2012年磯釣行記


12月25日  牟岐大島 佐本の馬の背
前回のリベンジを兼ね納棺じゃなかった納竿に行く。名人達の阿部への誘惑を振り切っての1人釣行なのだ。
今日の吉野丸9人、おなじみのクジは後ろから順番にきて残り3本、引くと9番こうなると笑うしかない。
残りの2本は1番2番だったハッハハ(笑)
1番を引いたIさんがクジ引いてきてくれと言うので久し振りに抽選場へ上がる。
船8隻、10番クジを引く、好調のミッチャから降ろし10番廻りを降ろした後私は9番馬の背に博さんの勧めで上がる。
今日は先端に着けてくれて上がったものの身動きとれず(ーー;)足場に注意しながら時間を掛けて準備して釣り開始。
前に上がった時は後に着けて、「前に行くなよ、歳考えよ」と言ってたのに(笑)
見た感じ釣れそうなのだが餌が全く盗られない?少しずつ深くしていくと手に当たりが来る。
寄せてきたらイサギ、ここまでは良かったが玉網を持ったら棒杭からなかなか外せず焦るも何とか外れる。
掬おうとしたら今度は玉の柄が伸びすぎ掬えずまたまた焦ったが何とかゲット(^^♪
そしてまたまた失敗、〆る為ナイフをリュックから出す時にナイフを海に落とす(涙)それも高級品?なのだ。
ほんまに高級品なんですよ、ナイフショーに出品している人の作を譲ってもらっていたのに。
予備?の包丁で〆てまた釣り開始。今度はコツコツの当りを取り上がってきたのはサンバソウ(^^♪
その後は当り無く釣れてくるのは磯ベラとキタマクラだけ?周辺の磯も竿曲がっていないがミッチャだけは竿が曲がっている。
なんとかグレの顔をと頑張るも当ってきたのは赤と緑の鮮やかなオスのゴンタ。
同じ場所を狙っていたら当たりでなんとかグレの顔が見えた(^^♪
後は当り無く今年のグレ釣り終了になる。 ドツボにはまる寸前だった?これだけ釣れなかったらドツボにはまったかな?
正月にお賽銭はりこんで釣れるように拝んどこや。来年は釣るぞ〜
釣果 グレ 30cm 1匹  イサギ 33cm 1匹  サンバソウ 35cm 1匹

12月13日  牟岐大島 櫂投、中のハエ
本日の結果 ガーン ショック 撃沈 (ーー;)
天気良し、波無しの全島やれる条件で上り潮が行ってるのを見越しての1人釣行
昨日の夜から餌バッカンとクーラーを軽トラに積んでいたのだが朝起きると氷が張っていて解凍の餌が凍っている。
想定外の出来事だ、サシ餌が凍っているのは辛いなあ。水掛けたらいけるかと牟岐へ向った。
吉野丸16人 船内クジ13番毎回なので慣れっこ?
11番クジで佐本へ行く途中、櫂投げタニハンの地に上げた後中のハエ行く人居るかと言うので行く人居ないようなのでクジ悪いが上がる。
水面ざわざわして釣れそう、開始当るのはババの大小、キタマクラ、今日も針貧乏する。
寒く手が冷たいので針くくるのが辛い。切られてなくてもハリス噛み噛みなので針結びの練習みたいだ。
餌盗り多数だが黄センとは分離できるのだがキタマクラはホンマやっかいだ。
まして周辺の磯誰も上がって居ないので餌盗り全部寄って来る。
おまけに気がついたら穂先が折れてる(ーー;) 前からいつ折れても不思議でないような状態だったからまあええか。
昼にクジラ、高橋に上がってきたので餌盗り減るか思うもいついてしまったのか、釣れるのは変わってきた人たちだけ。
最後まで粘ったがグレ釣る事ができず、ジャイアントババとの格闘で腕が痛くなっただけ、明日は整骨院に行かなきゃあかん。
港に帰ったら皆さんよく釣っていた、辛いのう〜。今日はなんとか釣れたハゲで鍋だ。

12月4日  牟岐大島  桃の地 ヒッツキ高
天気予報良くないので、釣行迷ったがとりあえず博ちゃんにTELしてみるとやかましい音が聞こえるチンチンジャラジャラ?(笑)
忙しそうだったので?一旦TEL切り折り返しのTELで表廻りもやれるんちゃうかという事で釣行決定。
Mさ名人の新車に同乗して牟岐へ快適なドライブする。
人は少ないと思ったが、吉野丸13人も着ていた。出港後恒例の船内クジ私12番、Mさ名人10番今シーズンもクジ運悪し(ーー;)
船は3隻で今日はジャンケン、勝って4番廻り馬の背は上まで波来ているので俵から上げる。
屋形も上げて、順番に降ろした後、最後は私達2人、ナデに行ったが波高く気色悪いので断念。
裏廻りの桃の地に上がる。一投目木っ端グレ、次はジャイアントババ、これは私の負け。
釣れるのは木っ端とタカベ、小型ババ、10時頃より風変わり波が急に少なくなりヒッツキ高へ磯替わり。
Mさ氏に場所を先に譲ってもらい屋形側を取る。潮はゆっくりと上り気味、今日はMさ氏の撒き餌で釣れるぞ〜(笑)
でも釣ったのはMさ氏、そしてすぐに下りになる。やっぱり撒き餌係り(-_-;)
その後もグレを釣るのはMさ氏、私はババばっかり
私にグレがきたのは13時20分(^^♪ ああ握らずにすんだ。
1匹釣るのに、何度仕掛けを変えたことか、嬉しい1匹だった。
その後当りグレ追加、そして大グレの予感で奮闘して上がってきたのはサンタ、ガックリ!大グレだったら掬ってとMさ氏に頼んでいたのに。
その後も良型のババ、時間無いので切れてくれと思ってるのに取り込める。時間無くなった。終了〜
釣果 グレ 27〜36cm 6匹

