャッシュバックがあった(^^♪
今日の結果 順位はなんと5位になり10月に行われる四国決勝大会にも通算ポイントトップタイで出れることになった\(^o^)/
今日もやっぱり大安だった。
釣果 チヌ 32〜50cm 10匹  グレ 30cm 1匹

5月16日  牟岐大島  佐本の大バエ  ジイ
旬のイサギが食べたくて1人で牟岐へ釣行する。人は居ないと思ったが予想が外れ、吉野丸は人多い。
ぼん氏、死神隊長、月曜日の常連M軍団も来ている。挨拶をした後船に乗り込み出港。
水温は16℃低いのか高いのか?よく分からない。
恒例の船クジは何時もどおりの順番(笑)4番を引いてきて馬の背から降ろし、私は空き磯の佐本の大バエに4人で上がる。
上がって餌を撒かずとも下り潮の速いのが分かる。釣り開始するも手前に当ってきて餌も盗られず?
しばらくして沖の潮目に湧きグレ出てきたが今日のターゲットじゃないので相手にせず。
9時の見まわりで櫂投げが空いていると言ってくれたのでジイに磯替わりする。
ここも下りが速いが流せるので面白そう。どんどん流していたら初の当たりあったがすぐ外れる。
そこで同じコースを流していたら同じ場所で当たり、しかし物が大きいのか、私がへたなのか切られる<`ヘ´>
続いて流すも今度は流れの方向が変わり同じポイントに流れず。今日は大安のはずなのに仏滅みたいだ。
あれこれやっていたらやっと当たり有りイサギの顔が見れた。腹はメタポの美味そうな奴(^^♪
11時半頃に当たりあった時にMさ名人からTELそして外れる(-_-;)Mさ名人には釣りに来ていることを言わず。
その後おかずり氏からTEL、話中当たり、合わせ出来ずそのままフリーにしてから携帯ポケットに入れて合わしたら足元に突っ込まれる。
道糸から切れて浮きが流れる(-_-;)
気を取り直し仕掛け作ってから始めたらなんと3連荘で当たりイサギゲット、大きいのは42cm越えている。
それからポツポツと当たり有り計9匹のイサギを釣ることが出来た。
8匹釣った後にMるさんから悪魔のTELあったので喰い止まると思ったが1匹釣ることができた??
14時半過ぎて沖の方でなんか音がしたので見るとMるさんの頭が、泳いできたのか?よく見たら亀だった。
こんなん書いたら怒られるだろな(笑)
亀が出てきたので終了する。今日はやっぱり大安でした\(^o^)/
釣果 イサギ 30〜42cm 9匹

5月3日  日和佐  ツンボ
MMコンビと日和佐へ、当初計画は阿部、波高く×次は伊島、渡船休みの為日和佐へ釣行する。
客は少なく、山戸5名、松井6名、クジすると2番(-_-;)
3人で上がれる下磯狙っていたのだが負けた。大磯、甲浦の平バエに客降ろし、私達は3人で空いていたツンボへ。
上がってジャンケンで場所決め、1番Mさ名人は西、私胴、東Mるさんで開始する。
今日は釣り連盟対象魚の1匹長寸でラーメンを掛ける。
釣れそうな雰囲気なのに全く喰わない。餌も盗られず?
口火を切ったのはMるさん、チャリンコを釣る。9時頃に私に当たりやり取りするも切られる(-_-;)
ハリス号数アップして潮目に入れていたら当たり、手前に走ってきてあえなく切られる<`ヘ´>
その後Mるさんグレを釣る。それから私とMさ名人はオセンが見え出してから餌が残らず。
Mるさんは餌盗られないそうだ。睨みをきかしているから餌盗りがびびっているのか、クーラーには虎のステッカーが眼を光らしている(笑)
Mさ名人曰く、毒混ぜとんちゃうかと、私も同感(笑)
稲の除草剤のように、稲は枯れないが草は枯れる、本命の魚は寄ってくるが餌盗りは逃げるようなもんか。
昼前に私がMるさんの東に移動して釣るもやはり餌は無くなる?そしてMるさん竿を曲げ大チヌゲット。
これで私とM差名人の勝負になってきたか?声がするので横を見るとMさ名人が竿曲げている。やられたか?
その時、私も浮きが入り合わすと魚の引きで見えたのはグレ(^^♪Mさ名人は磯ベラ。
その後私の当たりはオセン、14時にMさ名人竿を曲げる、上がってきたのはチヌ ・ ・ ・私(-_-;)
Mさ名人、船まだ迎えに来ないの?の連発。悔しいなぁ。
14時半まで粘ったが、当たり無く終了。私の負けが決定(-_-;)(-_-;)(-_-;)
釣果 グレ 33cm 1匹

4月22日  阿部  一つ目
先週よりMさ名人と阿部のリベンジに行くのを約束していた。日は違えど前回釣行2人とも撃沈だった。
天気が落ち日和なので昼までやれたら良いなぁと思いながら阿部へ向う。
途中、山の上から海を見ると凪だ!
港に着くと軽トラが多く居てびっくり!!伊勢海老漁で港に多くの人が作業していた。
話を聞くと、獲った伊勢海老を売って震災の義援金にするそうですm(__)m
そして釣り客はなんと私達だけ、2人で一つ目へ向う、水温もなんと15.8℃も有る(^^♪
Mさ名人が好きな場所に行ってと言ってくれたので沖向き構える。
餌を撒くと緩い上り潮、4ヒロのチヌ仕掛けでスタートする。後ろを見ると早くもMさ名人竿を曲げグレゲット。一投目でリベンジ成功(^^♪
私も3投目でゆっくり浮きが入り合わすとグレの引き、顔を見る(^^♪
だんだん潮が速くなる。当たり無くなり餌も残るので磯際を流すと当たり、引きの感触はグレだったが途中針外れ。
9時頃に沖のシモリ際まで流していたら当たり有り、竿先に首を振る感触がそして見えてきたのは予想通りチヌだが??
頭に傘のようにクラゲを乗せて、そして体には金髪、茶髪?触手がをまとわりついていた。!!
美味そうでないので、Mさ名人のクーラーへリリース(笑)
その後はサンタがなぜか余所見している時によく当たってきた。
9時頃より波も少しずつ大きくなり、11時過ぎに撤収となる。想定どおり。
今日は当たりがあったので良しとしよう。
釣果 グレ 29〜33cm 2匹  ハゲ 29cm 1匹

