心臓の大動脈弁を機械弁に置換すると、一生ワーファリンという抗凝血薬を服用することになります。それも1錠とか2錠とか誰でも決まった数値ではなく、人それぞれによって効き方が異なるため、定期的に血液検査を受け、最適な服用量を決めています。これはそのデータの推移を表したものです。
*データだけでなく、節々の大きな出来事も記録しています

日付 担当科 理由 PT-
INR
服用量 備考 他の常用薬
 2002年 
11/09 入院
11/20 弁置換手術
11/22 循環器外科 初期
コントロール
1.38 5.0 機械弁置換のため ジコシン
11/24 1.44 7.0 なかなか効かない様子
11/27 1.66 9.0 大量服用!
11/30 2.59 8.0 少し減った
12/03 3.18 6.0 やっと効いてきた
12/05 2.93 6.0 余裕が出てきた
12/11 3.55 5.0 安定してきた
12/13 退院
12/24 循環器外科 最初の検診 2.82 4.5 効いててよかった
12/29 循環器外科 夜間救急 実家帰省中、深夜の不整脈で救急車を呼ぶハメに。
近くのJ大付属病院へ→問題なし
 2003年
01/07 循環器外科 臨時検診 2.35 4.5 不整脈の再検査→異常なし
02/05 下肢に斑点確認
02/06 循環器外科 臨時検診 2.16 4.5 皮膚科に回る
02/13 アナフィラクトイド紫斑で即時入院→すぐにヘパリンに切替
02/17 皮膚/内科 胃カメラ準備 1.17 検査のため服用中止。ヘパリンに切替中 ジコシン
シナール
02/19 定期採血 1.09
02/21 皮膚 ステロイド服用開始 ジコシン
シナール
プレドニゾロン
02/21 定期採血 1.03 ヘパリンと併用
02/27 1.16 4.5 ヘパリンと併用 ジコシン
シナール
リンデロン
03/03 1.63 4.5 1.60超えたのでヘパリンを外す
03/12 4.47 4.5 イキナリ高い数値が出てビックリ!
03/15 ワーファリン調整を循環器外科に戻してもらう→1日服用中止後、服用量を3.5に減量
03/18 循環器外科 退院前の検査 2.88 3.5  
退院→体重が入院時に比べて10kg減っていた
03/24 腎臓内科 皮膚科の勧め 2.82 3.5 皮膚科の勧めで腎臓の定期検診始まる
04/01 循環器外科 定期検診 2.53 3.0 紫斑への影響を考慮し、ワーファリン減量
05/06 1.57 3.0 プロトロンビン値は下限ギリギリ
06/03 1.59 3.0
07/29 1.35 3.5 さすがに下がりすぎたので増量
09/30 皮膚 ステロイド服用中止、やっと離脱!
10/21 循環器外科 定期検診 1.61 4.0   ジコシン
シナール
12/02 口腔外科 抜歯 抜歯3日前より服用中止、翌日より再開
 2004年
01/13 循環器外科 定期検診 1.45 4.5 ジコシン服用中止 シナール
04/06 1.89 4.5 紫斑が減ったため少し値を上げだす シナール
リピトール
06/29 1.76 4.5 紫斑さらに減る
08/03 皮膚 1.94 4.5 血尿が1週間続いたため検査
10/05 循環器外科 1.80 4.5 順調
11/18 皮膚→内科 血尿 右の腎臓に結石発見される。
12/14 循環器外科 1.91 4.5 血尿以外は順調
 2005年
02/24 腎臓内科 定期検診 尿蛋白が微量(+〜2+)ながらも続くためステロイド服用を開始。まずは10mg/日から。 シナール
リピトール
プレドニゾロン
02/28 循環器外科 夜間救急 期外収縮が少し続き夜間診療→問題なし
03/07 腎臓内科 体調不良 高血圧(100-160)などの症状が出たためステロイドを5mg/日に減量
03/08 循環器外科 定期検診 1.85 4.5 期外収縮について話すのみ。順調
03/28 腎臓内科 定期検診 ステロイド減量。5mg→2.5mg→5mgという変則に変更
04/18 腎臓内科 定期検診 ステロイド減量。2.5mg/日に
05/31 循環器外科 定期検診 2.10 4.5 心音などは問題なし。6/6に抜歯するため、3日前よりワーファリン停止を確認する。
06/06 口腔外科 抜歯 3日前より服用中止、翌日より再開
06/15 内科 胃カメラ 3日前より服用中止、検査後より再開
びらん性潰瘍(胃酸過多)対策の薬を服用開始
上記に加え
オメプラール
07/21 泌尿器科 尿路結石 石を落とすため尿管を広げる薬を服用開始 上記に加え
セスデン
08/23 循環器外科 定期検診 2.29 4.5 順調
09/06 腎臓内科 定期検診 ステロイド減量。2.5mg→2.5mg→0のサイクルに
10/06 皮膚科→
 循環器内科
足首の腫れ 2.93 4.0 2日前より左足アキレス腱が腫れる。PTも高かったので服用量を減らしてもらう
10/18 腎臓内科 定期検診 ステロイド減量。2.5mgを隔日に
11/15 循環器外科 定期検診 2.39 4.0 3年目検診。全て異常なし
12/13 腎臓内科 定期検診 ステロイド減量 3日に1度2.5mgに
 2006年
02/07 腎臓内科 定期検診 ステロイド4日に1度2.5mg。オメプラール20mgから10mgに
循環器外科 定期検診 2.15 4.0 問題なし
04/04 腎臓内科 定期検診 ステロイド離脱、ついでにオメプラールも服用中止 シナール
リピトール
セスデン
05/09 循環器外科 定期検診 1.91 4.0 問題なし
07/01 耳鼻科(N大病院)
内科(M病院)
喉の炎症 急性咽頭炎 N大病院の診察に納得いかず、M病院に行き再診察。ジスロマック、トランサミンなど服用
07/08 耳鼻科(個人) 喉の炎症と咳 咽頭炎継続 ジスロマック、咳止め(麦門冬湯)
07/22 内科 右わき腹痛 ウイルス性胃腸炎 PL、ビオフェルミンで様子見
07/25 腎臓内科 定期検診 右わき腹痛は結石による水腎症、泌尿器科で相談し、08/02の主治医による定期検診までクラビットで様子見
08/01 循環器外科 定期検診 1.90 4.0 問題なし
10/24 2.06
 2007年
01/16 循環器外科
定期検診 1.84 4.0 問題なし
04/10 2.16
06/21 結石自然排出 12×6.5ミリ
07/03 心臓血管外科
(名称変更に
なったみたい)

