大王静岡練習会 小笠山・御前崎・粟ヶ岳

JR掛川駅を基点に小笠山運動公園(エコパ)・法多山尊永寺・小笠山・横須賀城跡・御前崎・牧之原・粟ヶ岳・くらみ温泉をゆっくりと楽しみながら周遊する、全行110キロのサイクリング。冬季のトレーニングのLSD(Long Slow Distance)に最適なコースをプレゼントいたします。

センチュリーランを走る会(静岡)

連絡先:石 mail:mtn@myad.jp

開催:平成2131日(日) 予備日:平成2138日(日)

 

集合受付:8:30(掛川駅南口物産販売所販売所「これっしか処」前)

サイクリングスタート:9:00 ゴール(掛川駅北口)16:00(予定)

アクセス

 

テキスト ボックス: 東京発6:30・新横浜6:50(こだま531)⇒掛川8:12
テキスト ボックス: 東京から
テキスト ボックス: 名古屋から
テキスト ボックス: 名古屋7:27・豊橋8:00(こだま532)⇒掛川8:30

 31日は、2009年のサイクリング・シーズンのスタートの日だ。全国トップを切ってサイクル・マラソン天草も同日に開催される。さすがに九州天草は遠い。そこで温暖な静岡県中遠地方のあの「粟ヶ岳」をメーンに、山あり海あり観光ありの楽しいサイクリングを計画しました。

 当日は、粟ヶ岳サイクリングの開拓者、登頂320回の杉村富治氏(80)も合流して粟ヶ岳を目指す。とても楽しみだ。

 さあ!。君の走りは、本格的サイクリング・シーズン・インに間に合うか?。

 準備万端な諸君も、もちろん不安な諸君も、このコースは、LSD(Long Slow Distance)に最適なコースだ。何故かって。それは、この地方特有な西からの季節風に乗ってサイクル・クルージングが楽しめるからだ。

 なお、先に急逝された大王(静岡)「服部氏をしのんで」粟ヶ岳山頂で黙祷を捧げましょう。

 申し込みは、チーム大王(静岡)石原(mail:mtn@myad.jp)まで

(降水確率40%で順延)

 君は、ご存知だろうか。チーム大王会員NO,18 杉村 富治氏を。。。伝説のサイクリストだ。教えよう。。。杉村氏は、地元(静岡県焼津市)で中学校の教員をされたおられた。現役当時は、バレーボールの指導者としてはとても有名な方だ。杉村氏が赴任する先々の中学校のバレーボールがトップクラスに押し上げられて優勝校に変身するからだ。

 今で言う「杉村マジック」が起こるほどの熱心な指導者だった。教員生活を終えられて、嘱望されて社会福祉法人の理事長にご就任。この公職をご退任された後、自転車を趣味にされて、全国各地の自転車レースに参戦されるようになった。出場するレースに敵なし!。当時60才オーバーのカテゴリーでは勝負にならず、オーバー3040でもウイナーになるほどの活躍が続く。杉村氏のお宅の書斎は、その優勝トロフィー・カップ・メダルでいっぱいだ。

 スポーツは、自転車だけではない。指導者としての杉村氏から、プレーヤーとして楽しまれることができるようになった時間的余裕の中で、本来持っておられる潜在能力が開花したということだろうか。

 しかし杉村氏は、ある日気づいた。自転車レースが本当に楽しいのかという疑問だ。

 全国各地で開催されるレースに参加する旅費・宿泊費などと、数十分、長くても一時間余りのロード・レースの楽しみ方とのギャップだ。レースが決してパフォーマンスが高いとは言い難いという疑問だった。自転車遊びをどれだけ楽しめるか。そうなるとセンチュリーランこそがもっとも長く楽しめることに気づかれた。

  レースのトレーニングに掛川市にある粟ヶ岳(写真の「茶という植え込みの山」)のヒルクライムをメーンに取り入れられて、粟ヶ岳を中心にトレーニングに励まれた。今でこそ、静岡で粟ヶ岳は、サイクリストにとって著名な練習コースになっているが、粟ヶ岳コースのパイオニアは、杉村富治をおいて他はない。

 写真は、20036月に地元紙「静岡新聞」に登頂100回を達成されて、掛川市から表彰されたことを報道されたニュース写真だ。粟ヶ岳山頂のレスト・ハウスに登頂記録の記帳所があって、登頂時に記帳できる。そして杉村氏は、今も320回と登頂記録を更新中だ。

 杉村氏は、今年3月で満80才を迎えられる。今回のこのサイクリングにも加わってもらえる。君も杉村氏から「気」を感じてサイクリストとして、人生の大先輩と人脈の輪を広げてほしいと願う。

 とても年齢とは想像できないお元気さだ。ずっとずっと乗り続けてもらいたい。いつまでも私たち大王メンバーのあこがれの存在なのだ。

2006/6/20 静岡新聞から

粟ヶ岳:標高532mの山頂からの眺望は素晴しい。日本一の大茶園牧之原から駿河湾、富士山を見渡す大パノラマが展望できます。

参加申込方法と練習会について

 チーム大王(静岡)石原あてメールにてお申込ください。(mail:mtn@myad.jp

 当日のコースは、こちらから確認できます。GPS、カシミール3D等でコースをトレースされたい方は、「ALPSLAB route」からダウンロード可能です。(「大王」で検索してください。)

      大王静岡練習会 小笠山〜御前崎〜粟ヶ岳 練習コース(その1)

      大王静岡練習会 小笠山〜御前崎〜粟ヶ岳 練習コース(その2

 コースの距離・高低差は、こちらから確認できます。

 プリント用のコースマップは、こちらからダウンロードしてください。

 雨天時は順延します。開催の決定は、前日の20:00とします。天気予報で降水確率40%以上の場合中止します。(お申込の方には、中止の場合のみメールにてお知らせいたします。)

 スタートから法多山までは、グループで走りましょう。法多山から御前崎まではフリーです。(西風に乗ってクルージングをお楽しみください。)御前崎の集合場所は、「なぶら館」(昼食場所)です。

 御前崎「なぶら館」スタートは、12:00を予定しています。それまでに各自で昼食をおとりください。「なぶら館」から粟ヶ岳までは、フリーにしますが県道R473から粟ヶ岳方面への左折する場所を見落とさないでください。(案内図Google Mapの左折注意」と表示した地点)不安な方は、石原がお供します。ただし走りは、LSDです。

 粟ヶ岳山頂では、その眺望をお楽しみください。(レストハウスで杉村氏とのおしゃべりも楽しみに。。。登頂記録もお忘れなく)そして急逝された服部氏をしのんで黙祷を。。。。。

 粟ヶ岳からの下りは、裏側(北側)倉真(くらみ)温泉を経由します。杉村氏の話では、「熊が出る」とのことですので、グループで下ります。(粟ヶ岳からゴールのJR掛川駅北口までは20キロ余りです。)

 ゴール後、銭湯などのご案内は、つま恋「森林の湯」か倉真温泉まで戻ることになります。

 その他、ご不明な点は石原(mail:mtn@myad.jp)までご遠慮なくお問い合わせください。