4月13日  阿部  ヌクマル
15日に阿部へ釣行予定していたのだが、落ち日和だったので予定変更して今日になる。
田植えも植えっぱなしにして片付けもせずm(__)m
予想では波も少ない予定だったのだが??
朝起きてルンルン気分で阿部の道を走ると御水大師周辺は桜が満開できれい。
港に着き挨拶、6時半出港、先ずは飛島に4人降ろし、次にヌクマルへ他の人と2人で上がる。私は船着き。
今日は昨日より波が高いらしい?釣り始めるも、低との間のワライが大きく釣り辛い。下り潮、水温13.4℃
餌は盗られる?当たり無いのに針が無いフグか?
最初に撒き餌に寄ってきたのはクラゲ<`ヘ´>触手がハリスに道糸に絡み嫌になっちゃう。
8時過ぎに足元にの印をつけたモンスターが見える(笑)シモリとの間に入れていた浮きが消える!
合わすともう足元に突っ込まれていた。やり取りするも底へ行くばかりでハリス、チーンと音が聞こえるように切れた。
その後モンスターは現れず、9時に沖向きの人が波でリタイヤ、私1人になる。
兎に角弁当がきたので桜見ながら食べる、遊山じゃな(^^♪
その後波高くなり、頭から飛沫は被るはバッカンには水が入るは散々。
波は♪後ろから前から♪畑中葉子 古い?助平なおっさんか(^^♪分かるかな?
餌盗りの正体見る為に小針にして沈ませて小さな当たり取ったらやはりフグだった。
なぜかその後餌が残り出す、1匹のフグの仕業だったのか?
後は当たり無く、14時半に波の方向が変わり危なくなり撤収する。
今日は有言実行、餌を撒いて魚を大きくしてきた。
港から帰る時、朝見た桜が桜吹雪となっていた。
♪♪サクラ吹雪の サライの空へ いつか帰る その時まで 夢はすてない♪♪
♪♪サクラ吹雪の 阿部の海へ いつか釣るぞ いつか釣るぞ きっと釣れるから♪♪


撃沈

3月29日  日和佐  大明神
前日えっとぶりに孫一つぁんにTELしたら何時もは「あいも変わらずじゃな」と言うのに「喰って無い」と言ってたが行く事にする。
朝早めに到着、客は全員で8名、T名人、大島で同磯上がりしたOさんHさんも居る。
狙いの魚種は上がる場所によって決めることにする。鯛かチヌなんだが?
出港してクジ引くと4番下磯である。皆さん狙いの磯に上がって行く、上黒、ジンエイ、イカリやはり鯛狙いの場所だ!
私は申告が遅れ、孫一つぁんと相談の結果大明神に上がる事にする。最後に残った人は平家で鯛狙いでユーターン。
チヌグレ狙いで軽い仕掛けでスタートするも大島で浮く浮きも塩分濃度が低いのか沈む。
即仕掛け変更、2Bの浮きで4ヒロで始める。少し沖を流していた浮きがゆっくり沈む、合わすと重量感が有り締めこんでいく。
チヌにしては一向に浮いてこないが、徐々に首振りながら上がってきたのはチヌだった。浮いたらこっちの勝ちゲット(^^♪大きい55cm有った。
時計を見たら丁度7時だった。これで余裕が出来たのでポチポチやる。
次に来たのは8時でこれも引きが強いが上がってきたのはチヌ。 その次はグレ。
9時過ぎにきた当たりはゆっくり浮きが入ったので合わすと手前に走りこんできて下へ下へと潜りこんでいく。
カンダイ?顔を見るまではカンダイと確信していたのだが上がってきたのはなんとチヌ!
普通ハラミのチヌは竿をおらえていたら沖で浮くのだがここのチヌは力強い。
そしてまた今度は浮きが消し込んだら今度はサンタだった。
その後東からの風強くなり、潮目にクラゲが集まってきてから当たりなくなる。
ハリスにクラゲの触手が付いてきて手の傷口に触れたらぴりぴりする(-_-;)
時間が来たので終了。流石に各人釣っていてT名人鯛を2匹仕留めていて他にも鯛釣っていた人が居た。
釣果 チヌ 43〜55cm 3匹  グレ 32cm 1匹