定期検診 1.76 4.0 PT-INR下がり気味だが現状維持 リピトール
09/25 1.97 問題なし
12/18 1.54 4.5 数値が下がりすぎなので0.5増量
2008年
03/11 心臓血管外科 定期検診 1.59 5.0 数値が下がったままなのでさらに増量 リピトール
リボール
06/03 2.34 4.5 紫斑のことを考え、わずかに減量
08/26 1.73 4.5 増量を勧められるがこのままでお願いする
09/04 内科 体調不良 不整脈あり。取材キャンセル。
09/09 心臓血管外科 不整脈 心電図など行うも確認されず。疲れとの判断。
11/18 定期検診 1.56 5.0 6年目健診。心電図、レントゲン、エコーなど全て問題なし。PTは低すぎるので増量。
2009年
02/24 心臓血管外科 定期検診 2.29 5.0 問題なし
05/19 2.57 4.5 ちょい効き過ぎ。減量。
08/25 1.88 心臓は問題なし。数値の変化は7/中よりプール通いしている影響か?
09/02 出張先の山形で右腹と背中に痛み。夜間救急で診てもらうと胆石あり
12/01 心臓血管外科 定期検診 1.85 4.5 7年目健診。心電図、レントゲン、エコーなど全て問題なし
 2010年
02/22 心臓血管外科 定期検診 1.86 4.5 問題なし
05/25 1.75
08/24 1.67
11/16 1.80
 2011年
02/15 心臓血管外科 定期検診 2.07 4.5 問題なし
05/17 1.88
08/09 2.55 PTがちょっと跳ね上がったけど、現状維持
11/15 2.15 問題なし
 2012年
01/14 夕食後、みぞおち周辺に痛み。脂汗と吐き気も
01/16 近所の胃腸科医院で診察 血液検査で肝機能障害、1/18エコーで胆石確認
01/19 消化器内科 胆石発作 手術前提でエコー、CT検査など リピトール
リボール
*手術日のみ
リボール中止
01/31 消化器外科 胃カメラ
02/07 MRI検査
心臓血管外科 定期検診 1.66 4.5 問題なし 胆石の件は連絡済
02/24 消化器外科 入院 1.79 - ワーファリンストップ。ヘパリン点滴開始
03/02 手術 - 腹腔鏡下胆嚢摘出手術
03/06 退院 1.01 4.5 ワーファリンの効きはまるで弱い
03/13 定期検診 1.44 5.0 肝機能障害がまだ少しある。きっと手術の影響。次回再確認したい
心臓血管外科 臨時検診 ワーファリンは5に増量。肝機能障害は抗生剤の影響を疑うという私見
04/24 定期検診 2.02 問題なし
07/24 2.04
10/16 1.73
 2013年
01/08 心臓血管外科 定期検診 2.05 5.0 問題なし リピトール
リボール
04/02 1.85
04/12 Mクリニック 胃カメラ 胃のヘルニアと十二指腸びらん 上記に加え
ガスター20
チアトン
06/25 心臓血管外科 定期検診 1.97 5.0 問題なし リピトール
リボール
09/24 2.15
12/17 2.00
 2014年
03/04 心臓血管外科 定期検診 2.32 5.0 問題なし リピトール
リボール
06/03 2.49
09/02 2.59 4.5
12/02 2.00
 2015年
02/24 心臓血管外科 定期検診 1.88 4.5 問題なし リピトール
リボール
05/19 1.89
08/25 2.34
10/26 Kクリニック 胃カメラ 胃のヘルニアと十二指腸びらん
11/24 心臓血管外科 定期検診 1.76 4.5 溶血 リピトール
リボール
11/27 Kクリニック 肝臓エコー 脂肪肝、両方の腎臓に1o程度の石あり
日付 担当科 理由 数値 服用量 備考 他の常用薬

医の巻Topへ