3.事情通(薬局T)
大病院の周囲にはたくさんの薬局がありますよね。僕の通っているM病院にもざっと周囲を見渡しただけで20軒以上はあるようです。で、いつも行くのは決まっているところなんですが、この院外薬局ってところは、病院の情報はかなり掴んでいるものです。
つい先日もそこで薬を待っていたら、店主が馴染み客らしき人と話しているんですよ。
「そうですねー、○○先生だったら、○○の手術は得意ですよ。○○だったら、○○科の○○先生ですかねー。あの先生は○○病院で素晴らしい実績を積みましてねー・・・」
アンタは情報屋かい! と突っ込みたくなるほど病院の内情に詳しいのだ。
試しに僕も、今の自分の主治医について聞いてみたら、
「○○先生ですか? あぁ、あの先生はねー心臓病でも弁置換が得意な方ですねー。○○大学を出ましてね、研修の時からずっとM病院なんですよ。そりゃあもぉ、手術の腕では評判の高い先生です」
即座に反応するところがスゴかった。しかも、病院の人事問題にも精通していて
「○○先生はね、実力的には部長なんですが、学閥の問題で科長なんですよウデは確かなんですがね、仕方のないことですよねー」
なんて話もスラスラ出てくる。さらにさらに、
「○○科の○○さんは親切でしょう? あの方は評判いいですよー。それから○○科さんは前に○○で勤めてましてねー・・・」
などと、
各科の看護婦さんや事務の女の子たちの情報も出てくる。こりゃM病院の生き字引ですね。スゴイもんです。他の薬局の人もみんなこうなんだろうか?