11月20日  阿部 一つ目
えっとぶりの磯釣行、Mさ名人の車に乗ってゆっくりと阿部へ向う。
一つ目にMさ名人、汐凪g名人、底物師と4人で上がる。
底物師はヌクマル向きに居るので3人でジャンケン、1番汐凪名人、沖向き、2番私で潮下り分かっていたが沖向き低い場所にかまえる。
私はグレ狙い、2人はイサギ、鯛狙い。釣り開始、一投目フグ、次もフグ、フグ、フグと続く。
どんどん針が無くなっていく<`ヘ´> 波が鏡のようになった時に底を見たら北朝鮮の兵士のようにフグが整列していた!!
フグと戦いながらもなんとかグレの顔を見る(^^♪ アイも喰ってくる。引き強く面白いがそんなに要らないのに沖も手前も当る。
そんななか嬉しいお土産のハゲが釣れる。腹パンパン、肝も大きそうで美味そう。
今日は家を出るときから不吉な予感?そう仏滅なんだ。
潮も満ちてきて風も吹き出し波も被る。ハリスを帰るのに偏光眼鏡をクーラーの上に置いていたら風で水溜りに落ちる。
拾って乾かしていたらまた溜まりに飛び込む。また拾う。ここまでは良かった。
そして釣っていたら大当たり、もろに底まで行き道糸から切れ、浮き流れ回収できず(ーー;)
また仕掛けを作る為偏光眼鏡をリュックに掛けていたら大風が吹きあっという間に飛び海の中へ沈んでいった(ーー;)
15時過ぎてMさ名人アミノ酸釣方で良型イサギゲット、汐凪g名人も連荘で釣り出す。
イサギ狙いに変更、16時前に当りあがってきたのはなんと私の好きなサイズの鯛\(^o^)/
その後私は当らず、両名人にドラマが訪れたが結果は?Mさ名人 汐凪g名人のブログ見たら書いてるかも?
釣果 真鯛 37cm  グレ 27〜34cm 5匹  アイ 25〜30cm 10匹  ハゲ 23cm 3匹

10月30日  阿部  飛島
阿部、釣行予定していたら波高く出船出来ない日ばかり続いた。
久々の天気で出船できる(^^♪メンバーは汐凪g名人、Mさ名人、M美名人、Mるさん、極親父さん、強力メンバー!
船頭さんより4人飛島へ行きと言うので港でジャンケン、4番目に上がれる事になる(^^♪
1番は極親父さん西裏、2番Mさ氏、東、3番汐凪g氏船着き、私胴から釣る。
一投目上り気味?2投目下り、後を見ると汐凪gさん西表へ移動、少ししてMさ氏も西高へ移動、すばやい人ばっかりじゃ。
3人は下り潮で流し、イサギを釣り出す。私はオセンと遊ぶだけ(-_-;)
呼んでくれたので胴裏へ移動、しかし撒き餌係りで見せつけられるばかり(ーー;)
弁当がきて温かいうちに食べて気合入れて釣り出すも釣れるのは3人だけ
3人が同時に竿曲げても私一人蚊帳の外、ホンマ辛いわ(ーー;)
なんとか小型イサギ釣るも続かず、たまに来るのはあっという間に切っていく魚、上がってくるのはサンタ。
15時頃?ヘリコプターが飛島沖で水面近くでホバリング!なにやってんのか不明だが?
皆は極親父さんを発見して偵察してるとか次はMるさんの方に行くぞとか言ってたが?(笑)
その頃より餌盗りが少なくなる、グレが見えると言うので仕掛け変え狙ったら1匹釣れるも後いなくなる。
またイサギ狙いにしていたら1匹きてこれからと思ったら船が来て終了。
釣果 イサギ 27〜31cm 2匹  グレ 31cm 1匹

10月21日  須崎 フタゴ 神島大バエ
鬼掛四国大会に参加、20日夜にH名人、しげ名人、Mさ名人、Mる氏、私の5人で出発する。
すぐにメカゴジラが吠え出す、後半にはゴジラも吠え出す(笑)
須崎に到着後仮眠しようとしたが眠れず、Mるさん我慢できず車から出て行った(爆)
4時半から受付、クジ2番でA船になる。競技説明で4隻で出船、船内1位で3人までが決勝に進める。
25cm以上、8匹の重量で勝負だ。
出船、私は1番クジ高知スタッフのMさんとフタゴ磯へケーブルTVの長さんも上がってきて撮影。
優先権のMさんが場所取りして反対側に私が、7時スタートする2投目でシモリに掛かりハリス切れ(-_-;)
頭上でケーブルTVの実況でMさんがグレ連続で釣るのが聞こえる。少し焦る?
私はキープできないサイズが続いたが、なんとか1匹キープ(^^♪
交替時間前に連続ヒット、型も良くなって来たところで交替。もう少し前にポイント見つけてれば。
交替して2匹追加して7匹になった時、時間が来て磯替わりになる。
次の場所は神島大バエ、今度は3人で上がり開始する。すぐに連続で当るも23cmばかりでキープできず。
後半戦に入り、良い当たり大型、取れば逆転間違いなしで慎重にやりとり上がってきたのはサンタ(-_-;)ガックリ。
この場所ではキープできず、2回戦終了に。
戸島大バエに行き計量、A船2位で通過ならず、決勝戦を見て港へ帰り表彰式、楽しみは抽選、当ったのは欲しかったトレーナー\(^o^)/

10月7日  伊島  イケバエ ビシャゴ
今日は阿波一風の伊島磯釣り大会の予選に交じって参加。
朝、目が覚めて時計を見たら見えない?眼鏡掛けて寝ているのだがどこかに消えてしまった。
仕方なく、違う眼鏡を掛けて布団をのけたり周辺を探しているうちに目覚ましが鳴る。
とりあえず、迎えに来てくれるので荷物の準備をして再度探すとベッドの下にあった?良かったわ。
3時15分極親父さんが迎えに来てくれて家を出る。m(__)m
港に行くと人が多い!各クラブ共予選をしている為か、船頭さん曰く天気悪い日が続いたので延期したのが今日になったらしい。
お客さん揃って4時15分頃出船、西オチから着け、西長と着ける。他船より早かったのか?
甘かった、目ぼしい場所は皆上がっていた。住吉丸、一番遅かったようだ。
順番に降ろしていて、気がついたら船には私だけになっていた。
イケバエに降りる。前に一度上がって居たのでポイントは分かっている。
上がって時計を見たら6時前になっていた。ヘッドライト用意していたのに無駄になった。
狙いのポイントで開始、風は強いが波は無い。餌を撒いても何も見えず、サシエも残ってくる?
最初の当りは磯ベラ、次はフグ、その後も釣れるのはその魚だけ(ーー;)
8時に船が来たので磯替わり、船頭さんに餌盗り居ないので居る所へ連れてってと頼む。
行った場所はビシャゴの後、前の上を見るとてっぺんに鳥が木で巣を作っているのが見える、その横には今にも落ちそうな岩がある。おぉーこわー。
撒き餌をして開始、見るとオセンで真っ黒!餌盗りの多い場所って自分で言ったのでしょうがない。
9時になるとやる気完全に無くなり意気消沈、ハゲが1匹見えたので狙うも釣れず(-_-;)
撒き餌を撒いていないが、効いているかなと思う場所に遠投してみる、何度か投げているうちに道糸にかすかな反応。
合わせたら、底へ走る。ライン出さずに竿をためていたら浮いてきた。グレだ!無事ゲット40cm(^^♪
これでまたまたやる気が出てきた、目標をグレ5匹に設定。
同じ戦法で狙う。あんまり楽しくない釣りだが今日の私ではこの手しかない。
時間を置いて同じポイントで当り、良く引くわりに型は30cmチョイか。
11時半頃Mさ氏よりTEL話して仕掛け上げたら根掛かり、引っぱったら浮きから切れ紛失(-_-;) 今日2個目
3匹目これは浮きみていたらゆっくり沈んでいく上がったのは30cm、型が小さくなっていく。文句言ったらあかんわな(^^♪
4匹目手に当り、重量感がある。見えてきたのはナイス型のグレ、無事玉網へ\(^o^)/
13時過ぎて釣る時間が少なくなってきたので、撒き餌を残さないように手前にたっぷり撒き、ポイントにも撒き合わす釣りをする。
13時20分ヒット、底へ向う。動かなくなる緩めひっぱったら動いたようなので、切れてもいいとむいきに引っぱる。
すると出てきたが、良く引っぱる。浮かして玉に手を掛けたら、また潜られる。良型の顔見ているのと擦れたハリスで弱気になる。
でもこれ以上出せないので堪えたら、す〜っと浮いてきて急いで玉に入れる\(^o^)/今日の中で一番楽しい1匹だった。
13時半過ぎたら、見える範囲の人が竿仕舞っていたので私も目標達成できたので終了する。
釣果  グレ  30〜44cm 5匹