3月24日  牟岐大島  屋形
今シーズン最後のグレ釣りにまたまた牟岐へ行く。
ローソンに寄った時に底物のTさんと会う。昨日は屋形に上がったが上物は全員でイサギ1匹だったらしい。
今日の吉野丸は6人、出船後恒例のクジをする。今日は私が箸を持って渡して、残ったのは6番ドンケツ(笑)
船は7隻で18番引いたが捨てて8番便貰い、ヒッツキの高低に降ろし、私と底物のTさん、もぐもぐおじさんと3人が屋形へ。
本客さんは東と高に、ヒッツキに上がったYさんの友人だったので挨拶の後高下でやらして貰う。
釣り始めたものの風で張りが取れないので西に移動する。
西に行って一投目で即当りモンスター?締めこまれ切れたか?良く見ると針付いていたが伸ばされていた。
その後全く当たり無い、昨日はグレ見えていたらしいが?良く見えるように朝偏光眼鏡買ってきたのだがグレは見えない。
眼鏡が悪いのか見えるのはボラとジャイアントババだけ(笑)
イサギ狙いに仕掛け変更、1匁の竿2本の棚で遠投、流していったら当たり、イサギの感触だ。
でも途中軽くなる、針外れ(-_-;) 針はグレ使用のままで小針だったのだ。
すぐさま針を大きくして投げたら当たり、上げてくる途中もぐもぐおじさんともつれるも何とかイサギゲット(^^♪
仕掛け作り直してまた遠投、なじんだ頃に勢いよく浮き入ったが秒殺で切られる。
しばらくしてもう1匹イサギ追加 沖の潮目に湧きグレが見え出し近くまで流れた時に大当たり、瞬間周りのグレが跳ねる。
喰ってきた魚は?高速で走り止らずそのうち高のほうへ走り、私も移動するも結局は底まで入り浮きから切れてしまった!?なんだろう?
その後も2回切られる。これはババみたいだった?
14時過ぎに高で湧きグレ狙っていたOさんが狙ってみてはと高を譲ってくれたのでお言葉に甘えた高から釣る。
湧きグレも遠かったが少しずつ寄って来たので届く範囲にきて14時40分にどうにかグレの顔を見る事ができた(^^♪屋形ヒッツキで唯一のグレらしい。
その後2投したところで船が見えてきたので終了する。
今日の喰い悪かったのは?水温16℃有り上り潮だったのに?グレが産卵期なので?底潮が冷たい?底物は貝でも餌盗られてなかった?、
釣果 グレ 33cm 1匹  イサギ 30cm 2匹

3月17日  牟岐大島  屋形
東北太平洋沖地震で苦しんでいる人がいるので釣りに行こうか行くまいか迷ったが、牟岐へ行く。
残りの餌と、新しく購入する餌は1枚のみとしていつも買う枚数分は災害募金にまわす。
釣具屋さんには厳しいが、我慢してもらう。
牟岐に行くと、28吉野丸はNさんTさん私の3人、出港して船を見ると5隻で各船とも2〜3名しか乗っていない。
3人でクジすると私は2番、Tさんが1番、磯クジは11番だったがK幸丸屋形1人だったので便貰い3人で胴へ並ぶ。
すぐ後にH丸が2名、D丸が1名降ろす。5隻の内4隻が8番へ(笑)
早速釣り開始私3投したが当たり無く、N氏が一投目でイサギ、D丸の人が一投目でグレ!!
次に釣ったのはTさん、どないなっとんや??
そしてやっと私にもグレ(^^♪型は小さいが1匹目は嬉しいもんだ。
見回りのTEL、8時半までに2匹、11時見回りのTEL6匹、各船とも見回りはTELだ(笑)
海がなごいのと釣れているので見回りは必要なしだ。
昼前には東沖には湧きグレが固まりになってきて東と高は喰わしていた。
そしてハプニング?高のおっさんグレを釣って西のほうへグレを持っていったのだが、玉から出した時にグレは海へ逃げた。
パタパタドッポンとそして落ちた瞬間ふらふらしていた時におっさん玉出したら入った!!見ていてびっくりした!!
昼から手前に潮目が出来たので狙っていたら上手い具合に仕掛けがなじみ連続で当たり来た。
地合短かったが、なんとかチャンスを活かし2桁のグレを手にする事が出来た。
帰りの道中は猿は出てくるは雪は降るは警察に捕まってる車は多数いるはよく分からん日だった。
釣果  グレ 29〜42cm 15匹

3月10日  牟岐大島  馬の背
昨日、大島か日和佐か迷ったが牟岐に決める。
牟岐に到着すると、N氏、K氏、T氏ら常連がきている。いつ行っても居る(笑)
今日は10人の乗員で出船、恒例の船クジは1番\(^o^)/最近クジ運良くなってきた。
抽選場へ上がりクジを引きに行く。潤ちゃん丸のTさんも引きに上がってきた。
運命のクジは??14番 船に戻ったら、4番とクジ変える。俵釣れているから俵に行けと言われたが拒否して馬の背へ行く。
魚釣れなくても馬の背が、釣りに来た楽しさがある。
釣り開始する、一投目で当たりあるもキツ、その後は餌残る?潮は動かず。
8時過ぎに何か見えてきたなと思ったら30cmくらいのキツばっかり。8時半に先端で当たり有り上がってきたらグレだった(^^♪
その後船が来てノコの前で湧きグレが磯際に居るので替わらないかと言ってくれたが釣れたすぐだったので残る。
潮が下り気味になってきたので沖ソエ向きに流してグレ2匹追加。
そして強い当たり有り、ジャイアントババ?サンタ?上がってきたら狙いのイサギ、良い型だ。無事玉入れ成功、唇1枚に針掛りやばかった。
クーラーの上に載せ計測43cmは越えている\(^o^)/
昼からはキツとサンタが遊んでくれて退屈しなかったが、肝心のグレイサギが釣れない??
13時過ぎから少し上りになるも馬の背の前で止まってしまう。でも1匹グレが潮目近くで喰ってきた。
少しずつ速くなりだしたら潜航艇の後から波気だってきたので良く見たら湧きグレだ!
徐々に馬の背に近づいてくるも射程距離まで入ってこない、もう少しで届きそうなのだが??
近くまで流したら餌は盗られるのだが・ ・ ・ ・船が出てきたので終了する。
竿仕舞ったら、潮目が近くまできて湧きグレが目の前でパチャパチャと<`ヘ´>腹立つなぁ〜
地富士に上がったKさん大型グレでクーラー満タン、まだグレ釣りいけそう。
釣果 グレ 30〜35cm 4匹  イサギ 43cm 1匹

