ブンタウVung Tau                                  2005年8月更新

アクセス 
      高速ボート
         ホーチミンから水中翼船で1時間半程度。片道外人は15万ドン(約1100円)、現地人10万ドン。
         (いまだに二重価格制、でも少し差が縮まりました。2005年7月)
         二つの船会社があり、交互に30分おきに出航しています。
         しかし、お客が少ないと間引きするときもあるので、時間の余裕をもって
         計画をたてましょう。
         海が荒れると、ブンタウの石油港に接岸します。(無料バスで送迎あり)
         (注意)テト(正月)の元旦は、客が少ないため運行していませんでした。(2005年2月8日)
         テトの期間中は間引き運行するようなので、港に行く前に問い合わせを。tel  8-214948
      ローカルバス
         ベンタンバスターミナルからミエンドンバスターミナル  2000ドン(所要約40分)
         ミエンドンバスターミナルからブンタウバスターミナル  28000〜30000ドン(所要約3時間)
         (サーフボードの持込はきびしいか)

         太平洋上の台風のうねりは、入りません。
         4月〜10月はほとんど波が無く、サーフィン不可能
         11月〜3月の季節風で、バックビーチに波が立ちます。早朝も風が止まらないので夕方の
         オンショワの波でサーフするしかありません。
         (わざわざサーフ目的で行くビーチではありません。)
         波の写真 2005年8月更新

お宿     一泊10ドルほどのゲストハウス・ミニホテルがたくさんあります。
         シーズン中(7〜8月頃)の土曜日の海岸沿いのミニホテルは混雑し、
         値段も跳ね上がります。 (15から25ドル)
         お手ごろなレストランは、ビーチ沿い・市内に沢山有り。
海水浴
         5月〜9月頃は波も無く、海水もにごらず海水浴には良いシーズンです。
         バックビーチのキリスト像より(ブンタウ港より)は、ローカルエリア。
         中央部のサミーホテル付近がリッチエリア。
         女性が日本のキワドイ?水着を着て泳ぐときは、必ずリッチエリアで。
         (シーズン中はロープで仕切られています。またコースとラインは新しいレストハウスが
           建設中 2005年8月)
ネット環境
         ベトナムで、最も遅れている都市の一つです。
         ベトコムバンクのそばにADSLと書いてある店がありますが、
         ほとんどつながっていない状態でした。(2005年5月には消滅)
         ローカルエリアの海岸道路沿いのミニホテルに、インターネット・ADSLと書いてありましたが、
         ホテルの帳場の上にパソコンが一台乗っているだけでした。(2005年8月)

ブンタウ高速船乗り場
新しい桟橋ができ、乗り降りがラクになった。
2004年11月
船乗り場から見たブンタウ漁港
2004年春頃から岸辺に新しい公園ができ、
漁港という雰囲気は薄れた。
船着場付近の山頂ににある灯台。
タクシーかバイタクで。
灯台より、バックビーチを望む。
この右手にキリスト像のある小山があります。
サイゴン河下流(2004年12月撮影)
マングローブの純林が延々と続きます。
サイゴン河上流(2004年12月撮影)
ホーチミン市の近くでは、ニッパヤシがマングローブにとって変わります

                    次ページ

TOPへ   チャイナビチヘ   ムイネービーチへ    ランコービーチへ    ダイランビーチへ