9月21日  日和佐
久し振りの磯、トーヤンの昌氏と日和佐へ行く。山戸丸は8人、松栄丸は4人?クジしたら上が当る。
イカリは底モンが1人だったので昌氏と胴へ便貰い、カゴ氏が船着きへ行った。
先ず最初にルアーロッド持っていってたので投げてみるも5回投げて反応無かったのですぐ止め。
1匁仕掛けでイサギ狙い、潮はゆっくりした上りだが餌も盗られない?
しかいカゴの人は釣ってる。棚を少し深くしていたら当たりでイサギゲット(^^♪
その後当り無いので針を変えてみる。連続で当るも連続針外れ?次にきたのはキツだった。
潮が速くなり手前に当ってきて釣りにならないので仕掛けを軽いのに変更。
それから当りだしたが、型が小さい20cm無いのでリリース。たまに25cm越えも混ざる。
際で強い当り、竿先叩くのでサンタ?上がってきたらラッキーな事にハマチ、無事ゲット(^^♪
後続かず、来るのはキツ、サンタ、ゴンタだった。
そこでまたまた休憩をかねて?ルアーを東に行って投げる。反応有り!
もう一度投げる、今度はヒット!ドラグが滑る、青物、平鱸? 近くまで来たときに外れ残念(ーー;)顔だけでも見たかった。
また投げる、ヒット軽い?ダツだ!次もその次もダツだった。 止めて今度は裏へ行ってエギ投げる。当り無いのですぐ止める(笑)
昼過ぎてますます磯に当ってくるので、東に行ってチヌダービー用のチヌ狙いをする。
すぐ当たりでこれはアイ。次はキツ、サンタそして難なく上がってきたのはチヌ、まずまずの型これで計量できる。
それからモンスターの連発、掛けたら胴に走られ磯に潜られる。2回連続同じ場所に行かれて動かず、浮きから切れるも2回とも回収できた。
上がってくるのはサンタとキツ、13時半潮が下りに変わる。また元の位置へ帰る。
イサギとヘダイ追加したら14時過ぎもう船が迎えにきたので終了となる。
チヌはハッピー釣具で計量したら50.1cmで暫定3位同寸だが先に計量したほうが上位なので残念等外(ーー;)
〆て氷水に入っていたので縮んだので悔しいなあ。
釣果 イサギ 25〜35cm 9匹  ハマチ 45cm 1匹 チヌ 50.1cm 1匹 ヘダイ 41cm 1匹  アイ 26cm 1匹  ハゲ 1匹

7月5日  牟岐大島  ピストル
単独釣行で大島へ行く。天気は曇りの予想だったが朝起きた時にパラパラと ハッピーへ餌を取りに行った時には大粒の雨になる?
雨が降っているので安全運転で牟岐へ向う。雨は止む気配無い。
今日の吉野丸は4名で他の人は底モン。クジ関係ないがクジする3番。
博さんに今日は桃オチ行きたくないって言ってたら引いてきた磯クジは17番 桃じゃないか(笑)
捨ててソエバ船着き、馬の背、ホリモンと底モンを上げ、ピストルやってみるかと言うので喜んでピストルに上がる。
開始一投目、潮動かないので誘いをかけると浮きが入りイサギゲット!居るじゃない(^^♪
イサギ、クーラーに入れ餌をつけようとしたら、ハリスの真ん中を嫁のさらに引っ付かれ切れる。<`ヘ´>
今日はこの失敗が何度もありハリスのロスばっかり。
沖は餌盗り居ないようで餌は残ってくるのでポツポツ当たり8時半までに5匹のイサギを釣る。
これだったら2桁いけるかも?甘かった、その後2時間程当たり無くなる?
それから当たりでだしたが、モンスターばっかりで上がってこない、上がってきたのはジャイアントババ、全部これか?
上げたら針が無いのも数回あった。ハリス変え時大チョンボやってしまう。
110m巻きの船ハリスを棒杭にさしてハリス変えていたらそのままハリス落ち込むが何とか回収する。
これで良かったと思って釣りしていた時に、磯際見たらなんか丸い白いものが沈んでいく?棒杭見るとハリスのスプール無い(ーー;)
昼からイサギ2匹追加しただけで、モンスターに針とハリス大量に盗られ泣く泣く終了する。
前日、Mさ氏より友引だから良く釣れるで〜と言われてたが雨だけが友引だった(笑)
釣れたイサギはダイエット中なのでスリムになってる。自分がスリムになりたいわ〜。
釣果 イサギ 30〜36cm 7匹

6月26日  牟岐大島  桃オチ
大島釣行予定が荒天の為のびのびになっていた。今日は悪天候の魔の火曜日だったがMさ名人と牟岐へ行く。
昼前からの雨の天気予報だったが、朝から黒い雲が見え悪い予感がする。
港に着くとパラリパラリと小雨が当たるので朝から合羽を着用。ズボンだけ穿く予定だたが上も着る。
吉野丸は5名、常連Nさん、底モンIさん、知らない人。船は7隻。
磯クジは5番だったが捨てて、17番が空いたので行く。あまり行きたくなかったが、桃オチへ2人行けと声かかりMさ名人と私が上がる。
Mさ名人、前、私後から釣る。足場悪く餌をカゴに入れる時から落ち込まないようにと気を使う。
潮は速い下り、釣れそうなのだが?最初にMさ名人が鯖ゲット、私も鯖。今日も鯖祭りかと思ったが喰い悪かった。
そして大量のゴミが!竹、木(太く長い材木)ブイ、海藻、いろんなものが流れてくる。こないのは魚だけ(ーー;)
それでも1匹イサギがきた(^^♪ その後当り無く、餌を盗られるばかり<`ヘ´>
磯替わりしようと思っても波もだんだん高くなり替わる磯も無い。
隣の磯桃の木ではIさんが石鯛63cmを上げる\(^o^)/ Iさん1月にも私と会った時に同じ桃の木で64cm釣り上げたよ凄い!
イサギ、鯖、1匹ずつ追加して14時過ぎに仕掛け回収していたら大当たり、手前まで突っ込んできて2号ハリス切られる。
新しく仕掛け作らず、終了する。
天気は波は予想通り出てきたが、雨はパラパラきただけで晴れてきた。魚釣れなかったがやっぱりワイは晴れ男じゃ。
釣果 イサギ 33cm 2匹  ゴマ鯖 40cm 2匹