3月4日  牟岐大島  屋形
昨日釣具店へ早朝パトロールに行った時に、ジュリーさんが牟岐へ連れて行ってと言うので今日の釣行になった。
このおっさん口は全国トップレベルいやチャンピオンかもしれない(笑)道具は私より良い物持ってる。
けれども竿を持つお手手は???
ジュリーさんを積んで牟岐へ行く。お客さんはほとんど知り合いばかりの18人。
出港、船クジすると私4番(^^♪ジュリーさんは少し前まで私が引いていたドンケツ18番(笑)
磯クジは5番廻りだったが、8番ヒッツキだけしか当たり船が行かなかったので屋形へ7人で上がる。
ジュリーさんも私とセットで上がる。場所取りは4番目に胴を取る。風が強い日は1番釣りやすい。
釣り開始、上り潮がけっこう速いが佐本からの風で二枚潮だ。最初に釣ったのは隣の人、続いて私にもグレ(^^♪
それからは皆さん竿曲げるもイサギ、イサギ釣りたい私にくるのはジャイアントババ、とても手に負えない<`ヘ´>
もろに底まで持っていってシモリの下に入り浮きも取られる(-_-;)その後もハリス切れるし、針も伸ばされる。
西の沖で湧きグレがたくさん見えるも胴まで寄って来ず。西からは射程距離なのだが西は腕のないジュリーさんなので(笑)
昼までに何とか沖の潮目を狙いグレ5匹になる。
東から突風吹き出し釣り辛くなるも、裏のオシドリの間には湧きグレがたくさん見える。
少し狙ってみるも強風の向かい風なので道糸が取られ釣りにならない。
14時過ぎに風も弱まったが、一緒に湧きグレも消えてしまった。
14時半にやっと私にも1匹イサギが(^^♪後続かず終了となる。
釣果  グレ 32〜36cm 5匹  イサギ 32cm1匹

3月1日  牟岐大島  ヒッツキ
1日釣行予定日にしていたのだが、天気悪く止めようと釣具店へ遊びに行ったらチョイ不良親父さんが来て「明日行かないの?」
波見て考えると言って中林まで波の様子を見に行く。夕方には少し減ったので行くのにTEL
用意をしている時に用事でNさんがきた。それを見てNさん行くとTELした(笑)
朝何時もの時間に出発、そしてローソンに寄りうどんを、先に注文したチョイ不良親父さんが番号札28番貰って縁起良かったので×2にしてねと店員さんに(笑)
そして港に行くとTさんが先に着いていて最後にNさんがきた。今日の28吉野丸知り合いばかりの4人。
そして出港、波はあるが先週のようなうねりの波でなく大きい磯は上がれそう。
水温も港出てすぐから17℃有り、船も5隻で乗船人数は少ない。
4人でクジをしたらなんと!!!1番だ(^^♪ そして8番廻りへ私とチョイ不良親父さんがヒッツキへ、Nさん、Tさんが屋形へ(^^♪
何時もの軽い仕掛けで始めるも、上り潮速く仕掛けが入らない。少しづつ鉛打っていくも当たり無し?
絶対に釣れなければおかしいのに?最初にチョイ不良親父さんが竿を曲げる、イサギだった。
その後もグレ追加する。屋形東も竿を曲げているのに私は喰わない?
撒き餌をするとジャイアントババの乱舞、でもグレは見えない。
思い切って浮きから変更して00→−の浮きに変更して沈めていったらやっとグレが喰ってきた(^^♪丁度8時だった。
それからは2匹釣れたらまた間が空き、時間が過ぎていく。10匹釣ったらパン食べようと思ったがなかなか釣れない。
昼にやっと10匹釣れたのでパンにありつくことができた(^^♪
グレも不思議とチョイ不良親父さんが後に行って仕掛けをさわっている時に喰ってきた。
グレもチョイ不良親父さんが居ないときは安心して喰ってくるのかな(笑)
でもジャイアントババは違いました、私には数回しかこなかったのだがチョイ不良親父さんと何度も何度もバトルしていた(笑)
チョイ不良親父VSジャイアントババ
魚も人見るんじゃなぁ?チョイ不良親父さんハリス号数アップしてサシで勝負していたが負けていた(笑)
人の話ばっかりで私は?パターンを見つけて追加、終了までに丁度クーラー満タンになりました。
やっぱり8番はええなぁ〜\(^o^)/
釣果 グレ 30〜38cm 22匹

