Home > 渓流釣りのページ



久しぶりの里帰り。5月以降は新潟に帰っていなかったので、渓流シーズンの6月・7月は釣りに行けず、そのうっぷんを晴らすべく、ちょっとハードは渓流釣りがしたくなってきた。

早速、野人メンバーの親父とよしおじさんの2人にこの気持ちを話すと、

「それだったら、飯豊連峰のあの渓はどうだ!」

と言ってきた。

「確かに、あの渓は飯豊特有の断崖絶壁の中での釣り。泳ぎも多いし、この欲求を満たすにはちょうどいいかも知れんぞ!」

ということで、今年の真夏の源流釣行は飯豊連峰の渓に決定した。




車止め付近

車止め付近は河原になっているが、このような場所は釣り人が入りやすいので魚影はない。しばらく竿を出さずに歩くが、2人とも長袖シャツの上に長袖のジャンパーを着て、手袋を着用している格好で渓流釣りをする。

真夏なのになんでこの厚手の格好で釣りをするのかというと、この飯豊の渓は”メジロアブ”が大発生する川であり、そのアブが人を襲う数が半端ではない。

何千という単位で襲い掛かって来るので、その攻撃に耐えることが出来るよう、完全装備で渓流釣りに挑む。




さて泳ぎますか・・・

しばらく河原地帯を歩くと急に川幅が狭くなってきた。

大淵の長さは50mはあろうか。

一応、高巻き道もあるのだが、この格好ではちょっと登っただけで汗だくになってバテてしまうので、今回はなるべく泳ぎで難所を突破していく。




竿出すのが早くねぇか?

大淵を2つも越えると釣り人の気配がなくなり、イワナの姿を見ることが出来たので竿を出してみるが、釣れるイワナはリリースサイズばかり。

ちょっと竿を出すのが早かったと思った私はサッサと竿をたたんで、大淵の突破水泳に専念する。

うしろのよしおじさんは・・・竿を伸ばしたまま大淵を突破しよう難儀している。泳いでいるのか?溺れているのか?わからないが、「おいおい、竿を折るなよ〜」と言いつつ、写真を撮る。




私はテンカラで釣る

今回、私はテンカラ竿を持参してきたので、最初はテンカラでイワナを釣ってみる。

色々なポイントに毛鉤を流してみるが、当たりがある場所は全て日陰になっているところに当たりがある。

今日のポイントは”日陰”に絞って、毛鉤を流すことにする。




イワナが見えるんだけどなぁ

岸伝いをそっと歩きながら日陰の部分に毛鉤を流すが、釣れるのは20cm以下のリリースサイズ

。真夏の昼間はイワナは岩陰に隠れているので、当たりがあるだけでもマシと思わなければいけない。

餌釣りのよしおじさんの方も当たりがあるが、釣れる魚は最大で25cmくらい。




三角岩

通称”三角岩”を過ぎると川幅は急に狭くなり、両壁絶壁に囲まれたゴルジュ帯に突入する目印がこの三角岩なのである。

これから先は河原が無くなって、竿を出せる場所も限られてくる。




デカイのがいるぞ!