6月8日  牟岐大島  桃オチ
悪天候の日が続いていたので、釣行する決断がなかった。
今日も天気悪いと予想されていたのだが我慢も限界(笑)
Mるさん、ペ〜さんが行く予定していたので一緒に行くことに、朝、ハッピー釣具に行くとたかしさんも参加。
牟岐の港に行くと吉野丸メンバーはNさんと底もんさん5名で10名である。
挨拶を交わした底もんのIさんがいつも同じメンバーばかりでたまに違う人居らんのんで〜と(笑)
大島へ向う、船内クジ3番、磯クジ17番で私は桃オチへ、桃はNさんと底もんさんが上がる。
準備をして投げようと思ったら、周辺、海藻とゴミだらけ、少ない場所を見つけ一投目。
すぐに当たりあるが海藻が浮きと道糸にかかり取り込みに難儀する。
何とか取り込んだのはゴマ鯖、釣りたかった魚の一つなので嬉しい(^^♪
その後も喰ってくるのはゴマ鯖、海藻との戦いなので時間が掛かってしょうがない。
魚を掬う前に、浮きに掛かっている海藻を玉で掬って外してからの取り込みになる。
8時前に海草の無い近くのポイントができたので投げたらイサギ(^^♪、連続3匹ゲット(^^♪
間を置いてもう1匹追加(^^♪ 今日はつけ喰いか!しかし後続かず。
次はカツオのナブラ?当り無かったので仕掛けを回収していたら当たり、上がってきたのはメジカ、上等じゃ(^^♪
同じようにもう1匹追加(^^♪ 狙いに来た魚全部釣れた(^^♪
その後釣れるのはゴマ鯖ばかり、10時過ぎにはクーラー8分目になり喰いそうでない場所に投げるも喰ってくる。
昼前からは釣っても痛むのでリリース。鮮度優先、食べて美味しいのが1番(^^♪
その後、最後までイサギの便りは来なかった。
鯖は途中下車したので少なくなってます。
釣果 イサギ 30〜38cm 4匹  ゴマ鯖40cm前後13匹 メジカ 2匹

5月24日  牟岐大島  ソエバ
大島でイサギが喰いかけたのと、TVで旬の魚イサギの料理をしていたので食べたくなる。食べたくなったら釣りに行かなあかん(笑)
フカセの準備をしていたのだが、波高そうなので吉野丸博さんにTELして状況聞いてみる。
表、佐本周りも行けそうだが、相談の結果、波高くてもポイントの心配しないカゴに決める。
腰、腕の調子が悪いのでカゴはしないと皆に言ってたのだが(どの口が言ったんだろう?)後で釣り友には口撃された(笑)
カゴの用意をしょうとしたら、道具がなかなか見当たらず。おまけにロッドケースはチャックが塩噛みしてるし散々だったがなんとか揃う。
朝、4時前に起きてハッピー釣具へ餌を取りに行く。Mさ氏がイサギの釣れそうな私好みの餌を選んで解凍してくれていたm(__)m
極親父さんと話しして先に出発、うどん食べなあかんので(^^♪
道中、牟岐、日和佐の中間点にさしかかった時にガードレールの横に鹿が倒れている。私の鬼門の場所、スピンして山に激突した場所。
後で極親父さんが通過した時に1台車の人が止まり鹿を持って帰っていったそうだ!
前置き長かったが、港に到着。知り合いが多く着ていたので順番に挨拶。
28吉野丸13人、恒例の船内クジは4番、ヒジカケからN氏、象の鼻タケシ氏、ジョーキ たかし氏、エボシ極親父さん私はカゴだったので最後に降りることになる。佐本の大バエの前で様子見たが波高かったので止め。
大島一周してきてソエバに入れてもらう。船着きに底物師と引き金にフカセが居たので挨拶してから開始。
丁度7時、棚、竿2本から始める、潮は動いていない。それでも3投目で浮きが入るも餌だけ無くなっていた。
同じポイントへ投げると当たり有り、イサギがきた35cm位(^^♪その後も続いて当たりで7時半過ぎまでに3匹釣れた(^^♪
下りがゆっくり動き出すと当たり無く、餌も残りっぱなし? 竿3本半まで落とすも同じ、2本半にする。
辛抱していたらポツポツ当たり有り昼までに7匹になる。その間モンスターに数回切られる。
昼になり見回りの船が走った時に当たり有り。走ったのでカツオ?慎重に寄せてくるとハマチ?コマサ?見えたので玉を出したら針外れ!残念(-_-;)
その後も強い当たりあって寄せてきたらサンタ、即リリース。
14時位から最後の追い込みで追加、最後にハリスが縺れたので終了。
釣果  イサギ 30〜37cm 15匹

5月6日  引田  平バエ
チーム鬼掛徳島支部の第3回大会に参加する。
何時ものようにMさ名人が迎えにきてくれるm(__)m同乗者はコンビのMるさん。
到着すると顔見知り多数で挨拶を交わしながら準備をする。
受付が始まりクジは28番、良いのか悪いのか?初めての磯なので全く分からない。
波止じゃなく磯だったら良いのだが、周りの話を聞いていると波止見たいな感じ。
正式な説明があり29番までは磯と言う(^^♪ 釣れなくても磯が良い。
私達の船は一文字波止から上げ、続いて磯へ2番目に私とNさんと上がる。舵子のお手伝いにきていた香川支部のTさんに磯名を教えて頂く。
若い番号のNさんにポイントを取っていただき、私は沖向き右側で開始する。
上がったすぐは無風で潮動かなかったが、少し右から風が吹き風で流される。
餌盗りは見えなかったが、餌は無くなり針も無くなる。
隣はフグ、ベラを釣っている。私は何も釣れない?最初の当たりはフグ<`ヘ´>次もフグ<`ヘ´>
8時前にゆっくりと浮きが入り、合すとフグじゃなくチヌみたいな感じ、上がってきたのは小型ながらチヌ(^^♪
続けとばかり仕掛けを入れると喰ってくるのはベラとフグだけ。 風も左から強く吹いたり収まったりと釣り難い。
10時が来たのでポイントの交替をする。私が左に行ったら左からの風がまくってくる。
波の飛沫も上まで、空は曇り小雨もパラパラと降ってくる。餌を撒くと黒い?シモリ?良く見たらオセンだ!
波風餌盗りと戦っていたらMさ名人より12時前TEL有り撤収との事(ーー;)
周りの人にも連絡、急いで仕舞い船を待つ。
ところが待てど暮らせど船が来ない?1時間たったのでH名人にTELしてみると今船に乗せているとの事。
私の所へ船が着たのは1時間半過ぎていた。波止の人は竿を持っていたらビリビリと電気が流れたとの事。
高価な竿を持っていた人程流れたそうだ。私は心配ないな(笑)
港に帰り最後に計量となる、釣ってる人は釣ってました。
優勝は黒潮顧問H名人、2位はしげ名人、おめでとうございます。アオタ軍団凄いな(爆)
表彰式の後四国大会の選手が発表され、黒潮ファミリーからH名人、しげ名人、Mるさん、スタッフMさ名人、私が出場できる事になりました\(^o^)/
釣果 チヌ 33cm 1匹