2月22日  牟岐大島  屋形
先日Nさんと釣行の約束をしていたので今日牟岐へ行く。
前日は大風、波、低水温で泣いた人が多かったようなので今日の目標は1匹釣れたら良いかなと気楽に行った。
途中いつものローソンに寄りうどんを注文、番号札は5番、最近は大きな数字ばっかりだったのでこんな番号無いと思ってたのだが。
今日は良いクジ引けるかなと船内クジ引くと3番(^^♪良い番号だ。
水温も津島過ぎてから15.3℃有り、昨日より0.5℃程上がっているようだ。風も前日に比べたら比べ物にならないらしい。
磯は象の鼻から降ろし、私とNさんは屋形が2人だったので便もらいする。
本客さんは東と西へ場所を取ったので胴でやらしてもらう。
潮は上りだが波高く前面真っ白で、仕掛けが入らず朝は全く当たり出ない。
最初に釣ったのは高下に居たNさん、次は西のKさんが連発で釣る。
困った困ったこまどり姉妹で段ビシにして沈めていくも撒き餌と合わないのか喰わない??
また仕掛け変更して今度は青い海の場所に遠投して撒き餌を合わしたら型小さいが喰ってきた(^^♪
同じようにして2匹追加する。でもまた喰い止まる。西のKさんはポツポツ喰わし型も良い。
聞くと5ヒロまでタナを下げているらしい。私も1匁の竿2本のタナに仕掛け変更するも当り無し。
おまけに浮き取換え時ポケットから新品の浮き落とす1000¥(-_-;)でも私はこれだけで済んだ?
Nさんはグレを掬う時に滑り、玉を海に落とし込み沈んでいった。私はN氏に玉網で良かったで〜人間だったら大変な事になってたでよと・ ・ ・
深ダナで当たり無かったので今度はマイナスの浮きで沈めていく仕掛けに変更したらこれが当り型の良いのも混ざってきた。
しかしうねりが大きくなりグレを掬うのに難航、波の落ちつくまで掬えず、Kさんにグレも掬っていただm(__)m
針外れ、水面まで寄せてきているのに前まで出れず磯に当たり切れるのがありで苦労する。
時間が来て終了して船に乗り込むのも大波で時間費やす。波の合間見て船着けてくれて何とか船に乗り込む。
Kさん、荷物の受け渡しありがとうございました。
荒れた日の磯付けは船頭さん腕の見せ所、ホンマに博さん上手い。
釣果 グレ 28〜45cm 12匹 

2月15日  牟岐大島  タニハンの地  佐本の大バエ
釣行予定を火、水、木のどこかで行こうと予定していた。昨日病院へ行ったら月、火、私のかかっている眼科だけ休診と張り紙してあり!
※なぜ眼科にかかってるって?餌を撒いてもグレが見えないんですよ?いつ見えるようになるのかな?(笑)
水曜日に病院行かないといけないので火、木か木曜日天気悪そうなので×
残るは火曜日なのだが、昨日は大雪で夕方まで止まず、積雪も5cm程になった。
でも行かないと行く日がない?昼過ぎて博さんにTELしてみると波も今のところ無いし牟岐は雨らしい。
船は出すので行く事にする。釣りから帰りのNさんよりTEL有り、日和佐から北は積雪有りガードレールに張り付いている車もあるようだ。
朝早めに起きる。家の周辺は積雪多いので4WDで出て行く。国道に出たら雪無かったので2WDにして走行
福井駅手前で後が滑ったので4WDにしてゆっくり行く。先ず最初の鬼門、福井ダム横の坂では積雪あり横に止めて置いて帰っている車も有り。
後方の車は星越トンネル手前で追い抜いていってもらう。これで安心。
少し走ると前からライトが眩しい、工事? 近づくとトラックが山にへばりついていた。タイミング悪ければ正面衝突だ!
日和佐まで行ったら雪は無かった。それでも牟岐へ行く道中、凍って居た所もあった。慎重慎重。
無事牟岐のローソンに着く。今日はうどん大を注文、そこへF・Fコンビがやってきた。
私みたいな馬とか鹿は少ないと思ったが(笑)出て行くとき入ってきたのは掃除機とミーちゃん(笑)
そして港に行ったらいつもとあまり変わらんほど人は居た。N氏は連荘で来ている。
揃ったところで出港、船内10人、クジ3本残った時に右手で端っこを取ろうとしたのだが、止めて左手で中央取ったら9番、止めた端が1番だった(-_-;)
船は5隻で引いてきたクジは18番だったが捨てて10番ナデに上げ大バエに向うも波有り、櫂投に行く。
中のハエ、地、クジラ、タニハンと下ろし私はタニハンの地に上がる。
ここは風裏で楽で暖かく釣りやすかったが、釣れたのはオセン2匹のみ、餌は盗られるがハリスは噛まれるのでキタマクラか?
8時に大バエやれる様になったのでどうすると船来たが居残る。3人が大バエに行った。
でも9時の見回りには釣れる気配が無かったので船に乗り込み大バエに向う。東に1人、西に2人上がっていた。
どっちにすると聞かれたので即、西へ。先に上がったHさんが道具を取ってくれたので楽に上がれた。m(__)m
高い前でやらしてもらう、地合だったのかHさんが釣った後私も、Oさんも釣った。すぐに2匹目も(^^♪
これは良いと思ったのだが甘かった。あたり全く無くなる、仕掛けが潮になじまず入っていかない。
ハリスに鉛打って強制的にやってもなじみ悪い。次にマイナスの浮きに変更するも浮いてくる始末、これでは喰わない。
13時頃にやっときたが前のシモリの方へ向うので堪えていたら何とかシモリから離れ浮いてきた。
しかし波と風でなかなか掬えない。なんとか取り込み成功(^^♪あげてきたら予想以上に型が良かった45cmは越えている。
港で計測48cm有った。\(^o^)/波が来て、バッカンを見ていたらシモリに浮きが掛かり切れる。マイナスの浮きなので沈んでおしまい(-_-;)
船が来るまで粘ったが当たり無く終了
釣果  グレ 30〜48cm 3匹