今まで歩きながらも、人の物音に驚いて逃げるイワナを何匹を見てきたが、この場所では岸にピッタリついているイワナが見える。

優に尺は超えるイワナ。

イワナを驚かさないよう、そっと毛鉤を流してみる・・・

イワナの鼻先1mでイワナは毛鉤を食べようと反応はしたが、毛鉤が日なたの場所に出た途端に追わなくなってしまった。

「そこまで紫外線が嫌いか!」

と叫びたくなるほど、今日の当たりは日なたに出なかった。




いよいよキツくなってきたぞ

いよいよ飯豊の沢らしい渓相になってきた。

淵は透き通ったエメラルドの色をし、深さはかなり深い。

さらに流れもきついので、今までのようにスイスイと泳いで突破できる場所ではない。

この難所は、私がなるべく岩伝いにヘツって行き、ヘツれなくなったら、浅瀬にジャンプして越えた場所。

この先もしばらくこのような場所が続いたので、写真撮影する余裕がなかった。




難所を突破

難所を突破してから竿を出してみるが、なかなか当たりが来ない。

夏場の昼間はなかなかあたりが遠いなぁと話し合いながら、岩陰に隠れているイワナのポイントに餌を打ち込む。




超一流ポイント

泳ぎ・ヘツりを繰り返しながら進むと、この川で一番の好ポイントである2mの滝にぶつかる。

落ち込みの深さはかなり深く、いかにも大物がいそうな雰囲気の滝つぼ。

ここは2人掛かりで丹念に攻めていく。




底が見えない

今日、持参している竿は5.7mの渓流竿であるが、その程度の長さの竿では思うように狙った場所まで仕掛けを流すことが出来ない。

狙うポイントは白泡が消えかかる付近や対岸の岩ギリギリがポイントなのだが・・・




ちょっと無理して・・・

ポイントに餌を打ち込むことが出来ないので、水の中に入って仕掛けを流す”よしおじさん”。

「おいおい、あんまり無理するなよ〜」

と私が声をかけた途端に

「おぉ〜深!」

足を踏み外して深みにハマってしまった。




危険地帯

実は、この2mの滝上から次の2mの滝までの100mが超危険ポイントなのである。

写真を見ただけではどこが危険なの?と思うかもしれないが、全般的に滝の上は石が積みあがっていて浅瀬になっているのが多いのだが、この滝上は足の届かない深場になっており、それに川幅が狭いので流れがキツい場所。
もし、何も考えず飛び込んだら、その急な流れに体が流され、岩を掴もうとしても丸みを帯びた岩を掴むことができず、そのまま滝つぼに落ちてしまうという危険地帯なのである。

ここの突破は、突破する先頭の人はリュックザックを置いて空身で泳ぎ、万が一流されて滝つぼに落ちないように、ロープを体に縛ってから泳がなければいけない。それぐらいの慎重さが求められる場所。

ちなみに、この危険地帯は私が知っているだけで3名の方が命を落としている。




今日の釣果は・・・

難儀した割には数・型と共にたいしたことはなかった。

レギュラーサイズは23〜25cmくらいだろうか。




飯豊のイワナ

ちょっと痩せ気味のイワナ。このくらいの型のイワナが多く釣れた。

テンカラ・餌(ミミズ)と両方で釣りをしたが、餌釣りの方が多く釣れた。




危険ポイントを抜けると・・・

気を緩めることが出来ない危険ポイントを抜けると、川は明るくなり石ころが見えるようになる。

ここから先の魚止め滝までは写真のような感じの渓相が続き、難儀な場所はほとんどない。
この渓は、別ルートで山越え道から魚止め滝近くまで車で行くことが可能なので、魚止めに近いほど釣り人が入っているので、魚影が薄くなってくる。

ここまで来ると、人が入っている気配がしてきたので、そろそろ引き上げとするか。




夏の風物詩

飯豊の渓での夏の風物詩と言えば、この ”メジロアブ”

写真は血を吸おうとがんばっているメジロ君。

数匹単位ではかわいいものだが・・・




夏の渓流はメジロとの戦い

体に何匹のメジロアブがくっついているのだろう?

前だけでなく、後ろのお尻にもビッシリとアブがついている。




こりゃ〜たまらん

それにしても今日の渓流釣りは凄まじい釣りだった。

ちなみに、よしおじさんよりも私の方がメジロに好かれたらしく、倍以上の数が体にくっついている。

あらためてメジロの大群に襲われている写真を見ると

「こんなメジロをつけながら、よく釣りをしたなぁ」

と自分で自分を感心してしまう・・・



MENU

 Copyright (C) 2006-2010 oinari. All Rights Reserved.