4月18日  牟岐大島  ヒッツキ(高)
田植えも終わり一段落着いたので釣りに行く事を考える?いつも釣りしか考えてないってか(笑)
何所に行こうか迷う、Mさ名人が大島釣行しているので聞いてみる、そして福村へコッチンさんが釣りに行ってたので港へ見に行く。
チヌ釣れていたので福村にしようか、大島もグレ釣れていたので迷ったが、イサギ食べたいので大島に決定。
イサギ狙いで大島へ、船は6隻で吉野丸は3名、他船も乗っているのは少ない。
運良くヒッツキの高へO氏と一緒に上がる、高での釣りは長いことやって無いような気がする。
先ず餌を撒いてみると、潮は動いていないが、キツは見える。
先ずはグレ仕掛けでやってみる。!!!なんと一投目から当たりでグレがきた(^^♪
その後も尾長混じりで、喰ってきた。4匹釣れたのでイサギ狙いに変更してみるも潮が動かないので喰わない。
桃オチにいるシーちゃんからTELきたので情報聞くと下り潮が速く、イサギは型が小さいらしい。
イサギ喰わないのでグレ狙いにしてポツポツ拾う。間に何度もイサギ狙ってみるも当り無い、当たりはキツの大当たりのみ。
もちろん切られるのが多い。小型のみ上がってくる。
14時過ぎて屋形から声が聞こえる、凄腕底モン師伸ちゃんが竿を曲げ石鯛60cmを上げる。\(^o^)/
14時半伊勢海老の網が入ったのを機会に終了する。
釣れたグレは口太、尾長が半々、口太は腹パンパン、チヌぐらいの卵が入っていた。産卵低水温で遅れているのか?
イサギは釣れなかったが、久し振りの釣りは楽しかった?O氏は仕事よりえらいと言ってたが(笑)
釣果 グレ 27〜37cm 15匹

3月14日  日振島  14番
黒潮カップメンバー10名で日振島へ行く。車2台で道中楽しいこと楽しいこと\(^o^)/
港に着くと平日にもかかわらず多くの人が釣りに着ている。
船内でクジがあり、私達は2人ずつのペアーでクジを引く。私のペアーは淡路南風さん、当たったクジは5番、仲間の中では一番上位だ。
磯取りを始めると上位の人は18番、イヨシバエ、4番、21番を選択していて私は14番前を選択する。
磯は全く知らないので、前日に航空写真、ポイント図、インターネット検索して選んだ。良い磯との事。
14番前に淡路南風さんと降りる。10時50分満潮、満ちの潮に期待して釣り開始。
ゆっくりした満ち潮が流れる。しばらくして初当たり、上がってきたのは良型のイサギ(^^♪
そして次の一投、潮が流れない?全く動かず、水温も下がっているのか餌も盗られない。
次に変化があったのは、少し潮が沖に流れたその時当たりありグレゲット。
そして潮が満ちてくるのと風が吹き出し、波が這い上がりバッカンの中は水浸し、(ーー;)
潮が動かない?引き潮の時間に期待するも時間が来ても引き潮に流れない?
仕掛け変更、パラパラで釣っていたら良型グレがきて拍子良くシモリをかわせ無事ゲット。
しばらくして淡路南風さん、良型グレ2匹ゲット(^^♪
後また反応無くなる。潮が動かない?13時過ぎてやっと引き潮が流れ出す。
正直なものですぐ当たりあったものの、軽くなる。仕掛け見たら針が無く、豚の尻尾になっていた。トーヤンじゃ。
後当たり無く時間が来て終了。19番シモリに上がったスーパーサイヤ爺とタケシ、8番に上がったMるさん、しげ氏が良型を交え良く釣っていた。
釣果 グレ 37〜48cm 2匹  イサギ 40cm 1匹

3月8日  阿部  飛島
昨日Mさ名人と何所へ釣りに行こうかと夕方まで思案していた。牟岐の情報聞いても芳しくないし、阿部も波が心配だ。
結局、阿部が久々に出船できるそうなので阿部に決定する。グレは望めそうでないので鯛、チヌ狙いで出撃。
途中、山の上から磯を見ると、ヌクマル、一つ目も波が被っているし、飛島も中央波が越えてる。
港に着くと私達だけかと思っていたら、マニア釣行全員で7名も居た(笑)
船頭さん、上磯は無理だがサシガネ周辺、飛島は潮がひいていくので大丈夫との事。
順番に上げていき、最後に2人で飛島へ上がる。Mさ名人は東へ、私は修行の為西裏から向かい風の爆風に立ち向かう。
潮は上りで爆風ものともせず浮きは進む。回収すると餌が無い?次もその次も?Mさ名人グレを釣る。
浅くしてみるも餌残らず!何が居るんだろう?Mさ名人から声が、見るとバリコ!まだ居るんか。
餌を撒いても魚は見えないが?そのうち浮きが動く?サヨリが喰ってきた。これはキープ、これでビールが飲める。
3匹サヨリ釣った後、弁当が届いたのでMさ名人の横へ食べに行く。
東もサヨリが居ると言うので、潮もひいてきたので胴へ行き浅くしてサヨリを狙う。喰ってくるが細い?
一寸仕掛けをいじるも喰わない、試しにまた変更、一発で喰ってくる。なるほ〜ど納得。マル秘かな(笑)
Mさ名人竿を曲げる、鯛?上がってきたら黒かった。私もサヨリ止めて鯛狙いに変更しようと思っていた時に、下にチヌらしき魚が居ると言う。
そこで仕掛け変更手前を狙ってみる。当たり!上がってきたらグレ!(^^♪
同じポイントで当たり、見えていた極かチヌか?喰ってきたのはチヌ(^^♪良くひいた。満足。
しばらくしてまた当たり、なんだろう、これまたラッキー上がってきたのは40cm近いグレ(^^♪
その後当たり無くなったので、鯛狙い、即当たりだったがこれは磯ベラ。
その後また当たり、今度は引きが強い、ゴンゴンと首を振っている。浮いてきたMさ名人が赤いと言う。
鯛?嬉しくなり心が躍るが、見えたら黒に変わっていた。残念、だがこれも狙いの魚だ。
15時頃から潮も満ちうねりがきだしたので15時半終了する。
釣果  チヌ 46〜51cm 2匹  グレ 30〜39cm 2匹  サヨリ 25〜35cm 15匹