2月10日  牟岐大島  佐本の大バエ
最近グレが釣れない為か、胃の調子が悪く病院に行った。でもグレが釣れたほうが効果が有ると思い牟岐へ出かける。
牟岐に行くと人は少ないと思ったが吉野丸は人予想より多かった。T陽氏も着た。
2隻に別れT陽氏と私は28号へ乗る。15人乗船で船クジは3番(^^♪久々に良い番号。
船は7隻で9番引いたが11番空きクジだったので前日釣れていた佐本の大バエに向う。
1番クジ、2番クジの4人が西へ3番の私はT陽氏と4番クジの人で東へ上がる。
北東の風が強く釣りづらかったが竿先を水面まで下げて何とか対応する。
朝は前から太陽の光が眩しいのと波で浮きが見えず苦労する。
最初にグレを釣ったのはT陽氏(^^♪ 少しして道糸が走ったので合わしたら私にもグレ(^^♪
1回目の見回りまでに2匹釣る、西は良く竿を曲げ型も大きい。
それからも浮きをいろいろ替え、鉛を打ったり外したりしながら試行錯誤のすえ少しパターンを掴む。
沖目で型の良いのが混ざり最長45cm越えていた(^^♪
時間が来て終了する。西に比べて型に不満あったが良型も混ざったので体調も良くなるかも(^^♪
釣果 グレ 27〜45cm 16匹

2月6日  牟岐大島 桃の地
今日は山口魚影会の20周年記念磯釣り大会に参加の為牟岐へ向う。
対象魚種は釣連盟6魚種、5匹の重量で競う。
参加人員は70人くらいで6隻に別れて出船、各船とも名人、腕達者の猛者が乗っている。
私は4番船第8大幸丸に、12人が乗船、クジをすると10番(笑)1番はMるさんクジ強い。
磯クジは18番を引いてきた。Mるさんは桃の地のカドを選択、私は10番目に桃の地の桃寄りの場所に降りる。
桃高の下のスベリに上がる予定だったが、滑るのが嫌なので足場の良い場所に変更した。
Mるさん〜私まで5人が並ぶ。日曜日で人多いので仕方ない。
先ず最初に竿を曲げたのはMるさん、続いてもう1匹、 そして私にも小型ながら1匹グレがきた。
今日大会で釣れなかったらもう大会は参加しないように思っていたので釣れて良かった(^^♪
でもここでモーニングサービス終了!皆当たり無くなる。
沖には湧きグレ、青物のナブラも見えるが手前では全く反応なし?
海はベタ凪、潮も動かず苦戦する。それでも一寸潮が動いた時に当たり有りグレ追加、昼までに3匹。
他の船の情報が入ってくる。7番8番10番を引いてるそうなので上位は皆持っていかれそう。
昼からはホンマ潮動かずベタ凪釣れそうもない。Mるさんは5匹キープしてるので余裕か?
私もハンギリ噛んで何とか5匹キープする事に成功 やれやれ落ちついた。
14時半終了後掃除して船を待つ。
港に帰り検量後表彰式 優勝はナデで大型グレを釣った実力者Nさん、準優勝は金輪で釣った汐凪g名人流石ですm(__)m
5位はMるさん、2桁釣っていたF名人は型がとぼやいていたが8位、そしてラッキーな事に私は10位になりました\(^o^)/
今日は早朝よりお世話して頂いた山口魚影会の皆様他ありがとうございましたm(__)m
釣果 グレ 30〜39cm 5匹

2月2日  牟岐大島 地富士
日和佐のリベンジに牟岐へ。今日は博さん所用の為居ないので18吉野丸で行く。
客は13人でクジ引くと4番、久し振りのまあまあの番号だ。7番廻りが当たり沖富士、バッタリ、金輪の後船頭指示で私は地富士に下りる。
ここは風も当らず寒さ知らずの冬用の磯だ。用意して早速釣り開始、潮は速い上りで当ってくる。
湧きグレが居たら最高なんだが今日は居ない。餌を撒くとヘリコプター(ハタンポ)の大群
これが減ってきてからは撒き餌の下には黄色のお花畑が出来てきた。
沖富士がグレを釣ったので期待していたらこっちも当たり有り慎重にやりとりしてグレゲットする。
8時半までにもう1匹追加する。 9時過ぎにもう1匹追加。
その後は潮が引いてきて当り無くなる。だから大潮は嫌いなんだ<`ヘ´>
満ち潮に変わってから当ってくるのはサンタと切っていくジャイアントババ。
13時半頃からは、スズキに似た尻尾に黒い筋が入った魚の連続だ<`ヘ´>20匹は釣った。
後は時間が来て終了となる
釣果 グレ 37〜39cm 3匹

1月30日  日和佐  イカリ
黒潮カップに参戦の為日和佐へ向う。道中、橘を過ぎたところで道路に水溜りができていたので雨が降ったらしい。
福井の温度計は−2℃ しばらく走ると雪が積もっている、凍結に注意し速度落として走行、後方車の人ごめんね。
道路が凍結していて、山が寄ってきて、反対車線からガードレールが寄ってきた事が有ったのですぐびびってしまいます(笑)
日和佐に入る前の温度計はなんと−6℃!あぁ寒う〜
早目に家を出たのでゆっくり走っても早く着いた。受付の準備できていたので1番に封筒をとると20番?
参加人数40人?1隻に20人乗るので最後らしい。何時もの事だ(笑)
競技説明が終わった後船に乗り込み出港、4隻でておりクジは4番甲浦の平バエ〜丸島、順番に上げて行くも全員は上がれない。
私はイカリに上がれと言われ上がるも、当たりの船が良い場所は確保されている為、船着きしかない。
グレ仕掛けを用意していたが、グレは望めないので鯛狙いタックルをセットして釣り開始する。
竿2本のタナで始めたが餌盗りも居ない。竿3本にして餌やっと無くなる。
そして浮きが入ったので合わすが反応無い?餌盗りか?良く見ると針が無く豚の尻尾になっていた。手が凍っていたので締まっていなかったのか?
次に浮きが入ったのを上げると何か付いている?シャッカンだ後大きいのがくると思いリリース。
でもこれが痛かった、この後釣れず計量0(-_-;)計量0の人多数いたので失敗した。
1度だけ良い当たりが有った。置き竿にしてパンを食べた後袋をリュックに入れてふとリールを見たら糸がパラパラ出ており竿を持つと魚の当たり。
でもすぐに軽くなる?外れ?上がってきたら針はあるものの先が折れて軸だけになっていた。
後あたり無く14時終了。
優勝はMるさん、大物賞も 沖のカモメでチヌ、グレを釣っていた。
私はジャンケン大会で1回目、2回目は1発で負けたが3回目は最後2人まで残ったが最後に負けた。Mるさんが「詰めが甘い」と声がかかった(笑)
大会はよう釣らん(-_-;)