2月27日  牟岐大島 屋形
Mさ名人と大島へ修行に行く。牟岐のローソンに寄り2人ともうどん注文、レジ違うのに札、12、13番と連番(笑)
今日の28吉野丸は11人、12.13のクジはない。(笑) 私7番、Mさ名人は4番。磯クジは7番廻り。
金輪、沖富士の後、Mさ名人とヒッツキの大バエへ上がる。竿を伸ばし、ハリスを結び針を付けようとしたら船がきて1人乗って来いと言う。
私がまた船に乗る。屋形が4人しか居ないので行けと言ってくれたので行く。挨拶に行くと前に同磯したYさんも居て快く入れてくれたm(__)m
船着きから胴寄りのポイントで開始。東ではすぐに竿を曲げている。
私も2投目でもぞもぞとする感じ?当たりかな?竿を立てると重みありグレらしき引きだ。しかし手前で針外れ(ーー;)
胴、東はグレ釣ってるが私は当たり無い?起き竿にしてもう1本の竿を出そうとしたら道糸が真っ直ぐ、慌てて出そうとした竿仕舞う(笑)
本物の竿持つと良い引き、今度は無事価値あるグレゲット(^^♪
その後当たリ無い?沖の潮目、東の笑の先にも湧きグレも見えるのに?潮も止まったのかその後沖のグレは消える。
 11時過ぎに2人磯替わりしていくと上りだす、するとグレが当たってきた。11時半頃に東の人が大風でリタイヤして私の横へ。
その時Mさ名人が磯替わりできた。皆が東空いたので行きよと言ったら東へ行った。
東はグレは見えるものの風と波で修行そのもの、でも流石名人、強風物ともせずグレを釣った凄いm(__)m
胴寄りの私でも00の浮きが凧揚げのように上がるので鉛打って沈めようとしてもなかなか沈まず苦戦する。
たまたま入り過ぎた時にきたのは、今日も大きなサンタだった。石鯛で有ってくれと願っていたのだったが残念。
今日も船が見えるまで頑張り修行したので明日は腰痛で泣きそう。
グレの数、7か8か覚えてなかったので7匹と申告したら8匹居った。
ひろ丸のYさん、Sさんお世話になりましたm(__)m
釣果  グレ 32〜38cm 8匹

2月17日  牟岐大島  ヒッツキ低
水温低下の辛い時期の価値ある1匹のグレを目指して釣行する。
釣行予定は昨日だったのだが、水曜日に初代嵐さんが水温を下げてしまったので昨日は様子見。
昼過ぎに船頭さんにTELすると水温上がる気配は??ぼん氏が沖富士に居るので聞いてみと言うのでTEL、状況悪いとの事。
迷ったがやはり決行(笑)13時過ぎにTELしたら水温下がっていると言っても行くという人が6人居るそうだ。
朝行くと死神隊長も着た(笑)客も14人も居た!
出港してから水温計見るも12℃からなかなか上がらず、津島過ぎてからやっと13℃になる。
ノコギリ近くになり13.8℃まで上がる、裏を見に行くと桃周辺で丁度13℃。想定通り。
船内クジ行う、残りクジを貰おうと思い残ったクジは私が12番、死神隊長14番(笑)
船は7隻、各渡船乗客多そう、磯クジは4番廻り、順番に上げて行き私の番になった時、丁度ヒッツキの低が空いていたので便貰うラッキー。
高の人に挨拶してから釣り開始、何時もの仕掛けで反応無し?水温下がっているので深く入れなあかんので鉛を打つ。
ところがところが割れ目になかなか入らず3個も落としてしまう。小さい鉛止め<`ヘ´>
浮きから交換して鉛も大きいのに変更したらやっとかますことができた。年寄りはあかんのう。
8時過ぎに当たりあったが、手前まで来て針外れ(-_-;)
当たりが有った場所をしつこく攻めていたらスーツと浮きが入る、引きは弱いがなんだろう?
上がってきたらグレ(^^♪ 価値あるグレゲット 唇にちょっと掛かっていたやばかったなあ。
次も同じ場所で当たり、グレだ(^^♪両目が開いた(^^♪
そして次の準備をしている時に悪魔のTELが初代嵐さん、これで喰い止り、屋形方向から風が強くなる。恐るべし!
11時頃より潮がゆっくり上りだし、風も弱くなってきた。その時Mさ名人からTEL 話してからTEL切った後急に波被る恐るべし!
次は昼過ぎにMるさん、潮上りだしええ感じなってきたと話してる間に潮が止まって下り方向へ!恐るべし嵐軍団!!
14時頃からまた上り加減になった時に良い当たり、粘って粘って上がってきたら50cm近いサンタ!
引きは竿を叩かなかったのでてっきりグレと思ったのだが、針は口に掛からず、腹に掛かっていた。良くファイトしてくれたのでそっとリリース。
時間が来たので終了。今日は価値あるグレで大満足\(^o^)/死神隊長はジョーギで3匹のグレを仕留めていた。m(__)m
釣果 グレ 30〜32cm 2匹

2月9日 牟岐大島  屋形東
今日はHさんと一緒に牟岐へ行く。途中ローソンへうどんを食べに、番号札なんと前回に続き8番!縁起が良い(^^♪
そして港へ、少ないと思ったが14人の人が居た。今日も顔見知り多数(^^♪
出港して大島港へ行かずそのままカベへ?前日にお客さんポーチに入れた浮きを忘れてきた為回収に行く。
回収後大島一周して水温チェック、全島16℃ある(^^♪期待できそう。
恒例の船内クジ残りクジで2番(^^♪良い場所引いてもらいたい。
抽選場に上がった人が船に帰ってくる。乗ってきたがそのまま後ろへ?喜んで無いので良くないのか?
聞きに行くとなんと!8番(^^♪1番の組がヒッツキに行ったので屋形へ私達が行く。
上り潮が走って、胴の前で潮目が胴が良さそうだが、普段行く機会のない東へ行く。高にHさん。
足場悪いがすぐ用意してハリス1.5 針4 棚3ヒロでスタート、一投目で当りありグレゲット\(^o^)/
幸先良いスタート、今日は目標20匹じゃと意気込んだが後続かず。
潮が動かず?胴から沖は上り潮速いのに?胴では順番に竿を曲げている。
なんとかごまかしながら8時半までに4匹ゲット、 逆光で見ずらいが遠投してみる。
すると大当たり、高速で走る!止まらない?ヒラマサ?道糸無くなったら困るので止めて見たが止まらず竿が軽くなる。
回収してきたら針が伸びていた。これは手に負えんわ(-_-;)
10時頃から潮下りだし、魚の反応無くなる。深く深く入れていったら当たり!でも上がってきたらチョウチョウオに黄センがっくり。
昼前から足元にジャイアントババが、でも沖には出て行かない?
何とかごまかしながら追加したが、目標の半分で終わってしまった。 8番を引いてくれた人に感謝感謝m(__)m
全員船に乗り帰る途中、28吉野丸全開で津島方向へ走る??なんと!イルカの大群イルカウオッチングだ\(^o^)/
写真を撮ろうとしたら電話が?ももぐり氏から、通話中、イルカは遠くへ残念(ーー;)困ったおっさんじゃ。
今日はもう一つ国道55号線牟岐から日和佐へ帰る途中、ガードレール横でお猿さんが笑ってた?動物デーだな。
釣果 グレ 32〜38cm 11匹