1月27日  牟岐大島  タワラ バア
木曜日は人が少ないと思って行ったが、予想以上に人多かった。
28吉野丸18人で出港、船内クジ10番、磯クジ4番で1番クジはタワラに2人上がり、次はホリモンへ、馬の背は極極トリオが上がる。
タワラに後2人行けと言う、行きたく無かったが、博さんと目が合い仕方なく死神隊長と上がる。
私はカベの奥から狙うも餌は残ったまま?昨日は30発も切られたと聞いていたのに?
少しして当りあったが、ちょうちょ魚、そして2cmほどのウミウシがなんと1回でなく2回も針に掛かってきた。
1回目の見回りの後にT陽氏からTEL有り、話していたら昨日は奥は餌盗りも居なかったそうだ。
もう少し早くTELきてたら磯替わりしていたのに(-_-;)
昼に見回りがきたので即磯替わりする。死神隊長は朝から餌1匹しかいらんと言ってたが替わるのがたいそうなので残る。
船は裏に向かいバアに行けとおっしゃる。朝船の中で死神隊長とバアは歳いったのでもう上がれんと話していたのだが!!
波は無いのだが満潮なので降りるのは勇気がいる。ジイにいるTさんを船に乗せて舵子をしてもらうm(__)m
タニハン向きに釣り出すも、上り潮早くジイの方に抜けていく。ここも餌盗り少ない?いつも多い場所なのに?
中のハエ、高橋がグレを釣るのが見え、やる気がでてくる。
シモリすぎたところでなじんだらゆっくり浮きが入ったので便をきくと銜えてる感じ合わすと重みがありグレらしい。
慎重に寄せてきて無事ゲット(^^♪これで握りは免れた。しばらくして同じ場所で当たりありこれもゲット(^^♪
その次は竿叩くのでやっぱりアイだった。その後は大当たり一発ぶち切られたジャイアントババか?
その後あたり無しで終了。
釣果 グレ 38〜40cm 2匹  アイ34cm 1匹

1月21日  牟岐大島  桃落ちの地
今週は釣行予定していなかったのだが、用事が済んだのと昨日体調不良だったのでリハビリ?に行く(笑)
腹の調子が悪く、朝起きるまで不安だったのだが、昨日は休肝日にして寝たのが効いたのか調子良好。
前回寒くて釣りにならなかったので、今日は手袋3枚重ねにカイロも入れる。
牟岐に行くと今日は人多く、吉野丸2隻に分かれて乗船、私はいつもの28吉野丸。
16人乗船で船内くじ13番(-_-;)だったが引いてきたのは18番、順番に上がり私の番になり桃落ちの地に上がる。
今日は手もぬくいので仕掛けはすぐ出せたが、魚は喰ってこなかった。
周辺で1番に竿曲げたのはFさんだったが上がってきたのはジャイアントババでした。
その後桃の地、カドとグレを釣る。私の1匹目の魚は15cmくらいのバリコ、これが針を飲んでいた。
8時半頃にようやくグレの当たりありやりとりするが足場悪くへっぴり腰で格好悪かったが何とか取り込む40cm弱のグレ(^^♪
その後も忘れた頃に当たりあり追加するも、何度かジャイアントババがきてぶち切って行った。
良い型のグレも1匹切られた。足場が悪いので前に出て行かなかった為下のエンタに張り付かれ、何とか出すも擦れたハリスは弱かった。
そして最後に来たやつも同じように張り付かれたが、今度は下まで降りて行きゆっくり引っぱったら出てきて無事取り込む(^^♪
14時半に船が走り出したので終了する。
おっと思い出した今日のハプニング(^^♪Fさん桃の地の割れ目に足がはまりブーツが取れなくなり裸足になっていた(笑)
前に私も同様の事があったので即アドバイス 棒杭でバールの代用品にしてみと言ったら実行取れた(^^♪良かった良かった。
釣果  グレ 28〜44cm 6匹

1月16日  牟岐大島 桃落ちの地
チーム鬼掛グレ釣り大会に参加の為牟岐へ向う。チョイ不良親父さんの車にMるさんと私で行く。
磯の状況は昨日より水温低下の情報が流れていたが北西の風が吹いたので潮上り水温上昇の期待をする。
でも今日の同行者が釣りに行くと荒れるか水温低下と恐れられ、阿部磯なんか水温下がったままになっている(笑)
道路凍結の恐れがあったので早めに行ったらぼん氏はもう到着していた。いつも早いですm(__)m
時間が来て受付する。Mるさん1番船、チョイ不良親父さん3番船、私は2番船、S名人、巌さんも乗っていた。
大島へ向う途中の水温は13.8℃より上昇せず津島過ぎてやっと14.3℃低い。大島へ着いて高いところで15℃台(-_-;)
18番廻りを引き当てオハナの北の地から上げて行き、次は桃地のカドから上げると思ったら、桃落ちの地から
2人行けと行ってたのだが聞こえないふりして1人上がった後桃の地へ行きたかったがやはり2人行けと言うので上がる。
釣り用意するも冷たく手がかじかんで思うように指先が動かず。手を温めながらどうにか開始する。
餌も最初は解凍できていたものがまた氷始める!!!
仕掛け流して上げてみるといつも餌は針に付いたまま?でも桃地のカド周辺では何人かがグレ釣っているらしい。
12時頃にやっと当たり赤ジャコが上がってきた。それも仮死状態で!
その後も当たり無く14時40分終了する。
今日は寒さに耐える修行に来たようなものだった(笑)
優勝はダントツでS名人、お見事です。オハナ北の地に上がった巌さんは3位でクーラー貰ってた。
巌さん家からバッカンの杓立てに水入れてきたら杓立てに氷が張っていたそうだ(笑)
私はグレ釣れず、抽選賞品も恵まれず、ジャンケン大会も一発負け、指が凍傷、しもやけになっただけ(-_-;)