2月2日  牟岐大島  佐本の大バエ西
再リベンジにまた牟岐へ、朝起きて前回同様、神頼みで神社へ賽銭22円持って釣れるようにお願いに行く。
途中牟岐のローソンに寄ってうどん注文、番号札8番、良いかも(^^♪
食べていると、淡路南風さんが挨拶に来てくれて津島へ行くとの事。
港に行くと数人の知り合いが、またまたS名人も着ていた(笑)
28吉野丸客11人船内クジは5番 磯クジは11番。18番が空いたので3人桃の地に上げて佐本へ行く。
西へ私を含め3人、4番クジの人が船着き取ったので私は胴へ 横にトーナメンターWさんが並ぶ。
釣り開始、バリコが居ないので嬉しい。4投目で当たりありグレゲット(^^♪先日師匠より玉網を編んでくれたので良い生臭がついた(^^♪
続いて周りの人も皆グレゲットする。8時半までに3匹釣る事ができた。
そのころTELが日和佐に釣りに行ってるNさんより、日和佐水温13℃切って餌も盗られないと言ってる。
こっちは餌盗りのジャイアントババが、水面まで上がってくる。
たまに喰いついてくるが、小型のババだけ上がってくる。グレもポツポツと釣れる。
11時過ぎに念願の10匹に到達。神頼みの22匹いけるか?
と思ったら神風?が吹く。突風で立って居れず、海の飛び込みそうになるしこけて尻餅をつく。
他の人も帽子が飛んだり、玉が飛んだりで悪戦苦闘する。
13時過ぎて少し弱まるも、風向きが西東ところころ変わり釣り辛い。
3匹追加して終了。目標の22匹にはるか及ばず、残りの9匹は次回に足して釣れるように拝んどこや(^^♪
釣果 グレ 30〜38cm 13匹  ハゲ 2匹

1月26日  牟岐大島  桃オチ
今週は釣りに行く予定無かったが、釣り情報を見ると知り合いが良く釣っているし、前回前々回と泣きを見たので急に行きたくなりTELする。
朝、家を出たすぐの神社により神頼みで拝んでくる。賽銭は小銭入れに入っていた7円。少なすぎるわって?だって銭無いもんね。
牟岐に着くとMるさんが着いていた。博さんが着てリベンジじゃと言ったらぼん氏はあくる日に着てリベンジしたぞと言われる。
私以外にMるさん、S名人もリベンジと言ってたぞ。
28吉野丸11人、船内クジ3番(^^♪磯クジは18番、桃の地にK松氏、K田氏を上げて私は桃オチへ、後は佐本へ走っていった。
釣りの準備始めるも、牟岐の峠で−2℃と寒く手が凍っていて準備に時間掛かる。
何とか釣り開始、餌を撒いて仕掛けを合したらそのままゆっくりと浮きが入る。早くもヒット、グレだ!(^^♪
2投目も同様に浮きが入るとまたグレで顔を見た途端外れ?良く見ると豚の尻尾になっとる、急いで針くくったので締まってなかったのか(-_-;)
それでも8時過ぎまでに6匹釣れる(^^♪ 潮の流れが変わる、下り潮?
それからはバリコの大群になる<`ヘ´> バリコの親分にMさ名人が襲名してくれたのでバリコの子分が寄ってきたクソ〜ツ。
今日は3回も刺された。気力なくなりかけたが痛みでシャッキになったわ(笑)
良く見たら日の当たる場所に湧いてくる。地の影になっている所は少なくグレを釣っている。
何とかバリコかわしたら今度はシャッカンが来るだけ。
14時過ぎてやっと1匹グレ追加。風が吹いてきたら釣れると行ってたがベタ凪になってしまった。
おまけに鳥が頭の上を飛んでいくときに糞を落としていきやがった<`ヘ´>
船が来るまで粘ったが、追加できず。リベンジできず来週再リベンジだな。
賽銭が足りなかった、7円で7匹だったので次は20円賽銭箱に入れてこよう(笑)
釣果 グレ 30〜38cm 7匹

1月22日  牟岐大島  ノコギリ
鬼掛四国 徳島支部のグレ釣り大会が大島で開催されたので参加する。
Mさ名人の車に私とMるさんの3人で牟岐へ向う。到着すると何時も早いぼん氏はもう来ていた。
その後知り合いが次々と来る。
受付が始まり、クジ引くとリボンの番号は?なんと1番!!!プライベートでも1番引かないのに!
競技説明が有り47人の参加で、グレ5匹の重量、順位は船4隻の横取り方式で行う。
説明が終わり1番船から出港、ぼん氏、池やんも乗っている。
大島港に着き、親クジと言うので最後に抽選場に降りてクジを行う。
1番最初に8番クジを抜かれる(-_-;)最後に残ったのは1番!船内の皆さんm(__)m
ノコギリに私とN田氏と上がり釣り開始、沖の潮は上っていて良さそうだが黄センとバリコで餌が残らない。
何所に投げても、釣れるのはバリコだけ。8時半の見回りでノコの地、地の地、N田氏も磯替わりして行った。
地の地のぼん氏は残っているので釣っているのか?私も替わろうと思ったが、1番廻りを引いた責任で残る事にする。
替わって行ったN田氏、大島一周して帰ってきた(笑)表、佐本は波高く上がる場所が無かったそうだ。(屋形、ピストルでは泳いだ人が居たようだ)
10時過ぎにポイント変更、北側の浅い溝の中を狙っていたら当たりあり小型の尾長が喰ってきた。
同ポイントで2匹追加したが、ここもバリコだらけになり追加できず。
14時に終了、港に向う。1番船はあまり釣れていなく上手く行けば賞品にありつけるかも?
港に帰り計量する。8番廻りは流石に良く釣っている。
表彰式、優勝はヒッツキで釣ったM島氏、準優勝は黒潮顧問H名人、3位はMるさん、そしてなんと4位は私\(^o^)/ライフジャケットを頂く。
丁度欲しかったので良かった。
釣果 グレ 26〜29cm 3匹

1月17日  牟岐大島  クジラ オハナ北の地  チエバの高
 ガーンショック 撃沈 (-_-;)
予報天気図みると波風有ると予想していたが、行く気満々だったので強行する。これが間違いだった。
吉野丸も18人と人多い、しかしお客さんの1人が乗船前に餌を忘れてきたから帰っていったので17人になる。帰ったのが正解だったかも?
出港、水温も前回よりも1℃位下がっており風強いし波も有る。
恒例の船内クジをする。引くとなんと17番(笑)底モンのIさんが2番クジを引いたので変えてくれた(^^♪
磯クジは14番櫂投、1番が中のハエ希望で私が高橋希望で行ったが、波高く磯を越えてくるので1番が中のハエの地、私がクジラに上がる。
クジラに上がったものの風強いし、波も足元まで上がってくる。釣れそうな感じだったが8時半に危険な為船に乗る。
オハナの北の地の人が替わるので入れ替わりに上がる。
風は強いし、波飛沫が凄い。海の中はバリコでバリコでしょうがない。
11時過ぎまで辛抱したが、ずぶ濡れになり寒い寒い、辛抱たまらずTEL「魚釣れなくてもいいから温い所へ連れて行ってくれ」
修行と言うより拷問じゃ(-_-;)
急いで迎えに来てくれて船に乗り暖かい場所に移動、チエバの高に上がる。
目の前に網のブイが浮いていて邪魔になる。注意しながら釣っていたが、引っ掛かり浮き流す<`ヘ´>
心棒の棒が折れて早めに止めて休息、船を待つ。
港に帰ったらクジを変えてくれたIさん石鯛64cm釣っていた。おめでとうございます\(^o^)/
上物は他の人も良くなく私同様、濡れに来たようなもんじゃと言ってた。

1月13日  牟岐大島  ヒッツキ船着
美味いグレを食べたいので大島釣行を計画、人の少なそうな金曜日を予定する。
今日は13日の金曜日であるが、先勝なので問題なし?仏滅のプライベート釣行は握ることが多いので行かないのだ。
極親父さんが迎えに行こうかと言ってくれたのだが、うどん食べるので単独で行った。
港へ行くと人が多い?知り合い多数、黒潮カップに参加していた人がなぜか多い?
M会長、極極コンビ親父とMるさん、死神隊長、ぼん氏、巌ちゃん!!!
27人も居たので2隻に別れる、ぼん氏18号、後のメンバーは28号に乗る。
船は11隻、28吉野丸は17人で私は船内8番まあまあのクジだ。
磯割り5番で象の鼻から降ろし、5番廻りを降ろして次は7番廻りの空き磯の降ろした後、私はヒッツキの船着きに降りる。
先ず最初に、オキアミに水をかけて溶かす??昨日の夕方から軽トラの荷台にバッカンを置いていたら凍っていた(-_-;)
釣り開始、潮が動かない?昨日は飛ぶように流れていたと言うのに?
高の人がグレを釣る、そして私もすぐ喰ってきた。40cmはある(^^♪つけ喰いになるのか?考えが甘いわ
その後は餌盗り居なく、餌はず〜つと残る? 高の2人はよく竿を曲げている。
私にたま〜に当ってくるのはキタマクラ、黄セン。伊島の二の舞になるのか?
釣れないので置き竿にして高の人に様子を聞きにいってたら、船着きを見るとリールから道糸が出ている。
急いで戻り竿を持ったらシモリに入られており、無理やりひっぱったら浮きから切れて流れる(-_-;)
高はゆっくり上り潮なのに船着きは止まっている。9時過ぎよりジャイアントババが見え出す。
ちょっとやる気が出てきて潮が動き2匹連続でグレがきた(^^♪
磯際でもキツが見え出したので、その中にグレ居るかなと仕掛け入れていたら当たりで丸々太った体高のあるグレがきた(^^♪
1匹で終わったので沖を狙ったらグレに混じりイサギもきた。
潮が良くなってきたら迎えの船が出てくる。竿を仕舞ったら、沖に湧きグレが出てきた。仕舞うんまっとんかここのグレは!
なんとかグレが釣れたので今日は良しとしよう。
釣果 グレ 28〜41cm  イサギ 33cm 1匹

1月8日  伊島  ジトウバエ
黒潮カップを伊島にて開催 幹事クラブが阿波一風なので段取りの為、早く家を出る。迎えはM会長m(__)m
受付終了後M会長挨拶の後3隻に別れ出船、伊島に向う。
道中水温18度まで上がり期待で胸わくわくクテンション上がるも伊島に近づくと15度まで下がりテンション下がる。
西オチから着け淡路南風さん、ももぐりさんが降りる。次は西長2名、オンビキへMるさん、S田氏、タンポの地へシコキョーさんY&Kさん、五九十2名 地2名 丸山1名 水島西へ死神隊長、伊勢尼さんが降りる。
残ったのは私と極親父さん、船は何所へ?港方向へ?ジトウバエへ気が進まなかったが仕方なく極親父と降りる。
この時点で7時半全島で最後に降りたの間違いなし、魚釣っていた人も何人か居たと思う。
急いで釣り開始、餌残る。隣を見ると極親父、竿を曲げている。良型イサギゲット、続いて連発。
8時に私に穂先に違和感、誘ってみたら重みがある。合せたら重量感のある引きで大きそう。
慎重に上げてきたら良型のグレ(^^♪ 初釣りで握らずに済んだ(約3週間ぶりの釣りだったので不安だった)
そしてこのグレは黒潮カップ、昨年、一昨年釣果無しで泣いていたので嬉しかった。
でも良かったのはここまで、後は沈黙(-_-;)
針外れ有るもイサギを追加していく極親父、大型イサギを浮かした時に外れで逃げていくイサギ、ショックを受ける極親父。
これでイサギの喰い止まる。
そしてここからは極親父の壮絶な戦いが始まった。
際狙いに変更した極親父に、強力な当たり、穂先が水面に突っ込んでいく。魚の勝ち、浮きが流れている。回収成功。
3回?続けて同じように道糸から切れ浮きを回収している。後ろでゴソゴソしている。道糸を太いのに変えている。
再度チャレンジ、当たり今度は取れるか?またもやバラシ針が伸びていた。魚の正体は?極か石鯛か?
TELでMさ氏と話すると、兄弟ケンカしてるだけじゃないかと(笑)
私はその後の当たりはオセンが1回きただけ、鯛狙いで1匁で沖を狙ったが反応無く終わる。
14時終了、港へ帰り計量。
グレ、チヌを釣った淡路南風さんが見事優勝、2位はグレ、イサギを釣ったS田さん、グレは大物で1匹長寸\48000もゲットする
3位は嵐さん、4位はMるさん、・ ・ ・ ・12位に私\2000とビールゲット\(^o^)/「第12回黒潮カップ詳細順位」
その後、ジャンケン大会で盛り上がり閉会する。
水温下がり釣果良くなかったが、事故無く無事に終われましたのがなによりの幸いです。
参加者の皆様方ありがとうございましたm(__)m
釣果 グレ 43cm 1匹