1月11日  牟岐大島  桃の地
初釣りが今一だったので雪辱をしに大島へ行く。道中温度計福井−4℃星越−2℃牟岐−1℃
いつもは福井ー1℃星越−2℃牟岐−3℃の温度差なのだが今日はいつもと違い逆になってる?
なんだか分からないが魚釣れそうな気がする。それと小潮になったから釣れるとデーターで読んでいたのだが。
牟岐に着きしばらくしてこの前大釣りしていた死神隊長、初釣りの時釣行約束していた菓志道氏も着た。
後常連のK氏、F他氏、吉野丸の番頭さん?Kさんも着た。
今日は14名で出船、船は8隻、船内クジ3番(^^♪死神隊長は2番だ!
磯クジは14番だが、人少なく空き磯多数でノコ、桃落ち、桃地周辺に下ろし櫂投げに船は走って行った。
私は桃の地へ、隣にM氏と降りる。すぐに用意をして浮き下3ヒロ、ハリス1.5針4でスタート
2投目ですぐに当たりグレだ!40cm位のがきて無事取り込む。次に入れたらすぐに当たり今度はまたまた引きが強い。
まだ身体が硬かったが何とか取り込むとクーラーからはみ出るサイズ\(^o^)/
そしてなんと8時までに5匹となった。今日は型が良いので楽しい。周りも竿を良く曲げこの時点で周辺全員釣ったかも?
朝寒かったが汗が出てきた(^^♪そして10時半頃にはクーラー満タンになる。
26Lのクーラーなので20〜25匹入るのだが今日は型が良いので15匹で入らなくなってしまった(^^♪
そこでドンゴロスを用意する。そしたら当たり無くなる?
置き竿にして足場のオキアミを流していたら当たり、慌てて持ったらグレの引きでどうにか取り込む。
同じようにしてもう1匹釣る。止めて竿持ったら喰わない?殺気があるのか??
ポイントを変えながら釣っていると当たり有り、良い型のグレも追加50cm有ると思ったが、港で計測49cm〆て縮んだか?
14時からの追い込み期待するも青鯵が湧いてきて後半失速したが今日は納得(^^♪
他の人も全員良く釣っていた。あっ!底物の番頭さんだけあかなんだようだ。
釣果 グレ 32〜49cm 22匹  (46〜49cm3匹  38cmくらいが主体で35cm以下は4匹しかいなかった)

1月5日  牟岐大島  クジラ
今年の初釣りの予定は7日だったが、知人が釣りに行って運不運はあるが楽しんでいる情報入ったら、禁断症状がでた(笑)
行かなかったら病気になると思い初釣りに牟岐へ行く。
朝釣り具店に行くと、店主も牟岐へ行く段取りをして私より早く出発した。
遅れて私も出発、ローソンに行くと知り合いも多く寄っていて、釣具店主もうどん喰っていた。
私も食べた後港に行く。船に道具積む準備していたら、店主釣らずに帰ると言う??
店に救命具、釣り道具忘れてきたそうだ。去年から段取りしていたのに(-_-;)さよならさよなら♪♪
18・28吉野丸に分かれて乗船、私、菓志道氏、死神ジュニアは28号、18号には連荘のS名人が乗っていた。
今年の初クジは19人中10番前から後からどちらから数えても真ん中(笑)まあまあじゃ
磯クジは14番、順番に上がり、私は他の人と2人でクジラへ上がる。
場所は他の人がタニハン側を取ったので私は船着きに場所を設定する。
仕掛けする前に足元に撒き餌をして置き準備完了後釣り始めると、足元は餌盗りがぴちゃぴちゃと持ち上がってくる?
赤ジャコ?良く見るとミナミハタンポ(通称ヘリコプター)餌で釘付けしたら出ては行かない。
ポイントは沖を狙う。シャチの前のシモリ横で3投目に当たりグレがきた(^^♪これは幸先良いつけ喰いか?
釣ったグレを〆てクーラーに入れてから針に餌を挿そうとしたら〆た血が手にべっとり?タオルで拭く。
拭いても血が取れない?しまったグレの逆襲だ、えらで手を切られた<`ヘ´>
その後釣り開始するもグレの当たり無く、釣れるのはベラ、キタマクラ<`ヘ´>ゴンタ、サンタ、キツがきたものの全く釣れない。
昼過ぎても当たり無いが、中のハエの地でMさんが竿曲げ出し、その後は中のハエが竿を連続で曲げ出す。
14時半頃に餌が残った!すると隣の人がグレを釣る。地合が来たのか?
14時35分やっと私に当たりありグレの顔が見れた。チャンスとばかり急いで仕掛けいれたらまた当たりこれも無事取り込む。
そして迎えの船が見え出し終了。喰い出すのが後1時間早かったら・・・
後でS名人に聞いたら昨日は14時から釣れだしたそうで今日は潮が半時間遅くなったのでその分地合が遅れたか?
握らずに済んだので良しとしよう。
釣果 グレ 33〜40cm 3匹